福森 建(九州三菱自動車)|ドラフト・レポート

福森 建(九州三菱自動車)

ここでは、「福森 建(九州三菱自動車)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



188cm88kg 右右 MAX149km スライダー・フォーク 水口高→佛教大 1年目
最速149㌔直球を持つ恵まれた体格の右腕。先発5勝を挙げた3年秋に最優秀投手賞を受賞した。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   17春: 4  1勝1敗   13          2  1.38(2位)
   18春: 7  3勝2敗  47.1         11  2.09(9位)
   19春: 1  0勝0敗   2  1  0  1  0  0.00
   19秋: 1  0勝0敗  3.1  7  3  0  4 10.80
   通算: 13  4勝3敗  65.2         17  2.33(不明分除く)
    ※ 18秋:最優秀投手

 【 全国大会 】
     試合  回数 被安 奪三 四死 自責
   19選: 1   5.2  2  2  6  3 146㌔(神宮) 明治大
   通算: 1   5.2  2  2  6  3 防4.76
      被安打率3.18 奪三振率3.18 四死球率9.53

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   18春    回数 被安 奪三 四死 失点
   滋賀大    4.1          1
   大谷大 先   9  4  11     1 ○
   花園大 先  8.1          1 ● 
           4          0
   びわ大 先   9  6  11     1 ○
       先   9  12  8  1  1 ○
   京学大 先  3.2  7  3  6  6 ●
         47.1         11 防2.09

   18秋    回数 被安 奪三 四死 失点
   びわ大 先  8.?          0 ○
   滋賀大 先   8  3       0 ○封
   京教大 先   9  5       1 ○
   京学大 先  4.2          5
       先  3.2          1 
   花園大 先   9  3    1   0 ○封
       先  6.2          1 ○
         49.?          8

   18秋代決  回数 被安 奪三 四死 失点
   和歌大 先   9  2  7  5  0 ○封

   19春    回数 被安 奪三 四死 失点
   先端大     2  1  0  1  0 142㌔…肩肘痛から復帰

  最新記事

 ■ MAX149キロ右腕の仏教大・福森 今春リーグ戦初登板(スポニチ) 19/5/12

 今秋ドラフト候補の仏教大・福森建が8回から3番手として今春リーグ戦に初登板。2回を内野安打1本の無失点に抑える結果にも「まだまだ戻っていないと感じました。30点くらい」と苦笑いだった。昨秋に5勝。149キロをマークするなど注目を集めた。しかし今年に入り、開幕戦前に右肩、右肘に違和感を発症。リーグ戦最終節まで復帰はズレ込んだ。この日の最速は142キロ。持ち球のスライダー、フォークも思うようにコントロールできず「半分も(力が)出ていない感じ」と満足はできなかった。野球を始めたのは、中学に入ってからと遅い。滋賀県立の水口高校に進み、2年春からベンチ入りも3年夏はメンバー外となり「普通に外れました。実力不足でした」と笑う。高校入学時と比べ、体重も球速も20キロは増えた。「プロで野球がしたい」と堂々と言えるまでになった。

   19秋    回数 被安 奪三 四死 失点
   花園大 先  3.1  7  3  0  5

   19代決   回数 被安 奪三 四死 失点
   天理大    0.1  0  0  0  0
   大商大     3  2  5  1  0
          3.1  2  5  1  0 防0.00
      被安打率5.40 奪三振率13.50 四死球率2.70

 ■ 佛教大・福森が完封 全国へ「責任を果たしたい」(日刊スポーツ) 18/10/27

 佛教大が、エース福森建(たてる、3年=水口)の完封で7年ぶりの秋の全国切符取りに好発進した。「四球の多さは反省です」と5与四球を悔やんだが、今秋5勝を挙げた安定感を披露した。水口(みなくち)時代は3~4番手で、3年夏の滋賀大会はベンチ入りを逃した。大学3年春でようやくエースに。今年は自己最速149キロもマークした。

  プロフィール

 滋賀県甲賀市出身。
 福森 建(ふくもり・たてる)投手。
 信楽小時代をサッカー少年として過ごし、信楽中入学後から軟式野球部に所属。

 水口(みなくち)では2年時春から控えとしてベンチ入り。
 3年時夏の予選(3回戦敗退)ベンチには入れず、夏のマウンドを経験すること無く卒業となった。
 県大会ベスト4が最高成績。甲子園出場経験は無し。

 佛教大学では1年時からベンチ入り。
 3年時春のリーグ戦で先発(1回戦3)の座を掴み、7戦47.1回で3勝2敗、防2.09の実績を残す。
 シーズン中盤戦から主戦投手を務め、同秋のリーグ戦で2季ぶりの優勝を達成。
 いずれも先発として5勝(3完投2完封)をマークし、最優秀投手賞のタイトルに初選出された。
 直球の自己最速を149㌔まで伸ばし、花園大1回戦で3安打完封勝利を記録。
 近畿学生1位・和大と対戦した神宮代表決定戦初戦で2安打7K完封の力投を演じている。
 全国大会には4年春の第68回全日本大学野球選手権大会(初準V)に出場。
 決勝・明大戦に4回表から3番手として登板し、9回2死までを無安打に抑え込む力投を見せた。
 リーグ通算13試合、4勝3敗、65.2回、防御率2.33。

 188cm88kg、恵まれた体格の最速149㌔右腕。
 セットからタメて重心を下げながら早めに着地し、右ヒジを柔らかく使った腕の振りから投げ下ろす
 最速149㌔(3年秋に計測)の威力あるストレートと、スライダー、フォークボール。
 130㌔台後半から145㌔強の直球で押し、120㌔台のスライダー、130㌔強のフォークを交える。
 3年春途中に主戦投手の座を掴み、年間8勝(6完投2完封)の実績を残した。
 4年時春の開幕前に肩肘違和感を発症、ケガ明けで臨んだ全国大会で146㌔を計測している。
 水口高時代は控え投手。制球にバラツキが残る。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年12月06日(金)|2021年社会人投手 | 京滋大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年社会人投手 | 京滋大学 コメント(0) Page Top↑