川瀬 堅斗(大分商)|ドラフト・レポート

川瀬 堅斗(大分商)

ここでは、「川瀬 堅斗(大分商)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



川瀬 堅斗(大分商)

183cm86kg 右右 MAX148km スライダー・カット・カーブ・チェンジ
長身から投げ下ろす角度ある直球が武器。腰の手術から復活、2年6月の練試で147㌔を計測した。

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   20交: 1 先   8  8  5  7  2 143㌔ 花咲徳栄 ●
   通算: 1     8  8  5  7  2 防2.25
       被安打率9.00 奪三振率5.63 四死球率7.88

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   18夏(背番号18)      回数 被安 奪三 四死 失点 
   大分3回戦:明豊高校    1.2  8       8 141㌔

   19夏(背番号1)       回数 被安 奪三 四死 失点 
   大分1回戦:安心院高 先   6  9  7  3  2 143㌔
     2回戦:由布高校     1  1  3  1  0
     3回戦:文理大付 先   9  8  8  1  0封143㌔
     準々決:情報科学 先  7.1  11  6  6  7
     決勝戦:藤蔭高校    5.1  7  6  1  4
                28.2  36  30  12  13 防4.08(失点から算出)
            被安打率11.30 奪三振率9.42 四死球率3.77

   19秋(背番号1)       回数 被安 奪三 四死 失点 
   大分1回戦:佐伯豊南     9          3
     2回戦:大分東明     6          3
     準々決:大分工業 先   7          1
     準決勝:大分高校 先   9          4
   九州1回戦:大崎高校 先  10  15  9  2  3
     準々決:福岡第一 先   9  6  9  2  2
     準決勝:鹿児城西 先   9  10  4  2  3
                 59  56  49  15  19 防1.68
             被安打率8.54 奪三振率7.47 四死球率2.29

  最新記事

 ■ プロ注目の大分商・川瀬堅斗、進路は「監督と相談」(日刊スポーツ) 20/8/10

 大分商・川瀬堅斗主将は8回3失点で花咲徳栄に敗れた。「緊張はなかったが、興奮していた。甲子園の雰囲気に負けてしまい、思うようにストレートが入らなかった」。7月4日の練習試合中、左太ももの肉離れを起こした。「(影響は)ないです」とケガのせいにはしなかったが、制球難がきっかけで初回に失った3失点が重くのしかかった。進路については「監督と相談して考えます」と語るにとどめたが「甲子園はこれからの人生につながる。悔しい経験を次のステージで生かしたい」と前を向いた。
 ヤクルト・伊東昭光編成部長は「川瀬はバランスが良く、体の力がある素材型」と評価。(産経)

 ■ 7割でも148キロ 大分商・川瀬堅斗にスカウト11球団集結(西スポ) 20/7/20

 日本文理大付相手に5回から登板。試合は0-3で敗れたものの、148キロをマークした。4日の練習試合中に左ももの肉離れを起こし、痛み止めを飲んでの登板だった。「70パーセントぐらい」というが、それでも4回で6奪三振ソフトバンクの宮田善久スカウトは「直球は昨夏の方が走っていると感じたが、試合慣れしていてピッチングがうまい指先の感覚も器用。甲子園ではもっと調子が上がった投球をしてくれるはず」と期待する。
 楽天を除く11球団のスカウトが視察。ソフトバンクの宮田善久アマスカウトチーフ補佐は「本調子じゃないが、経験値が高く打者との駆け引きがうまい」。DeNAの吉田孝司チーム統括本部顧問兼球団代表補佐は「変化球をうまく使ったいい投球。面白い素材」と評価した。(スポニチ)

   20夏(背番号1)       回数 被安 奪三 四死 失点 
   大分2回戦:日文理附     4  3  6     0 148㌔

 ■ ドラフト候補右腕の大分商・川瀬堅斗が5回2安打2失点(スポーツ報知) 20/7/11

 大分商の川瀬堅斗が明石商との練習試合に先発した。プロ8球団が視察する中で中森俊介と投げ合い、5回2安打2失点6奪三振にまとめた。4日に左太もも裏を痛めた影響で5四球と制球に苦しみ、最速は142キロ。「足が悪い中でも抑えられた。失投があったのは悔やまれる」と反省した。明石商・来田涼斗外野手との対戦は5回に右犠飛を許すなど、1打数無安打1四球。「注目されているので雰囲気も違った。抑えられたのは自信になった」と手応えをつかんだ。
 巨人の榑松スカウト部次長は「高校生としては変化球のレベルが高い一見、パワーピッチャーに見えるけど、野球センスがある」と称賛した。(スポーツ報知)
 中日の米村チーフスカウトは「カーブが非常にいい足を痛めているそぶりを見せない。プロ(向きの)魂を持っている」と評価した。(報知)

過去記事

 ■ 大分商・川瀬、兄のソフトバンク川瀬晃と兄弟プロだ(日刊スポーツ) 20/7/7

 明大からドラフト1位で広島入りした同校OB、森下魂も伝承する。直伝のカットボールやチェンジアップも武器に聖地を楽しむつもりだ。昨秋、森下が大分に帰省した時に指導を受けた。中3の秋交通事故で頭蓋骨骨折など、生死をさまよう大けがを負った。だが奇跡的な復活を遂げ、特に熱心とされる巨人ロッテ日本ハムなど12球団に注目される九州屈指の快腕に進化した。

 ■ 大分商「開催信じていた」川瀬主将は進学も(西日本スポーツ) 20/5/21

 ソフトバンク内野手の晃を兄に持つエースの川瀬堅斗主将は「甲子園の舞台で150キロを投げてプロへの道を拓く」という目標があっただけに「夏も中止になるかもしれないと頭の片隅にはあったが、開催を信じていた」と悔しがり、大学進学も考えていると明かした。

 ■ プロ注目大分商・川瀬が本格始動 兄はソフトバンク(日刊スポーツ) 20/4/14

 大分商の川瀬堅斗投手が14日、9日の全体練習再開後初めてシート打撃に登板し、夏の甲子園へ本格的なスタートを切った。渡辺正雄監督は川瀬のポテンシャルについて「タイプは違うが伸びしろは森下と一緒。だが森下にないエンジンの大きさ、ダイナミックさがある」と評す。熱心とされる巨人ロッテ日本ハムなど全12球団から注目を浴びる怪腕が、夢舞台へ力強く歩みを再開した。

 ■ 大分商 川瀬で快勝発進 6回2失点 兄はホークスの晃(西日本スポーツ) 19/7/11

 181センチ、80キロの大きな体がマウンドで存在感を放った。夏初戦は「6、7割の力で投げた」。6月の練習試合で自己最速の147キロを出したが、この日のMAXは143キロ。6回で9安打を浴び、2回以外は全て得点圏に走者を置いても要所でギアを上げて2失点にまとめた。どんな場面でも動じない川瀬を渡辺正雄監督は「超大物」と呼ぶ。現チームとなって背番号1をつけたが、昨秋の大分大会中に腰を疲労骨折。3カ月間体幹を鍛えた。今年5月、本格的に投球を再開すると球速が急激に伸び、145キロを超えた。兄と同学年の先輩で大学日本一になった森下暢仁は目標で励みになる存在。母校に来ると後輩に助言するドラフトの目玉に、川瀬は「直球(を投げた時)のフィニッシュや体幹を鍛えることを教わった。うれしかったし、刺激になる」と頭を下げる。プロの1軍でプレーする兄を見て「同じところに立ちたい。この夏アピールしたい」。意気込む右腕が6年ぶりの聖地へチームを引っ張る。

 ■ 大分商 4年連続で明豊に敗退(西日本スポーツ) 18/7/19

 大分商はコールドで大敗し、夏は4年連続で明豊の前で涙をのむ結果となった。6回からはソフトバンク川瀬晃の弟で、本格派の堅斗(1年)が登板。6回2死三塁のピンチでは強打者の浜田に真っ向勝負を挑んだ。「フルスイングで応えようと思った」という浜田を141キロの直球で空振り三振に切って取ったが、7回には適時二塁打を浴びるなど、終わってみれば8失点の苦い夏デビューとなった。
 笠谷が母校大分商の激闘にくぎ付けとなった。試合途中からは後輩川瀬の弟堅斗が登板。「141キロも出ていて能力はすごいこれを糧に頑張ってほしい」とエールを送った。

  プロフィール

 大分県大分市生まれ。
 川瀬 堅斗(かわせ・けんと)投手。
 賀来小入学前から賀来ヤンキースに入団し、賀来中では湯布院Bで最速135㌔のエース。
 5歳上の兄にSB・川瀬晃(15年6位)内野手。

 中学卒業後は兄も在籍した大分商業へ進学。
 1年時夏の県大会から背番号18でベンチ入りし、3回戦・明豊高戦で公式戦デビューを果たす。
 6回ウラ頭から2番手としてリリーフし、2死3塁で濱田から空振K(141㌔)を奪取。
 苦しい投球の中で力を垣間見せたが、7回に7失点し、1.2回8失点、7回7-14で敗退となった。
 同年秋の新チームでエースの座を掴むも腰の疲労骨折(手術)で戦線を離脱。
 怪我明け(2年時4月に再発)の2年時6月の練習試合で最速更新の147㌔を計測している。
 2年時夏の予選6戦中5試合に登板し、計28.2回13失点の粘投で準Vを達成。
 プロ注目右腕・翁長佳辰との投げ合いを制し、3回戦・文理大附戦で2-0完封勝ちを飾った。
 同年秋から自ら希望して主将に就き、大分大会2位での九州準優勝を達成。
 全10試合中7試合(先5)、計59回を投げ抜き、九州大会で3戦連続の完投勝利をマークした。
 県大会準V、九州準Vが最高成績。甲子園経験は無し。

 183cm86kg、将来性が魅力の147㌔長身右腕。
 セットポジションから重心を下げて早めに着地し、開き早めに右ヒジを柔らかく使った腕の振りから
 投げ下ろす最速147㌔、常時130㌔台中盤から140㌔強の力のある真っ直ぐと、
 110㌔台で縦に曲がるスライダー、110㌔前後の緩いカーブ、110㌔台で沈むチェンジアップ。
 最速147㌔直球が持ち味の本格派。2年6月の練習試合で147㌔を計測した。
 110㌔前後のカーブとの緩急。内外角低めを狙って投げ込む。1年時秋に腰の手術を経験した。
 好きな選手は森下暢仁(広島19年1位)。遠投110m。

  スカウトコメント

ソフトバンク・永井智浩編成育成本部長兼スカウト育成部長|20/8/18
 「春のイメージよりもだいぶよくなっているし、調整能力が高い」
ヤクルト・伊東昭光編成部長|20/8/10
 「川瀬(大分商)はバランスが良く、体の力がある素材型」
ソフトバンク・宮田善久スカウト|20/7/20
 「直球は昨夏の方が走っていると感じたが、試合慣れしていてピッチングがうまい。指先の感覚も器用。甲子園ではもっと調子が上がった投球をしてくれるはず」
DeNA・吉田孝司チーム統括本部顧問兼球団代表補佐|20/7/20
 「変化球をうまく使ったいい投球。面白い素材」
中日・米村チーフスカウト|20/7/12
 「カーブが非常にいい。足を痛めているそぶりを見せない。プロ(向きの)魂を持っている」
巨人・榑松スカウト部次長|20/7/11
 「高校生としては変化球のレベルが高い。一見、パワーピッチャーに見えるけど、野球センスがある」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2020年08月11日(火)|2020年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑