荘司 宏太(国士舘大)|ドラフト・レポート

荘司 宏太(国士舘大)

ここでは、「荘司 宏太(国士舘大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



171cm85kg 左左 MAX145km スライダー・カーブ・フォーク 駿台甲府
ガッチリとした小柄な左腕。直球に変化球を交えて三振を奪取。高3夏の県初戦で145㌔を計測した。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   19春: 12 0勝0敗   14  8  14  11  5  3.21二部
   19秋: 4 1勝0敗   7.2  5  9  4  3  3.52二部
   二部: 16 1勝0敗  21.2  13  23  15  8  3.32
          被安打率5.40 奪三振率9.55 四死球率6.23

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   19春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責(2部)
   東農大    0.2  0  0  1  0
           2  1  1  3  2
          0.1  0  0  0  0
   専修大     1  3  2  2  0
           0  0  0  1  0
          1.2  1  2  1  0
   日本大    2.1  1  3  0  1 
          1.1  0  2  1  0
          0.2  0  0  0  0
   拓殖大    1.2  2  1  1  2
   青学大    1.2  0  3  1  0
          0.2  0  0  0  0
           14  8  14  11  5 防3.21
       被安打率5.14 奪三振率9.00 四死球率7.07

 ■ 高校時代成績

   17夏予        回数 被安 奪三 四死 失点 
   3回戦:韮崎工業     1  0  2  0  0
   準々決:笛吹高校    5.1  3  9  2  0 138㌔
   準決勝:東海甲府     4  4  4  2  1
              10.1  7  15  4  1 防0.87(失点から算出)
           被安打率6.10 奪三振率13.06 四死球率3.48

   18夏予        回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:甲府工業 先  10.2  3  14  3  2 145㌔
              10.2  3  14  3  2 防1.69(失点から算出)
           被安打率2.53 奪三振率11.81 四死球率2.53

  最新記事

 ■ 駿台甲府 145キロ荘司散る(日刊スポーツ) 18/7/11

 プロ注目の左腕、荘司宏太投手が初戦で散った。自己最速を更新する145キロをマーク。3安打1失点で14三振を奪ったものの、延長11回に捕逸でサヨナラ負けした。今後について「プロでやってみたいだめなら大学で野球を続け、プロに挑戦したい」と言う。この日はプロ4球団が視察。巨人木佐貫洋スカウトからは「140キロ台を安定して出していたし、状態もいいリストの中の1人」と高く評価された。

   19秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   専修大    5.2  1  7  2  0 ○
   青学大     2  0  2  2  0
           0  2  0  0  1
   拓殖大     0  2  0  0  2
          7.2  5  9  4  3 防3.52
      被安打率5.87 奪三振率10.57 四死球率4.70

 ■ 駿台甲府、7回逆転で4強呼んだ2年生左腕の好リリーフ(スポーツ報知) 17/7/21

 春の県大会準優勝校・駿台甲府は、笛吹に4点を先行されながら、7回に逆転。7―4で勝利を収めた。2番手で登板した2年生左腕・荘司宏太が5回1/3を3安打9奪三振。この日最速138キロを記録した直球にカーブ、スライダーを織り交ぜる投球に、相手打者のバットは空を斬った。5回以降、打者18人から8つの三振を奪う力投でスコアボードに0を並べた。

  プロフィール

 東京都八王子市出身。
 荘司 宏太(しょうじ・こうた)投手。
 小学2年時に軟式チームで野球を始め、ひよどり山中時代は昭島シニアに所属。

 駿台甲府では1年時から控えとしてベンチ入り。
 旧チーム時代から主力の一角として起用され、2年時春に県準V・23年ぶり関東進出を果たす。
 関東大会初戦・前育戦(10回TB0-1)で3.1回2K1失点(責0)の力投を披露。
 続く夏の予選4戦中3試合に救援で登板し、計10.2回で15K、7安打1失点の結果を残した。
 準々決勝・笛吹戦で逆転勝利を呼び込む5.1回3安打9K0封のロングリリーフ。
 東海大甲府相手の準決勝(4-7で敗戦)で、4回4安打4奪三振1失点の粘投を演じている。
 2年時秋の大会でエースの座を掴むも、東海大甲府に再び敗れ県4強で敗退。
 3点のリードを奪いながら6回裏に追い付かれ、9回裏にサヨナラソロを浴びて3対4で惜敗した。
 3年時夏の予選は甲府工業に11回1対2サヨナラ完投負けで初戦2回戦敗退。
 145㌔を計測する力投で14Kを奪ったが、援護が少なく、11回裏2死1、3塁からの捕逸で敗れた。
 県準V、関東2回戦が最高成績。甲子園経験は無し。

 国士舘大では入学直後から2部ベンチ入り。
 1年時から年間16試合21.2回に救援で登板し、秋季リーグ開幕戦・専大戦で初勝利を収めた。
 2部通算16試合、1勝0敗、21.2回、防御率3.32。

 171cm85kg、ガッチリした体格の小柄な左腕。
 セットポジションから投げ込む最速145㌔直球が持ち味。スライダー、カーブ、フォークを織り交ぜる。
 ストレートと変化球とのコンビネーションで投球イニング数を上回る三振を奪取。
 3年夏の山梨大会2回戦・甲府工業戦(最速145㌔計測)延長11回14奪三振の力投を見せた。
 2年夏3試合10.1回で15K、3年春2試合10回で14K。

  スカウトコメント

巨人・木佐貫洋スカウト|18/7/11
 「140キロ台を安定して出していたし、状態もいい。リストの中の1人」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年12月31日(火)|2022年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2022年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑