小山 翔暉(亜大)|ドラフト・レポート

小山 翔暉(亜大)

ここでは、「小山 翔暉(亜大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



小山 翔暉(亜大)

175cm76kg 右左 MAX141km 捕手 遠投110m 50m5秒9 東海大菅生
二塁送球1.8秒台、俊足強肩の左打ちキャッチャー。中堅手、三塁手を経て、2年夏から捕手を担う。

  動 画

  打撃成績

 ■ 甲子園成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17夏: 2 .000  3  0 0 0 0 0 0 0 0  .000  .000
   通算: 2 .000  3  0 0 0 0 0 0 0 0  .000  .000

  最新記事

 ■ 同世代の逸材「悔しい」 東海大菅生3年・小山翔暉捕手(東京新聞) 19/7/27

 初回の守備で、利き手の右手首を負傷するアクシデントに見舞われ、テーピングをして強行出場した。「言い訳にはしたくない」と強がったが、動かす度に痛みが走り、自慢の打撃に支障が出たのも事実。平凡に打ち上げるらしくない打撃で無安打に終わった。
 プロ注目とされる小山は試合後、進路を聞かれると迷わずに言った。「大学進学です」。(日刊)
 5回には、高校通算28本塁打の小山翔暉捕手のランニングホームランを含む、7者連続安打などで6点を奪い、5回戦進出を決めた。(スポーツ報知19/7/18)

       試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17夏予選: 3 .286  7  2 0 0 0 1 1 0 1  .286  .286
   18夏予選: 5 .714  14 10 0 1 3 8 0 7 4  .810 1.500(2番/捕)
   18秋東京: 6 .286  21  6 1 1 0 6 2 5 5  .423  .429(3番/捕)
   19春関東: 4 .250  12  3 2 0 0 0 0 7 2  .526  .417(2番/捕)
   19夏予選: 5 .375  16  6 0 0 1 6 1 4 3  .500  .563(2番/捕)
   通  算: 23 .386  70 27 3 2 4 21 4 23 15  .538  .657

 ■ 東海大菅生・小山翔暉「走攻守全てを」東京選抜選考(日刊スポーツ) 18/11/5

 東京都高野連選抜メンバーのセレクションが5日、都内で行われた。午前・午後の部を合わせ、95選手が参加。野手では、プロ注目の東海大菅生・小山翔暉捕手、早実・生沼弥真人内野手、二松学舎大付・山田将義捕手らが参加。50メートル走5秒9二塁への送球タイム1・8秒台高校通算15発の小山は「走攻守全てをアピールしたいです」と話した。

  プロフィール

 愛知県一宮市出身。
 小山 翔暉(こやま・しょうき)捕手。
 中島小時代に軟式チームで野球を始め、萩原中では愛知木曽川シニアに所属。
 U-15日本代表として中3夏のW杯に出場した。

 東海大菅生では1年時から公式戦に出場。
 1年生ながら14番で夏の甲子園ベンチに入り、7番・センター、代打で2戦3打席の出場を果たす。
 同年秋の1次予選に2番CFとして臨み、初戦・二松戦(5-12)で右ソロをマーク。
 その後サード(18春)を経て捕手へと転向し、2年時夏の予選で打率.714の好成績を残した。
 全5試合2番・捕手スタメンで、14打数10安打、8打点4盗塁の大活躍を披露。
 4回戦で場外弾を含む右越え2発&右3塁打、準決(6対9)で右ソロ(廣澤優)を放っている。
 続く2年時秋の都大会(3番)で決勝進出を果たすも国士舘に3-4で敗れV逸。
 大会後、東京選抜メンバー20名入りを遂げ、身体能力の高い捕手としてプロから注目された。
 3年時夏の西東京大会は優勝校・国学院久我山に1対3で敗れ準決で敗退。
 初回の守備で右手首を痛める不運に見舞われ、4の0と思う様な打撃が出来ず接戦を落とした。
 1学年上に片山昂星、田中幹也、同期に成瀬脩人ら。

 175cm76kg、俊足強肩の左打ちキャッチャー。
 オープンスタンスの構えから広角に打球を弾き返す左打者。高校通算28発のパンチ力を秘める。
 2年夏の予選で3発を記録。府中市民球場(RL95m)で右場外弾を記録した。
 50m5秒9、一塁までを4.13秒(2年秋の都大会決勝)で駆け抜ける脚力も持ち味のひとつ。
 1年秋から中堅手でレギュラー。サードを経て2年夏の予選から捕手を任された。
 捕球から投げるまでの速さを買われて捕手に転向。最速141㌔、二塁送球1.8秒台を計測する。
 中学時代は内野手、投手、捕手として活躍した。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年12月15日(日)|2023年大学生野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2023年大学生野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑