石橋 翔(東海大札幌キャンパス)|ドラフト・レポート

石橋 翔(東海大札幌キャンパス)

ここでは、「石橋 翔(東海大札幌キャンパス)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



174cm80kg 右右 MAX148km 投手・外野手 武修館
プロ注目の最速148㌔本格派右腕。飛ばす力のある右の強打者。4番・エースとしてチームを牽引する。

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   19春:         登板無し
   19秋:         登板無し            
   通算:         登板無し

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   16秋            回数 被安 奪三 四死 自責 
   全 道1回戦:札幌創成     1  0  2  0  0
      2回戦:稚内大谷     2  2  1  0  0
                  3  2  3  0  0 防0.00
              被安打率6.00 奪三振率9.00 四死球率0.00

   17春            回数 被安 奪三 四死 自責 
   全 道1回戦:北広島高     5  3  5  4  2
      準々決:帯広大谷    0.1  0  1  0  0
                 5.1  3  6  4  2 防3.38
             被安打率5.06 奪三振率10.13 四死球率6.75

   17秋            回数 被安 奪三 四死 自責 
   全 道2回戦:函館工業 先   8  13  7  9  7
                  8  13  7  9  7 防7.88
             被安打率14.63 奪三振率7.88 四死球率10.13

   18夏予           回数 被安 奪三 四死 失点 
   地 区1回戦:弟子屈高 先   6  0  16  1  0封…6回ノーヒットノーラン
      2回戦:釧路湖陵 先   9  8  11  8  7
      代表決:釧路工業     5  0  3  5  0
   北大会1回戦:釧路江南 先   3  1  5     3
                  23  9  35    10 防3.91(失点から算出)
                    被安打率3.52 奪三振率13.70

  最新記事

 ■ すべて出し切れた 武修館・石橋翔投手(毎日新聞) 18/7/15

 帽子の裏に書かれた「ポジティブ」の言葉。武修館のエース石橋は、最後までその姿勢を貫き通した。3月に肘を痛め、この日も本調子ではない中での先発。最速148キロの直球は走らず、変化球で窮地をしのぐ状態で暴投もあり、三回までに3失点してマウンドを譲ったただ5三振を奪って被安打はわずかに1。「悔いはなかった」と言い切った。
 
        試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16秋全 道: 2 .375  8  3 1 0 0 1 0 1 0  .444  .500(4番/右)
   17春全 道: 2 .375  8  3 0 0 1 3 0 0 1  .375  .750(4番/右)
   17夏北大会: 2 .455 11  5 1 0 2 6         1.091(4番/右)
   17秋全 道: 1 .000  4  0 0 0 0 0 1 0 0  .000  .000(4番/投)
   通   算: 7 .355 31 11 1 0 3 10          .677

 ■ 武修館が乱打戦を制して初戦突破(スポーツ報知) 17/7/15

 武修館が、両軍計27安打の乱打戦を制した。5―5で迎えた8回2死一、二塁で4番・石橋翔右翼手(2年)が、一時勝ち越しの左越え3ラン。直後の裏に4点を奪われて逆転を許すも、8回2死一、二塁から3番手でマウンドに上がった石橋が無失点で切り抜けて9回の逆転を呼び込んだ

 ■ 武修館が接戦を制し5年ぶりに初戦を突破(日刊スポーツ) 17/5/31

 3年ぶり5度目出場の武修館が接戦を制し、12年以来5年ぶりに初戦を突破した。5-6の6回1死満塁から4番石橋翔(2年)の2点適時右前打などで5点を奪い逆転した。5打数2安打3打点で、決勝打を放った石橋は2回戦に向け「打撃で投打の流れをつくれるようにしたい」と前を向いた。

  プロフィール

 北海道厚岸町生まれ。
 石橋 翔(いしばし・しょう)投手兼外野手。
 厚岸町立厚岸中学校を経て釧路市の武修館高校に進学。
 中3夏に釧路選抜メンバー入りを果たした。

 武修館では1年時秋にライト兼リリーフとして全道デビュー。
 1年生ながら主軸4番としてスタメンで起用され、2戦8打数で3安打、2戦3回0封の実績を残す。
 翌2年春の全道大会1回戦・北広島高戦で5打数2安打3打点の活躍を披露。
 3回に左翼スタンドへの同点ソロ、6回に2点右安を放ち、10-9逆転での8強進出に貢献した。
 続く夏の予選で3戦連発と打棒を振い、北大会8強入り(旭大高5対6)を達成。
 北1回戦・遠軽高校戦で左3ランなど3安打、同準々決で左2ランなど2安打を記録している。
 2年時秋の予選で主戦の座を掴むも函工に4-9完投で敗れ全道初戦で敗退。
 翌3年夏の地区初戦・弟子屈戦で147㌔を投げ、6回参考ながら16三振ノーノーを達成した。
 同年3月に負った肘痛で本調子を欠き、釧江南に2-3で敗れ北1回戦で敗退。
 主に先発で4試合(先3)23回を9安打に抑え、投球回を上回る35三振(率13.70)をマークした。
 全道大会ベスト8が最高成績。甲子園出場の経験は無し。

 174cm80kg、プロ注目のピッチャー兼ライト。
 最速148㌔の真っすぐを持つ本格派右腕。右翼手レギュラーを経て2年秋から主戦投手を務める。
 弟子屈高校と対戦した3年夏の地区大会初戦で6回16Kノーノーを達成した。
 1年時から4番として活躍。長打力ある右の強打者。力強く振り切るスイングから強い打球を放つ。
 2年夏の予選で3戦連発。スイングスピードが速い。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2020年07月02日(木)|2022年大学生投手 | 札幌学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2022年大学生投手 | 札幌学生 コメント(0) Page Top↑