渡邉 倫太朗(三浦学苑)|ドラフト・レポート

渡邉 倫太朗(三浦学苑)

ここでは、「渡邉 倫太朗(三浦学苑)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



182cm83kg 右右 MAX143km スライダー・チェンジ
球威のあるストレートを武器とする本格派右腕。縦のスライダー、沈むチェンジアップなどを織り交ぜる。

  動 画

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   17夏予        回数 被安 奪三 四死 自責
   4回戦;伊志田高    1.1  0  2  0  0
   5回戦:慶應義塾     3  0  2  2  0
              4.1  0  4  2  0 防0.00
           被安打率0.00 奪三振率8.31 四死球率4.15

   18夏予        回数 被安 奪三 四死 自責
   2回戦:神奈商工 先   4  1  6  0  0
   3回戦:保土ケ谷     2  3  1  2  1
   4回戦:立花学園 先   9  7  9  5  5
               15  11  16  7  6 防3.60
           被安打率6.60 奪三振率9.60 四死球率4.20

   18秋予        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:横浜高校 先   1  7  0  7  13

  最新記事

 ■ 三浦学苑・渡辺 プロで雪辱果たす(西日本スポーツ) 19/7/22

 三浦学苑のプロ注目右腕・渡辺は昨秋県大会で敗れた横浜に雪辱を果たせなかった。初回に先頭からの5連続安打でいきなり2失点。尻上がりに調子を上げたが、3失点完投の力投は報われなかった。6回の打席では頭部死球のアクシデントもあったが、最後までプレー。進路については「これから相談します。将来、絶対にプロで活躍したい」と話した。

   19夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:小田城北 先   8  0  11  2  0封 140㌔…8回ノーノー
   3回戦:平塚学園 先   9  11  6  6  4
   4回戦:横浜高校 先   9  11  3  4  3
               26  22  20  12  7 防2.42(失点から算出)
           被安打率7.62 奪三振率6.92 四死球率4.15

 ■ プロ注目三浦学苑・渡辺8回ノーヒッター(日刊スポーツ) 19/7/13

 三浦学苑のプロ注目右腕・渡辺倫太朗投手が、8回参考ながら無安打無得点試合を達成した。キレのいい直球とスライダーを駆使して11奪三振、四死球2のほぼ完璧な内容で、小田原城北工を抑え込んだ。8回に味方が7点目を挙げてコールドとなったため、参考記録とはなったが、自身初のノーヒットノーランを達成。「自分のことより、チームがまず勝てたことがうれしい」と笑顔で話した。
 ネット裏で視察した日本ハム坂本スカウトも「脱力してリラックスして投げている見るのは3度目ですが、心技体の成長が見えますね」と評価した。(日刊スポーツ)
 プロ注目の最速143キロ右腕・渡辺倫太朗投手が、8回無安打11奪三振の快投を見せた。日本ハム、中日のスカウトが視察する前で、伸びのある直球と2種類のスライダーを武器に相手打線を寄せ付けず。(デイリースポーツ)
 日本ハム・坂本スカウトは「見るのは3回目。力んで自滅するところがあって、(春季大会初戦の)平塚学園戦でも試合を壊してしまったきょうはリラックスして投げている。自分を変えようとしたんだと思うし、心技体に成長している」と高く評価。将来性についても「右の本格派。150キロ前後を投げるようになる可能性はある」と期待を寄せた。(スポーツ報知)

  プロフィール

 神奈川県茅ヶ崎市生まれ。
 渡邉 倫太朗(わたなべ・りんたろう)投手。
 東海岸小1年時から軟式野球を始め、茅ヶ崎一中では湘南ボーイズに所属。
 中3夏のジャイアンツカップで4年ぶりVを経験した。

 三浦学苑では1年時春からベンチ入り。
 同年夏の県大会に石井涼の控えとして出場し、2試合4.1回で4K、ノーヒット0封の実績を残す。
 5回戦・慶應義塾戦(2対5で敗戦)で3回ノーヒット2奪三振0封の好投を披露。
 1年時秋から背番号1としてチームを引っ張り、2年時夏に南神奈川ベスト16入りを達成した。
 全4試合中3試合(先発2)に登板し、計15回で16三振6失点、防3.60を記録。
 4回戦・立花学園戦で7安打9奪三振4対5(4回表に一挙4失点)完投の力投を演じている。
 続く2年秋の県大会は横浜高校に5回コールド0-14の大敗で初戦2回戦敗退。
 制球が定まらず1回表から大量11失点を喫し、1.0回7安打7四死球13失点で降板となった。
 翌3年夏の予選にリベンジを期して臨むも同校に1-3で再び敗れ4回戦で敗退。
 初回先頭からの5連打で2失点し、2回以降を1点に抑えたが、木下らを捉え切れず惜敗した。
 小田原城北工が相手の大会初戦で8回11K2四死球ノーヒットノーランを達成。
 2回戦・追浜戦で左越えソロ、3回戦・平学戦で左線3ランと、打撃でも2戦連発の活躍をみせた。
 2学年上に石井涼投手(現富士大)ら。

 182cm83kg、復調が期待される最速143㌔右腕。
 ノーワインドからゆっくり足を上げて軽く腰を下げ、着地早めにヒジを使った腕の振りから投げ込む
 最速143㌔の威力のあるストレートと、2種類のスライダー、沈むチェンジアップ。
 球威ある真っ直ぐを武器とする本格派右腕。縦に曲がるスライダー、チェンジアップなどを交える。
 通算20発。父方のいとこに日ハム・渡邉諒内野手。

  スカウトコメント

日本ハム・坂本スカウト|19/7/13
 「脱力してリラックスして投げている。見るのは3度目ですが、心技体の成長が見えますね」
 「見るのは3回目。力んで自滅するところがあって、(春季大会初戦の)平塚学園戦でも試合を壊してしまった。きょうはリラックスして投げている。自分を変えようとしたんだと思うし、心技体に成長している。右の本格派。150キロ前後を投げるようになる可能性はある」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年07月24日(水)|2019年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑