安藤 幸太郎(エイジェック)|ドラフト・レポート

安藤 幸太郎(エイジェック)

ここでは、「安藤 幸太郎(エイジェック)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



182cm88kg 左左 MAX143km スライダー・カーブ・チェンジ 九国大付→白鴎大 1年目
内角ストレートとスライダーが持ち味。4年春に11季ぶりVを達成、リーグ最多4勝でMVPを初受賞した。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   15春: 2  0勝0敗  2.2  2  2  0  0  0.00
   15秋: 1  0勝0敗   1  1  0  1  0  0.00
   16春:         登板無し
   16秋: 7  0勝0敗  12.2  7  11  3  3  2.13
   17春: 7  3勝1敗   15  11  10  11  8  4.80
   17秋: 7  3勝2敗   29  26  15  11  14  4.34
   18春: 7  4勝2敗  36.2  29  34  8  9  2.21(3位)
   18秋: 7  1勝1敗  25.2  35  21  7  15  5.26
   通算: 38 11勝6敗 122.2 111  93  41  49  3.60
          被安打率8.14 奪三振率6.82 四死球率3.01
    ※ 18春:MVP 17春18春:最多勝 18春:ベストナイン

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   18選: 1 先   5  2  4  0  0 140㌔(神宮) 中京大 ○
   通算: 1     5  2  4  0  0 防0.00
       被安打率3.60 奪三振率7.20 四死球率0.00

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   14夏: 1    6.2  11  2  0  2 134㌔ 東海大四
   通算: 1    6.2  11  2  0  2 防2.70
       被安打率14.85 奪三振率2.70 四死球率0.00

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   14夏         回数 被安 奪三 四死 失点
   3回戦:飯塚高校 先   9  11  3  1  2
   4回戦:嘉穂東高     6  6  5  0  1
   5回戦:福工城東    5.1  6  3  1  0
   準々決:西短大付    5.1  5  3  1  1
   準決勝:自由ケ丘     7  6  5  3  1
   決勝戦:北筑高校     3  3  0  0  0
              35.2  37  19  6  5 防1.26(失点から算出)
           被安打率9.34 奪三振率4.79 四死球率1.51

  プロフィール

 奈良県奈良市出身。
 安藤 幸太郎(あんどう・こうたろう)投手。
 奈良市立富雄南小1年で野球を始め、富雄南中では奈良イーグルスに所属。
 日本代表として中3夏の世界大会に出場した。

 九州国際大付では1年春から控えとしてベンチ入り。
 現日本ハム・清水優心捕手とバッテリーを組み、3年夏に3年ぶりとなる甲子園出場を達成した。
 予選7戦中6試合(先1)に起用され、35.2回で37安打、6四死球5失点を記録。
 続く甲子園1回戦・東海四戦に救援として登板し、敗戦の中で6.2回2K3失点の粘投を見せた。
 同期に清水優心古澤勝吾、1学年下に富山凌雅ら。

 白鴎大では1年春からリーグ戦に出場。
 2年秋になって救援左腕として登板数を増やし、3年春に初勝利を含む最多3勝の実績を残す。
 同年秋のリーグ戦で主戦の座を掴み、開幕・新医戦で初完投初完封を記録。
 8季で合計38試合(先19)、122.2回に登板し、通算11勝(4完1封)6敗、防3.60をマークした。
 自己最多かつリーグ最多の4勝を挙げた4年春に11シーズンぶりの優勝を達成。
 36.2回34三振11失点、防2.21の好成績で、最高殊勲選手賞、ベストナインを受賞している。
 全国大会には4年春の第67回全日本大学野球選手権(8強に進出)に出場。
 初戦2回戦・中京大(3対1)の先発投手を務め、5回2安打無四球0封の好投で白星を収めた。
 通算38試合、11勝(4完投1完封)6敗、122.2回、防御率3.60。

 182cm88kg、先発救援をこなす143㌔左腕。
 セットからタメて前傾しながら重心を下げ、早めに着地し、後ろ小さめに左肘を使った腕の振りから
 投げ込む最速143㌔、常時135㌔前後から130㌔台後半(先発)のストレートと、
 120㌔前後から120㌔台のスライダー、緩いカーブ、120㌔前後の右打者外角チェンジアップ。
 右打者の内角を突く強気の投球が持ち味。ストレートにスライダーを織り交ぜる。
 リリーフを経て3年秋のリーグ戦から先発を担い、以降3シーズンで8勝(4完投1完封)を記録した。
 被安打率8.14、奪三振率6.82、四死球率3.01。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年04月07日(日)|2020年社会人投手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年社会人投手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑