妹尾 克哉(茨城アストロプラネッツ)|ドラフト・レポート

妹尾 克哉(茨城アストロプラネッツ)

ここでは、「妹尾 克哉(茨城アストロプラネッツ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



180cm75kg 右左 遊撃・外野・捕手 50m5秒7 神戸国際大附→香川OG 23歳
走攻守の三拍子が揃った遊撃手。高卒2年目でレギュラー、打率.353で首位打者のタイトルに輝いた。

  動 画

  打撃成績

 ■ 独立リーグ時代成績

         試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17年(香川): 37 .224  98 22 0 1 1 8 20 6 3  .269  .276
   18年(香川): 51 .353 156 55 5 3 0 19 18 10 9  .392  .423(1位)
   19年(香川): 40 .291 151 44 4 1 0 7 17 14 10  .352  .331
   20年(香川): 61 .316 193 61 5 3 0 24 19 17 16  .371  .373(3位)
   独立L通算: 189 .304 598 182 14 8 1 58 74 47 38  .355  .360
    ※ 18年:首位打者 18年:遊撃ベストナイン 19年:北米独立参加(7/6~8/31)

  最新記事

 ■ 妹尾、米独立リーグ挑戦 開幕延期も「準備万全に」(神戸新聞) 20/5/8

 昨季まで香川で活躍した妹尾克哉内野手が、米国の独立リーグに挑戦する。身体能力が高く、プロ野球のスカウトからも注目されたが、一昨年、昨年のドラフト会議では指名がなく、香川退団後の今年2月に渡米した。日本人選手でチームを編成してトライアウトに臨み、インディアナ州の独立リーグ球団から獲得オファーが届いた。昨年6月、四国ILの選抜メンバーとして北米遠征を経験。50メートル5秒7の俊足や打力が現地チームの目に留まり、遠征後も一人8月まで残ってプレーした。

  【20年打順内訳】 1番1、2番7、3番22、4番2、5番18、6番8、7番2
  【20年守備内訳】 左22、三12、遊10、一7、捕6、中1、二1、指1

 ■ 指名を待つ四国アイランドリーグのドラフト候補(デイリースポーツ) 18/9/30

 打者では香川オリーブガイナーズの妹尾克哉内野手(19)が筆頭候補だ。神戸国際大付高から入団2年目の今季、160打数57安打の打率・356で首位打者のタイトルを獲得した。巧みなバットコントロール50メートル走5秒9の俊足、そして遊撃手として見せる堅実な守備。「走・攻・守」3拍子そろった左打者は「1年でも早くNPBに行きたい。もっと上を目指したい」と目を輝かせる。

  プロフィール

 兵庫県明石市出身。
 妹尾 克哉(せのお・かつや)遊撃手。
 大久保小1年生の時からソフトボールを始め、大久保中時代はニッケレッドシープスに所属。
 小学3年時から硬式(明石リトル)に転向した。

 神戸国際大附では2年時春から二塁手でレギュラー。
 近畿大会3戦中2戦に6番・セカンドとして先発し、決勝・北大津戦で右3ランなど3安打を放った。
 同夏の予選(5番二塁)で打率.440と活躍するも明商に4-5で敗れ4強で敗退。
 翌3年夏の予選で5番・捕手を担い、打率.368を打ったが、明商に4-5で再び敗れ8強に留まった。
 1学年上に塩田大河、同期に東郷太亮平内龍太ら。

 香川オリーブガイナーズでは1年目からリーグ戦に出場。
 主に二塁手・遊撃手として出場機会を掴み取り、全65戦中26試合(二11)でスタメンを務める。
 147㌔右腕・岡部と対戦した5月19日の高知戦でライトへの1号ソロ弾をマーク。
 翌2018年のリーグ戦で規定初到達を果たし、打率.353の好成績で首位打者賞を獲得した。
 主に9番・ショート(その他に2番)を担い、攻守の奮闘で前期リーグ優勝に貢献。
 四国選抜として出場した6月のプロ二軍戦で3戦3安打(11打数)1盗塁の実績を残している。
 この活躍によりNPB注目の存在となり、翌3年目には北米独立L遠征を経験。
 その後、米独立移籍を目指すもコロナで断念し、4年目20年を再び四国IL・香川OGで過ごした。
 通算189試合、打率.304、182安打、1本塁打、58打点、38盗塁。

 180cm75kg、三拍子そろった遊撃手。
 四国ILリーグ通算182安打1本塁打、左右に打ち分ける左の好打者。主に3、5番打者を務める。
 高卒2年目で首位打者を獲得。プロ2軍戦で藤岡貴裕から左2塁打を放った。
 決まっていた大学を辞退し、NPB入りを目指して四国IL挑戦。三塁、外野、捕手などもこなす。
 4年目61試合(先発60)で7失策16盗塁。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2021年02月27日(土)|独立リーグ候補 | コメント(2) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
今年はBC茨城に
四国でこの水準の選手がBCでどのくらいやれるのかは興味深いところ
| 匿名 | 2021年02月27日(Sat) 05:51 | URL #OARS9n6I [ 編集]
コロナの影響でアメリカ挑戦中止して香川に復帰したみたいですね
| とくめぇ | 2020年07月02日(Thu) 22:55 | URL #wLMIWoss [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:独立リーグ候補 | コメント(2) Page Top↑