中森 俊介(明石商)|ドラフト・レポート

中森 俊介(明石商)

ここでは、「中森 俊介(明石商)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



中森 俊介(明石商)

182cm88kg 右左 MAX151km スライダー・カーブ・チェンジ・フォーク
最速151㌔の本格派右腕。甲子園3季で5勝をマーク、兵庫県勢83年ぶりの春夏4強進出に導いた。
2020年千葉ロッテ2位(契約金6000万円、年俸720万円)

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   18夏: 1    2.1  1  2  3  0 145㌔ 八学光星 ●
   19春: 4   31.2  25  30  13  7
        先   9  9  10  1  1 146㌔ 国士舘高 ○
           5.2  4  7  0  0 147㌔ 大分高校 ○
        先   9  8  4  8  3 146㌔ 智弁和歌 ○ 161球
        先   8  4  9  4  3 146㌔ 東邦高校 ●
   19夏: 3   19.1  18  15  7  8
        先   9  6  6  3  3 147㌔ 花咲徳栄 ○
           2.1  1  2  0  0 151㌔ 八学光星 ○
        先   8  11  7  4  5 147㌔ 履正社高 ● 150球
   20交: 1 先   9  5  9  4  1 150㌔ 桐生第一 ○
   通算: 9   62.1  49  56  27  16 防2.31
       被安打率7.07 奪三振率8.09 四死球率3.90

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   18春(背番号19→18)    回数 被安 奪三 四死 失点
   兵庫3回戦:姫路東高     1          0
     決勝戦:滝川二高 先   5  4       1
   近畿1回戦:大阪桐蔭 先   1  5  0  1  3
                 7          4 防5.14(失点から算出)

   18夏(背番号18)      回数 被安 奪三 四死 失点 
   兵庫4回戦:姫路南高    0.1  1  1  0  0

   18秋(背番号1)       回数 被安 奪三 四死 失点
   兵庫3回戦:滝川高校 先   9  4  18  2  0封…7者連続奪三振
     準々決:育英高校 先   3  6  2  0  3
     準決勝:社 高 校    6.1  1       0
     決勝戦:神国際附 先   5  1       2
   近畿1回戦:京都国際 先   3  6  4  2  3
     準決勝:智弁和歌 先   5  3  3  3  0封145㌔
                31.1  21  42  15  8 防2.30
            被安打率6.03 奪三振率12.06 四死球率4.31

   19夏(背番号1)       回数 被安 奪三 四死 失点
   兵庫3回戦:和田山高     2  0  4  0  0 145㌔
     4回戦:洲本高校     1  0  1  0  0
     5回戦:柏原高校 先   3  0  6  1  0
     準々決:姫路南高 先  6.2  6  12  4  4
     決勝戦:神国際附 先   9  8  7  1  1 149㌔
                21.2  14  30  6  5 防2.08(失点から算出)
            被安打率5.82 奪三振率12.46 四死球率2.49

   19秋(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点  
   兵庫2回戦:舞子高校     1  1  0  0  0
     3回戦:関西学院 先   6  5  3  5  1
     準々決:赤穂高校 先   5  1  9     0封
     準決勝:神国際附 先   9  9  9     3 ※足をつるアクシデント
     決勝戦:報徳学園 先  3.1  6  3     4
   近畿1回戦:東山高校 先   9  7  11  3  3
     準々決:大阪桐蔭 先   8  6  8  2  4
                41.1  35  43  14  15 防1.96
             被安打率7.62 奪三振率9.36 四死球率3.05

  最新記事

 ■ ロッテ ドラ2中森が仮契約 目標は高く「1年目から15勝」(デイリー) 20/11/26

 ロッテからドラフト2位で指名された中森俊介投手が26日、契約金6000万円、年俸720万円で仮契約を結んだ。明石商では1年秋からエースナンバーを背負い、2年時には甲子園春夏4強入りに貢献。永野プロ・アマスカウト部長も「ピッチングの完成度が非常に高い甲子園での経験も豊富でスター性があるので、チームにいい風を吹かせてほしい」と大きな期待を寄せた。

   20夏           回数 被安 奪三 四死 失点
   兵庫2回戦:高砂高校 先   3  0  7  1  0 148㌔
     3回戦:加古川東 先   4  2  7  0  0 147㌔
     4回戦:小野高校 先   7  3  7     0 148㌔
                 14  5  21     0 防0.00
                   被安打率3.21 奪三振率13.50

   【球速変遷】1年夏甲145㌔→2年春選147㌔→2年夏予149㌔→2年夏甲151㌔

 ■ ロッテ2位中森「熱い感じに」煉獄さんシールゲット(日刊) 20/10/29

 ロッテから2位指名を受けた明石商・中森俊介投手が28日、同校で永野プロ・アマスカウト部長らから指名あいさつを受けた。球団からは「これくらいヒットして欲しい」という思いを込めて大人気アニメ・『鬼滅の刃』とコラボした11月3日発売の「鬼滅の刃マンチョコ」を手渡されて写真撮影。永野プロ・アマスカウト部長からも「高校生トップレベル完成度の高さと伸びしろを評価しています先発タイプだと思います。余力を残して投げている感じが江川さんに似ている」と大きな期待を寄せる。

 ■ ドラフト目玉候補の明石商・中森俊介&来田涼斗に一番乗り詣で(報知) 20/9/17

 1位候補に挙がっている明石商の中森俊介投手と上位候補の来田涼斗外野手と各球団の面談が16日から始まり、巨人12球団一番乗りで「中森&来田詣で」を果たした。担当の岸スカウトは「去年から一番追いかけてきた2人なので、一番最初に行きたかった中森君は今年の高校生では一番いい投手。来田君も能力が高い」と、改めて上位候補の評価をした。約30分ずつの面談で岸スカウトは「2人とも『狭間(善徳)監督のお陰で人間力が成長した』と口にしたのがすごい。伸びしろがあり、プロの厳しい環境に耐えられる精神力がある。ファンからも愛される一流の選手になれると確信した」と両選手の人間性にほれ込んだ様子だった。面談前に取材に応じた中森と来田は「12球団OK」の姿勢を示し、中森が「今できることを見つけて、課題を克服できるようにしたい」と意気込めば、来田も「毎日、練習を積み重ねて、理想に近づけるようにしたい」と、既にプロ入り後を見据えている。

過去記事

 ■ 明石商151キロ中森と34発来田プロ志望届提出へ(日刊スポーツ) 20/9/10

 明石商の中森俊介投手、来田涼斗外野手が、10日にもプロ志望届を提出することが9日、関係者への取材で分かった。両者ともこれまでは進路について、大学進学や社会人野球も選択肢に入れていたが、高卒からプロ入りを目指す道を選んだ。NPB12球団が視察しており、複数の球団が2人を「高校生トップクラス」と高く評価している。

 ■ 「令和のスターに」「憲伸みたい」/明石商・中森評(日刊スポーツ) 20/8/16

 明石商・中森俊介投手が桐生第一を相手に5安打2失点で完投勝利を挙げ、高校最後の夏を終えた。150キロは1球だけだったが、安定感のある投球でチームを勝利に導いた。進路についてはこれから熟考し結論を出すが、志望届を出せばドラフト戦線を騒がせる存在になる。
 ▽西武潮崎編成グループディレクター「今日の投球を見ても、十分プロでやれるスキルがあると感じた。夏バテにならないよう、力を抜きながら投げてもいた。高校生の中ではトップクラス」
 ▽ソフトバンク永井編成育成本部長兼スカウト育成部長「中森は本調子ではなくても試合をつくる対応力、ゲームメーク力にたけている。球自体の評価も高校生ではトップクラス」
 ▽ロッテ永野プロ・アマスカウト部長「高校生の中では完成されつつある投手。キャリアも十分。体もあって馬力があるので、コロナ禍でも他の投手より余力があるのでしょう」
 ▽オリックス牧田編成部副部長「令和のスター選手になれる素材。いつでもストライクが取れる指先の感覚ギアを入れた時に空振りが取れる球もある
 ▽DeNA進藤編成部長「余力を残しながら投球できると感じた。経験があるからだろう。甲子園だからと力み過ぎずに投げられていた」
 ▽阪神畑山統括スカウト「彼らしいクレバーな投球。両コーナーへの真っすぐの制球、変化球を低めに集めるという彼の持ち味が出ていたプロで勝つための要素を兼ね備えている印象」
 ▽中日米村アマスカウトチーフ「完成度が高く、早い段階で先発ローテーションに入れる可能性がある。うちで言えば、川上憲伸みたいな先発完投型。甲子園の実績からカリスマ性もあるし、エースとしてチームを支えてくれるような投手」
 中日・米村チーフスカウトは「球速を追いかけなくなり、逆に良くなっている印象を受けた。志望届を出せば、1、2位は間違いないでしょう」と高評価する。 (中スポ)
 ▽ヤクルト・小川GM「完成度が高い。練習試合でも甲子園でも何ら関係なく、変わらずに投げている。プロ志望届を出せば(1位の)12人に入る可能性がある」
 ▽楽天・後関スカウト部長「今日は最速150キロでアベレージは143キロ前後。簡単にストライクが取れ、要所で力を入れていた
 ▽オリックス・牧田編成部副部長「改めてエースになる要素を兼ね備えていると感じた。プロ志望届を出すか出さないかだけです」
 ▽中日・米村アマスカウトチーフ「コースをつく投球やバランスがよくなり、かなり成長している。プロ志望届を出せば上位候補だが、評価はさらに上がりました」(SANSPO)
 中日の米村チーフスカウトは「完成度という点では(中京大中京の)高橋より高い。勝てる投手になってきた。(プロ志望届を提出すれば)1位は間違いない。3、4球団は競合するんじゃないか」と高く評価した。(報知)

 ■ 明石商・中森に熱視線 阪神、巨人など8球団が視察(デイリースポーツ) 20/8/5

 明石商が八回コールド勝ちを決め、最終戦へ駒を進めた。阪神や巨人、オリックスなど8球団12人のスカウト陣が見守る中、中1日で先発を務めた中森俊介投手が、7回を3安打無失点7奪三振に抑える粘投で、勝利に貢献した。
 阪神・和田豊球団本部付テクニカルアドバイザーは「チェンジアップが良かった。甲子園(の交流試合)でどういう投球をしてくれるか楽しみ」とうなずけば、オリックス・下山真二スカウトは「直球、変化球とボール自体が良いのはもちろん、周りが見えていて感じたことを実行できる」と評価。「いろいろな投球ができるというのはプロでも大切」と力を込めた。(SANSPO)

 ■ 明石商、投打のドラフト注目候補が実力発揮(スポーツ報知) 20/8/3

 今秋のドラフト上位候補として注目される明石商の投打の柱が、加古川東との3回戦で実力を発揮。中森は先発で出場。4回2安打7奪三振無四死球の無失点に抑え、最速147キロをマーク。「制球重視がテーマ。三振は狙いに行かず、捕手の構えたところに投げた」と意識通りの投球だった。7球団12人のスカウト陣が視察に訪れるなか、巨人・岸スカウトは「制球が魅力的。プロの投手と同じ技術を持っている。早くにも1軍で投げられる」と大絶賛した。
 ▽阪神熊野スカウト「きっちり低めに投げられている。言うことないのでは。ちょっと力をいれた時もアウトローにしっかり投げられるのは素晴らしい。常に安定感抜群」
 ▽中日中田アマスカウトアドバイザー「アウトローにしっかり投げられるのは下半身を使えている証拠。見ていて危なげない。本来のポテンシャルが出ている」(日刊)

 ■ 明石商が好発進 中森3回無安打無失点7K 来田は打率10割(スポニチ) 20/7/25

 明石商が24日、今夏の公式戦初戦を迎え、中森は先発し3回を7奪三振で無安打無失点。左のスラッガー来田も2打数2安打1打点2四球と打率10割でスタート。巨人などプロ3球団が視察し、阪神の和田豊TAは「中森君は高校生ではトップクラスフォームがしっかりしていて安定感がある。来田君はいつでもファーストストライクから振る準備ができている」と高く評価していた。

 ■ 明石商・中森俊介と大分商・川瀬堅斗の投げ合いを8球団が視察(スポーツ報知) 20/7/11

 明石商・中森俊介投手が先発し、5回2安打無失点と好投した。プロ8球団12人のスカウトが視察に訪れる中、初回1死からの5者連続を含む10奪三振無四球。最速146キロをマークしながら「調子は良くなかった。持っている力以上のものは出ないと思うので、フォームとバランスを意識して投げた」と冷静に振り返ったが、巨人の榑松スカウト部次長は「1球1球の質が高い。球種も豊富でレベルが高い先発タイプで将来はローテーションの中心になれるような素材」と高評価した。
 巨人の岸敬祐スカウトは「もし去年の『BIG4』の中に入っても、佐々木、奥川に次ぐ位置にいると思います。素晴らしい投球術。教えてできるものではない」と大絶賛。ロッテの永野吉成プロ・アマスカウト部長も「スライダーがあそこまでキレると、高校生ではそうそう打てない」と舌を巻いた。(スポニチ)
 ▽巨人榑松スカウト部次長「中森君は完成度の高い投手。球種豊富ですし、改めて良い投手。(上位候補として)見ています
 ▽オリックス下山スカウト「中森君は、どの球種もコントロールできていて素晴らしい投手だと思う。自分の体を操れる投手は少ない」(日刊)
 ヤクルトの橿渕スカウトグループデスクも「変化球の精度がいい高校生の中ではトップクラスの投手」と称賛した。(報知)

 ■ 明石商・中森、智弁和歌山から5回で11三振奪う(日刊スポーツ) 20/7/4

 明石商の中森俊介投手が、今年初めて対外試合で先発した。4回の先頭から5回2死まで5者連続三振を奪うなど、5回を1安打11奪三振で1失点。前週の練習試合では「まっすぐで空振りがとれない」と課題を口にしたが、6つが直球、5つがフォークやスライダーで奪った。
 西武、ヤクルトは編成幹部が訪れるなど、9球団27人のスカウトが視察。(日刊)
 阪神巨人広島横浜DeNA西武など9球団総勢27人のスカウトが陣取った。(THEPAGE)
 ▽ヤクルト阿部スカウト「スピードもあるけど、変化球も使ってうまく打ち取っていく投手。本来のところに近づいてきている」
 ▽阪神熊野スカウト「ボールの感じは良かった。コントロール的に高めに行ったりすることはあったけど、順調に来ていて心配することはないかなと思います」
 智弁和歌山の小林樹斗投手も6回から登板し、3回を無失点。最速こそ同じ148キロだったが、中森は「まっすぐに関しては比較しても小林の方が上自分はノビ、キレもまだまだ及ばない」と唇をかむ。阪神の熊野輝光スカウトも「変化球がいいのはわかっているので、真っすぐがくるともっと良くなると思う。でも、何の心配もないですね」と改めてほれぼれしていた。(スポニチ)
 西武の渡辺久信ゼネラルマネジャーは「ある程度体も出来上がっている高校ではいいレベルまだまだ追いかけていきますよ」と満足そう。巨人の水野雄仁スカウトも「しっかり投げられている」と高評価だった。(朝日新聞)
 巨人の水野巡回投手コーチは「2人(中森、小林樹)とも素晴らしい」と熱視線を送った。ヤクルトの小川GMは「2人とも高校生投手として完成度が高い」と高評価。西武の渡辺GMも「高校生では非常にレベルが高い投手」と褒めたたえた。(スポーツ報知)

 ■ 明石商のプロ注目コンビが躍動 中森は148キロ(デイリースポーツ) 20/6/28

 中森は3回を2安打無失点に抑えた。初回には、視察したソフトバンクのスピードガンで148キロを計測したが、中森は「真っすぐがスライダー気味になってしまって、あまりよくなかった」と反省。

 ■ ドラフト上位候補の明石商・中森俊介が今年初登板(スポーツ報知) 20/6/27

 明石商の中森俊介が、今年初めて練習試合に登板した。阪神広島ヤクルト3球団が視察する中で7回から登板。3回を投げ、6安打2失点2奪三振で最速は147キロを計測した。
 阪神の熊野スカウトは「順調にきていると思う。コントロールは問題ないし、球種も豊富。ここから上げていってくれたら」と期待を寄せた。中森は「プロか進学かは半々プロに行きたい思いは強いですが、今の時点では通用するレベルに達していないので」と慎重に決めていく考えを明かした。(デイリー)
 阪神熊野スカウトは「力があるのは分かっている。実戦不足の中で投げているし、スピード、制球的にも問題ない上位候補という見方」と高い評価を示した。(日刊)

 ■ 明石商が全体練習を再開「全勝目標」主将来田が宣言(日刊スポーツ) 20/6/16

 3月から体重を約5キロ増の88キロとし、休校期間は直球磨きに注力。広島時代の前田健太の投球動画などをヒントに「リリースの瞬間だけに力を入れるというのがしっくりきた。自分の感覚では球威が良くなっている」と投球術の幅を広げた。この日は巨人、オリックス2球団が視察。両選手とも今秋ドラフトの上位候補。プロを目指す意思を持ちながらも、進路については今後の状況も踏まえながら、狭間監督や両親と話し合う方向という。
 ▽巨人岸スカウト「(秋より)バランスが良くなっている力感が抜けた感じがある
 巨人は榑松スカウト部次長、大森編成本部統括スカウト、担当の岸スカウトが駆けつけた。榑松次長は「来田君は将来、チームの中心になれる選手。中森君は早い時期にローテーションに入ってくる力を持った投手もちろん上位候補」と高評価。狭間善徳監督は「巨人は本気みたい」と、3人態勢の視察に目を丸くした。(報知)

 ■ 虎のドラ1候補を独断と偏見で選びます(スポニチ) 20/4/5

 体脂肪率15%。「体脂肪率がけっこう高くて筋力も全然、ありません。体脂肪率と筋力の比率が合っていない気がしています」と話すように体質強化を課題に掲げ、体幹強化に重点を置いた。並行して握力強化に取り組み、球質向上にも励んだ。「回転数の向上が狙い。しっかり最後まで力強い球を投げることが勝つことに必要な要素。だから下半身も強くしないといけないし、全体的な底上げをしていかないといけないと思います」。理路整然と意図を説明する口ぶりと表情は、高校生とは思えない。今年に入って視察に訪れたパドレスのスカウトも「今年の日本のアマチュアで最高の投手」と評価した逸材。「将来性」を重視するなら、地元・兵庫県出身の中森を見逃す手はない。
 ▼阪神・熊野輝光スカウト「中森君は、(高校生では)去年の奥川(ヤクルト)みたいな存在フォーム、球速、制球力が安定しており、さらに体が大きくなればプロでエースになれる逸材。現段階のタイプとしては菰野高時代の西勇に似ています。肘の使い方が柔らかく、フォームにしなりがあり、制球力が良い。体が大きくなれば、もっと球速も上がる。将来的に、すごく楽しみな上位候補と言えます」

 ■ 明石商・中森 大学生相手に2回5K0封(デイリースポーツ) 19/12/8

 高校野球の兵庫県選抜が7日、高砂球場で関西国際大との練習試合を行い、明石商の中森俊介投手が3点を追う八回に5番手として登板。2回無失点、5奪三振と大学生相手に物怖じしない投球を見せ、「台湾の選手のいいところをたくさん吸収して帰りたい」と意気込んだ。
 高校日本代表への参加の打診もあったが、「夏の疲労が残っていた。僕が行って戦力にならなかったら意味がない」と断ったという。(asahi.com19/9/15)

 ■ 明石商・中森、指令に応えた完投 プロ直伝球は封印(日刊スポーツ) 19/3/27

 中森は自己記録を1キロ更新する146キロの直球と鋭い変化球で1失点完投。東京王者の国士舘を寄せ付けなかった。「結構疲れました。要所で抑えられたのがよかった」。141球、被安打9での1失点完投は中森の真骨頂だ。テストで学年1ケタ順位に入ったこともある文武両道エース。「論理的に考えるのが好き」と得意教科は数学。最速150キロへの思いが相当強いが、まず勝つための方程式を求める。日体大在学中に教育実習で来たOB西武松本航の直伝カットボールも、今は必要ないと考え封印。狭間善徳監督から完投指令を出されたこの日は、場面によって球速より制球を優先。同監督は「素晴らしい」と投球術に舌を巻いた。
 ▽オリックス谷口スカウト「昨年よりも一回り体も大きくなり、それに比例してボールの強さ、キレも増してきている。まだまだ伸びしろがあるし、来年ドラフトで上位に入る力は十分あると思う」
 巨人の岸スカウトは「伸びしろを感じる。来年は必ずドラフト候補になる」と高評価した。(報知)

 ■ 明石商・2年生エース中森、体幹強化で球速アップ!(スポーツ報知) 19/3/18

 甲子園練習が18日、始まった。明石商は3番手で登場。同校のグラウンドでは甲子園をイメージしてマウンドが作られていることもあり、2年生の中森俊介投手は「投げやすかった。日々の練習のように投げられます」と好感触を得た。冬の間に体幹強化をテーマに練習に取り組んできた成果もあり、約2週間前の紅白戦で146キロが出たという。狭間善徳監督の勧めもあり、先輩の南瑛斗投手からチェンジアップの投げ方も伝授された。センバツでは決め球として活用していく考えだ。

  プロフィール

 兵庫県篠山市生まれ。
 中森 俊介(なかもり・しゅんすけ)投手。
 福住小学校3年時から軟式野球を始め、篠山東中学校では軟式野球部に所属。
 中3夏から三田ボーイズで硬式野球に取り組んだ。

 明石商業では1年時春から控えとして公式戦に出場。
 1年生ながら18番で近畿大会のメンバーに入り、1回戦・桐蔭戦で先発(1.0回3失点)を務める。
 1年時夏の予選を0.1回の登板で終え、甲子園1回戦・光星戦で全国デビュー。
 8-8の8回表2死1、3塁から登板し、145㌔を出したが、2.1回1失点、10回8-9で敗戦となった。
 1年時秋の大会でエースの座を掴み、31.1回42Kの力投で近畿決勝まで進出。
 滝川高と対戦した兵庫3回戦で、7連続を含む毎回18K、9回4安打0封の快投を演じている。
 入学以来4季続けて甲子園出場を飾り、2年時に春夏連続4強進出を達成。
 計9試合(先6)62.1イニングをこなし、通算6勝(4完0封)3敗、56K、防2.31の実績を残した。
 2年時春2回戦・大分高校戦で147㌔、同夏準々決・光星戦で151㌔を計測。
 強豪・和智弁(19春準々)、徳栄(19夏2回戦)を相手に、いずれも4-3完投勝ちを収めている。
 2個上に加田悠真勝本樹、1個上に水上桂、同期に来田涼斗ら。

 182cm88kg、全国経験豊富な最速151㌔右腕。
 振り被って溜めを作ってから重心を下げ、インステップし、後ろ小さめに右肘を使った腕の振りから
 投げ込む最速151㌔、常時140㌔前後から145㌔前後(先発時)のストレートと、
 120㌔前後から120㌔台のスライダー、120㌔台のチェンジアップ、130㌔前後のフォークボール。
 力ある直球で押す本格派。スライダー、チェンジアップを交え、内外に投げ分ける。
 外低めに決める制球力でもプロの評価を獲得。甲子園で62.1回972球19失点の粘投をみせた。
 大舞台で力を発揮する度胸の良さも魅力のひとつ。

  スカウトコメント

千葉ロッテ・永野プロアマスカウト部長|20/11/26
 「ピッチングの完成度が非常に高い。甲子園での経験も豊富でスター性があるので、チームにいい風を吹かせてほしい」
ロッテ・永野プロアマスカウト部長|20/10/29
 「高校生トップレベル。完成度の高さと伸びしろを評価しています。先発タイプだと思います。余力を残して投げている感じが江川さんに似ている」
ロッテ・黒木純司スカウト|20/10/26
 「1年生から甲子園を経験する超高校級右腕。MAX151キロのストレートと多彩な変化球を巧みに操る。近い将来、先発ローテーションとして活躍できる」
巨人・岸スカウト|20/9/17
 「去年から一番追いかけてきた2人なので、一番最初に行きたかった。中森君は今年の高校生では一番いい投手。来田君も能力が高い。2人とも『狭間(善徳)監督のお陰で人間力が成長した』と口にしたのがすごい。伸びしろがあり、プロの厳しい環境に耐えられる精神力がある。ファンからも愛される一流の選手になれると確信した」 
巨人・榑松伸介スカウト|20/9/2
 「完成度が高くクレバーさがあり、12人の中に入ってくる」
ヤクルト・小川淳司GM|20/9/2
 「ストレート、変化球とも安定感がある。上位候補?そうだと思います」
巨人・水野投手巡回コーチ|20/8/18
 「インパクトを受けた選手は、投手では明石商・中森と中京大中京・高橋でしょう。中森は真っすぐだけじゃなく、変化球もしっかり使いながら大人の投球ができていた。高橋も実戦経験豊富で球威も十分。完成度の中森とボールの力の高橋。この2人は高校生の中では別格でした」
ヤクルト・小川淳司ゼネラルマネジャー|20/8/18
 「全期間を通して抜けていたのは小林樹、中京大中京・高橋、明石商・中森だろう。3人とも150キロ以上のスピードを出せるだけでなく、自校のグラウンドでも甲子園でも同じように投げられる精神的な安定感、制球力がある」
ソフトバンク・永井智浩編成育成本部長兼スカウト育成部長|20/8/18
 「16日に投げたときも状態は良くなかった。高校生最後の試合だとがむしゃらに投げてしまいがちですが、彼は状態を見極めて試合をつくった。投手としてセンスを感じる」
阪神・畑山俊二統括スカウト|20/8/18
 「印象に残った選手でいうと、中森、高橋、小林の3人かな」
ヤクルト・小川GM|20/8/17
 「完成度が高い。練習試合でも甲子園でも何ら関係なく、変わらずに投げている。プロ志望届を出せば(1位の)12人に入る可能性がある」
楽天・後関スカウト部長|20/8/17
 「今日は最速150キロでアベレージは143キロ前後。簡単にストライクが取れ、要所で力を入れていた」
西武・潮崎編成グループディレクター|20/8/16
 「今日の投球を見ても、十分プロでやれるスキルがあると感じた。夏バテにならないよう、力を抜きながら投げてもいた。高校生の中ではトップクラス」
ソフトバンク・永井編成育成本部長兼スカウト育成部長|20/8/16
 「中森は本調子ではなくても試合をつくる、対応力、ゲームメーク力にたけている。球自体の評価も高校生ではトップクラス」
ロッテ・永野プロ・アマスカウト部長|20/8/16
 「高校生の中では完成されつつある投手。キャリアも十分。体もあって馬力があるので、コロナ禍でも他の投手より余力があるのでしょう」
オリックス・牧田編成部副部長|20/8/16
 「令和のスター選手になれる素材。いつでもストライクが取れる指先の感覚、ギアを入れた時に空振りが取れる球もある」
 「改めてエースになる要素を兼ね備えていると感じた。プロ志望届を出すか出さないかだけです」
DeNA・進藤編成部長|20/8/16
 「余力を残しながら投球できると感じた。経験があるからだろう。甲子園だからと力み過ぎずに投げられていた」
阪神・畑山統括スカウト|20/8/16
 「彼らしいクレバーな投球。両コーナーへの真っすぐの制球、変化球を低めに集めるという彼の持ち味が出ていた。プロで勝つための要素を兼ね備えている印象」
中日・米村アマスカウトチーフ|20/8/16
 「完成度が高く、早い段階で先発ローテーションに入れる可能性がある。うちで言えば、川上憲伸みたいな先発完投型。甲子園の実績からカリスマ性もあるし、エースとしてチームを支えてくれるような投手」
 「球速を追いかけなくなり、逆に良くなっている印象を受けた。志望届を出せば、1、2位は間違いないでしょう」
 「コースをつく投球やバランスがよくなり、かなり成長している。プロ志望届を出せば上位候補だが、評価はさらに上がりました」
 「完成度という点では(中京大中京の)高橋より高い。勝てる投手になってきた。1位は間違いない。3、4球団は競合するんじゃないか」
阪神・和田豊球団本部付テクニカルアドバイザー|20/8/5
 「チェンジアップが良かった。甲子園(の交流試合)でどういう投球をしてくれるか楽しみ」
オリックス・下山真二スカウト|20/8/5
 「直球、変化球とボール自体が良いのはもちろん、周りが見えていて感じたことを実行できる。いろいろな投球ができるというのはプロでも大切」
巨人・岸スカウト|20/8/3
 「制球が魅力的。プロの投手と同じ技術を持っている。早くにも1軍で投げられる」
阪神・熊野スカウト|20/8/3
 「きっちり低めに投げられている。言うことないのでは。ちょっと力をいれた時もアウトローにしっかり投げられるのは素晴らしい。常に安定感抜群」
中日・中田アマスカウトアドバイザー|20/8/3
 「アウトローにしっかり投げられるのは下半身を使えている証拠。見ていて危なげない。本来のポテンシャルが出ている」
阪神・和田テクニカルアドバイザー|20/7/25
 「高校生トップクラス。体も安定感があってフォームもしっかりしている。コントロールもちゃんとされてる。右のアウトコースのまっすぐはそう簡単には打てないね。(地元の素材)うちだけじゃなくて、どこもほしい投手だと思います」
 「成長している。下が悪くてもフォームが崩れず、しっかりコントロールできていた。上位候補になってくるんじゃないか」
 「1年目からローテーションに入れるくらい力のある投手」
巨人・岸スカウト|20/7/25
 「最近見た中で一番良かった。コロナ禍がありながら仕上げてきたのはさすが」
オリックス・乾スカウト|20/7/25
 「この環境であれだけのパフォーマンスができるのは頭の良さを感じます。自分の体のコントロールがしっかりできている」
ヤクルト・橿渕スカウトグループデスク|20/7/12
 「変化球の精度がいい。高校生の中ではトップクラスの投手」
巨人・榑松スカウト部次長|20/7/11
 「1球1球の質が高い。球種も豊富でレベルが高い。先発タイプで将来はローテーションの中心になれるような素材」
 「中森君は完成度の高い投手。球種豊富ですし、改めて良い投手。(上位候補として)見ています」
巨人・岸敬祐スカウト|20/7/11
 「もし去年の『BIG4』の中に入っても、佐々木、奥川に次ぐ位置にいると思います。素晴らしい投球術。教えてできるものではない」
ロッテ・永野吉成プロアマスカウト部長|20/7/11
 「スライダーがあそこまでキレると、高校生ではそうそう打てない」
オリックス・下山スカウト|20/7/11
 「中森君は、どの球種もコントロールできていて素晴らしい投手だと思う。自分の体を操れる投手は少ない」
巨人・水野巡回投手コーチ|20/7/5
 「2人(中森、小林樹)とも素晴らしい」
 「しっかり投げられている」
ヤクルト・小川GM|20/7/5
 「2人とも高校生投手として完成度が高い」
西武・渡辺久信GM|20/7/5
 「高校生では非常にレベルが高い投手」
 「ある程度体も出来上がっている。高校ではいいレベル。まだまだ追いかけていきますよ」
ソフトバンク・永井智浩編成育成本部長兼スカウト・育成部長|20/7/5
 「2週間前に見たときはコロナ明けで立ち投げ程度。きょうは指先にボールがしっかり掛かっていたし、完成度の高い投手です」
DeNA・吉田孝司チーム統括本部顧問|20/7/5
 「高校生にしては出来上がっている。コントロールいいし、体もどっしり。コロナで心配していたが、きょうのピッチングを見て安心しました」
ヤクルト・小川淳司GM|20/7/5
 「生で見るのは初めて。トータルでレベルが高い投手だ。変化球の精度もあるし、ピッチングがうまい」
ヤクルト・阿部スカウト|20/7/4
 「スピードもあるけど、変化球も使ってうまく打ち取っていく投手。本来のところに近づいてきている」
阪神・熊野スカウト|20/7/4
 「変化球がいいのはわかっているので、真っすぐがくるともっと良くなると思う。でも、何の心配もないですね」
阪神・熊野スカウト|20/6/27
 「順調にきていると思う。コントロールは問題ないし、球種も豊富。ここから上げていってくれたら」
 「力があるのは分かっている。実戦不足の中で投げているし、スピード、制球的にも問題ない。上位候補という見方」
オリックス・牧田勝吾編成部副部長|20/6/23
 「打者へ向かう姿勢、腕の振り、指先感覚など、エースと呼ばれる投手に必要な要素を兼ね備えています。山本由伸を担当した山口和男スカウトグループ長が、昨年の段階で山本の時と同じくらいの熱量で期待していました」
巨人・岸スカウト|20/6/16
 「(秋より)バランスが良くなっている。力感が抜けた感じがある」
巨人・榑松次長
|20/6/16
 「来田君は将来、チームの中心になれる選手。中森君は早い時期にローテーションに入ってくる力を持った投手。もちろん上位候補」
阪神・熊野輝光スカウト|20/4/5
 「(高校生では)去年の奥川(ヤクルト)みたいな存在。フォーム、球速、制球力が安定しており、さらに体が大きくなればプロでエースになれる逸材。現段階のタイプとしては菰野高時代の西勇に似ています。肘の使い方が柔らかく、フォームにしなりがあり、制球力が良い。体が大きくなれば、もっと球速も上がる。将来的に、すごく楽しみな上位候補と言えます」
MLBパドレススカウト|20/4/5
 「今年の日本のアマチュアで最高の投手」
ヤクルト・橿渕聡スカウトグループデスク|19/12/2
 「ストレートの質が良い。アウトクロスにラインが出る」
巨人・長谷川国利スカウト部長|19/12/2
 「中森君は体の『張り』がすごい。ボールにパワーがあります」
中日・佐藤充スカウト|19/9/26
 「腕の振りがよく、力だけでなく球に伸び、キレもある。高校生では抜けています。さらに体に力がつけば、もうワンランク上の球を投げられるでしょう。期待しています」
巨人・長谷川国利スカウト部長|19/8/12
 「体全体に張りがあって、全球全力ではなく、その先を見据えた投球ができる」
 「2年生なら、この投手。球威がある」
巨人・岸スカウト|19/3/28
 「伸びしろを感じる。来年は必ずドラフト候補になる」
オリックス・谷口スカウト|19/3/27
 「昨年よりも一回り体も大きくなり、それに比例してボールの強さ、キレも増してきている。まだまだ伸びしろがあるし、来年ドラフトで上位に入る力は十分あると思う」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2020年11月26日(木)|2020年ドラフト指名選手 | コメント(6) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
| 匿名 | 2020年09月17日(Thu) 19:30 | URL #- [ 編集]
思ったより育たなかった印象
山下と加藤の評価次第では外れか二位まで残るかも
| 西何とか | 2020年09月17日(Thu) 13:22 | URL #- [ 編集]
奥川投手に流れもスタイルも似てると思います。
ドラ1濃厚でしょうね。
| 藍前鉄破 | 2019年12月13日(Fri) 21:37 | URL #PBeY7Alg [ 編集]
球速も切れも増してて成長してる。
まだ2年も現時点でも3.4巡目で指名される素材。
| とん | 2019年07月29日(Mon) 14:13 | URL #- [ 編集]
今年のドラフト会議は下位指名でしょう。
巨人・オリックスが注目しているので、2球団の今後の動きに注目したいです。
今年の夏の甲子園、初戦突破目指して頑張って下さい。
| ゆうと | 2019年06月23日(Sun) 15:18 | URL #- [ 編集]
今年のドラフト候補だったとしても指名されたと思いますが、来年が楽しみです。
外角低めギリギリに投げられるコントロールは見ていて気持ち良いです(* ̄∇ ̄)ノ
あと1年でどこまで伸びるのか、ワクワクしています\(^o^)/
| ぽにぽにぽにー | 2019年04月02日(Tue) 17:19 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年ドラフト指名選手 | コメント(6) Page Top↑