清水 大成(早大)|ドラフト・レポート

清水 大成(早大)

ここでは、「清水 大成(早大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



清水 大成(早大)

176cm76kg 左左 MAX145km スライダー・チェンジ・カーブ 履正社
140㌔を超える伸びのある直球とスライダー。3年夏に甲子園制覇。粘りの投球で先発4勝を記録した。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   19春: 1 先   8  7  7  3  1 140㌔ 星稜高校 ●
   19夏: 5   35.2  37  33  14  16
        先   5  8  8  5  5 142㌔ 霞ヶ浦高 ○
        先   9  9  9  2   3 140㌔ 津田学園 ○
        先   6  4  2  2  2 139㌔ 高岡商業 ○
        先   9  6  8  2  3 142㌔ 関東一高 ○
        先  6.2  10  6  3  3 141㌔ 星稜高校
   通算: 6   43.2  44  40  17  17 防3.50
       被安打率9.07 奪三振率8.24 四死球率3.50

投手成績詳細

   17夏           回数 被安 奪三 四死 失点
   大阪2回戦:守口東高     1  1  1  0  0
     3回戦:茨木高校     1  2  1  0  0
                 2  3  2  0  0 防0.00
            被安打率13.50 奪三振率9.00 四死球率0.00

   17秋           回数 被安 奪三 四死 失点
   大阪決勝戦:大阪桐蔭 先  5.1          2
   近畿1回戦:智弁和歌     2  4  1  0  5
                7.1          7 防8.59(失点から計算)

   18夏           回数 被安 奪三 四死 失点
   大阪2回戦:摂津高校 先   7  7  3  3  3
     3回戦:汎愛高校 先  4.1  6  3  2  1
     準々決:寝屋川高 先   4  5  5  3  2
     準決勝:大阪桐蔭     0  1  0  1  0
                15.1  19  11  9  6 防3.52(失点から計算)
            被安打率11.15 奪三振率6.46 四死球率5.28

   18秋           回数 被安 奪三 四死 失点
   大阪2回戦:三国丘高 先   7  1  11     0封
     3回戦:山田高校     4  0  4  1  0
     4回戦:阪南大高 先   9  6  13     2
     準々決:東海仰星    6.2  4  6  2  1
     準決勝:大商大堺 先   9  11  8     5
   近畿1回戦:南部高校 先   7  7  9  0  2 145㌔
     準々決:福知成美 先   9  3  12  0  0封142㌔
     準決勝:龍谷平安    3.1  3  4  5  3 144㌔
                 55  35  67  15  13 防2.13
            被安打率5.73 奪三振率10.96 四死球率2.45

  最新記事

 ■ 履正社・清水、一回悔やむ「先制点与えたくなかった」/センバツ(SANSPO) 19/3/23

 履正社の清水は立ち上がりを悔やんだ。一回に球が甘く、3安打を許して失点。右翼手の井上の好送球に助けられた後に暴投し、四球も与え、落ち着きを欠いた。「先制点を与えたくなかったので悔しい。低めを意識しすぎてボール先行になった。実力不足」と反省した。
 好投手との投げ合いに「(奥川は)スピードもキレとも最高。いい刺激を受けました。最高の舞台だったので、また帰って来られるように」。夏に戻ってくることを誓った。(日刊スポーツ)
 8日の試合で利き手の左手人さし指付近に打球を受けて降板打撲と診断されていた。13日にキャッチボールを再開。この日も軽く投げて、痛みがないことを確認した。(日刊19/3/14)

   19夏           回数 被安 奪三 四死 失点
   大阪2回戦:池田高校 先   4  2  9  3  3
     3回戦:箕面学園 先   7  1  12  2  0封
     準々決:桜宮高校 先   9  3  11  0  0封
     準決勝:近大付属 先  7.1  3  9  4  1
     決勝戦:金光大阪 先  5.1  3  1  4  2
                32.2  12  42  13  6 防1.65(失点から算出)
            被安打率3.31 奪三振率11.57 四死球率3.58

 ■ 来秋ドラフト候補の履正社左腕・清水にスカウト評価「もっと球速出る」(スポニチ) 18/10/30

 履正社は福知山成美を破り、選抜大会出場へ当確ランプをともした。立役者はエース左腕の清水大成投手だ。散発3安打、毎回の12三振を奪う力投で三塁を踏ませなかった。公式戦での9回完封は「初めてです」と声が弾んだ。来秋ドラフト候補に挙がる最速145キロ左腕。ソフトバンクの稲嶺誉スカウトは「上から叩けるので、体ができれば、球速はもっと出るのでは」と評価した。

  プロフィール

 兵庫県丹波市生まれ。
 清水 大成(しみず・たいせい)投手。
 丹波市立東小学校1年生の時から軟式チーム・東レッドソックスで野球を始める。
 氷上中ではヤングベースボール・ネットワークでプレー。

 履正社では1年時夏から控え投手としてベンチ入り。
 いずれも救援として予選7戦中2試合に登板し、合計2回で2奪三振、3安打0封の実績を残す。
 1年時秋の府大会決勝・大阪桐蔭戦(2対9)で6回途中2失点の好投を披露。
 翌2年夏の予選に10番のエース格として臨み、計15.1回6失点の粘投で4強まで勝ち進んだ。
 同秋の新チームでエースの座を掴み取り、大阪1位での近畿ベスト8入りを達成。
 主に先発で8戦(5先発5完投2完封)55イニングを67K13失点に抑える力投を披露している。
 7回9K0封勝ちを収めた近畿大会1回戦・南部戦で自己最速の145㌔を計測。
 続く福知山成美戦で12三振0封の好投を演じ、視察に訪れたSBスカウトから評価を受けた。
 翌3年春の選抜で全国デビューを果たすも奥川に17K完封されて初戦で敗退。
 直前に負った左手指ケガを押しての強行先発で8回を2失点(140km/hどまり)に抑えている。
 同年夏の甲子園で先発4勝をマークし、出場4度目にして初となる優勝を達成。
 全6試合中5試合(2完投0完封)の先発を担い、35.2回を33K16失点にまとめる粘投を見せた。
 2学年上に安田尚憲、同学年に野口海音井上広大ら。

 176cm76kg、最速145㌔の直球を持つプロ注目左腕。
 ノーワインドから溜めて前傾しながら重心を下げ、着地早めにヒジを使った腕の振りから投げ込む
 最速145㌔、常時130㌔台前半から140㌔前後(高3夏)の伸びのあるまっすぐと、
 110㌔台から120㌔前後のスライダー、110㌔台で沈むチェンジアップ、100㌔台の緩いカーブ。
 ストレートとスライダーとのコンビネーションが持ち味。テンポよく内外に投げ分ける。
 2年秋の新チームでエースの座を獲得、近畿大会1回戦で145㌔(ほっともっと神戸)を計測した。
 3年夏10試合68.1回で、奪三振率10.14、四死球率3.56。

  スカウトコメント

ソフトバンク・稲嶺誉スカウト|18/10/30
 「上から叩けるので、体ができれば、球速はもっと出るのでは」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年12月15日(日)|2023年大学生投手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2023年大学生投手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑