石原 勇輝(広陵)|ドラフト・レポート

石原 勇輝(広陵)

ここでは、「石原 勇輝(広陵)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



石原 勇輝(広陵)

178cm76kg 左左 MAX142km カーブ・スライダー・チェンジ
最速142㌔の直球を持つ左オーバースロー。カーブとの緩急が持ち味。星稜戦で3.2回6Kを記録した。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合  回数 被安 奪三 四死 自責
   19春: 1    4  6  3  0  3 133㌔ 東邦高校
   通算: 1    4  6  3  0  3 防6.75
      被安打率13.50 奪三振率6.75 四死球率0.00

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   18秋           回数 被安 奪三 四死 失点
   地区3戦目:沼田高校 先   3          0
   広島2回戦:庄原実業    0.1          0
     準々決:武田高校    4.2          0
     決勝戦:市立呉高    2.2  1       0
   中国1回戦:鳥取商業    3.1  2  4  2  1
     準々決:関西高校    2.2  0  3  0  0
     決勝戦:米子東高     7  5  11  2  0
   神宮2回戦:星稜高校 先  3.2  7  6  3  7 137㌔ ※4回表一挙7失点
                27.1  16  39  12  8 防1.65
            被安打率5.27 奪三振率12.84 四死球率3.95

  最新記事

 ■ 広陵、12年ぶりV 石原好救援0封 中井監督も絶賛(デイリースポーツ) 18/11/5

 決勝戦が行われ、広陵が6-2で米子東を下し、12年ぶり11度目の優勝を果たした。二回途中から2番手で登板した石原勇輝投手が7回5安打無失点の11奪三振と好投縦に大きく割れるカーブと直球を軸に緩急を自在に操った。強気が持ち味だ。「どんな場面でも内角に投げられる」とバッテリーを組んだ秋山功太郎捕手は言う。八回のピンチでもそうだった。失投が大量失点につながる場面でも内角のサインに首を振らない。最速は139キロながら打者を牛耳ってきた。

   19夏(背番号11)      回数 被安 奪三 四死 失点
   広島1回戦:西条農業    0.2  0  1  0  0
     4回戦:祇園北高     1  0  2  0  0
     準々決:広国院高    0.2  0  1  0  0
     準決勝:広島商業 先  2.2  3  1  4  3
                 5  3  5  4  3 防3.60
             被安打率5.40 奪三振率9.00 四死球率7.20

  プロフィール

 広島県呉市出身。
 石原 勇輝(いしはら・ゆうき)投手。
 川尻小時代から軟式のチームで野球を始め、川尻中ではヤング・府中広島'2000に所属。
 小学校6年時に広島Jr.チーム入りを達成した。

 広陵高校では1年秋から控えとしてベンチ入り。
 2年時夏の甲子園を出場なく初戦敗退で終え、同年秋に背番号10で広島V、中国Vを果たす。
 中国大会4戦中3戦にリリーフで登板し、決勝・米子東戦で7回11K0封と好投。
 神宮初戦・星稜戦の先発を務め、6Kを奪ったが、4回表に捕まり、一挙7失点で降板となった。
 翌3年春の選抜2回戦・東邦戦(2対12)で4回6安打3失点の甲子園デビュー。
 0-4の3回1死1、3塁から2番手で6回までを無失点(7回に3失点)に抑える善戦をみせている。
 3年時夏の県大会は優勝校・広島商に5対13(エラー4)で敗れベスト4で敗退。
 先発に抜擢されるも3回途中3失点でKOを喫し、救援陣も失点を続けてまさかの大敗となった。
 1学年上に森悠祐、同学年に河野佳森勝哉ら。

 178cm76kg、最速142㌔直球を持つ左オーバースロー。
 セットから上体を前に傾けて重心を下げ、インステップし、テイクバック深めに柔らかい腕の振りから
 投げ下ろす最速142㌔、常時130㌔台(18秋)の球速以上に伸びのある直球と、
 100㌔弱から110㌔台のカーブ、110㌔台から120㌔台のスライダー、110㌔台のチェンジアップ。
 真っすぐと落差大きいカーブとの緩急が持ち味。まずまずの制球で低めに投じる。
 2年秋の神宮大会2回戦・星稜戦で3.2回6K(4回に一挙7失点)を記録した。肩肘が柔らかい。
 3年夏の被安打率5.40、奪三振率9.00、四死球率7.20。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年09月01日(日)|2019年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑