川合 勇気(神奈川大)|ドラフト・レポート

川合 勇気(神奈川大)

ここでは、「川合 勇気(神奈川大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



181cm84kg 右左 MAX145km スライダー・カーブ・フォーク 掛川西
最速145㌔直球を持つ本格派。主軸打者としてもチームに貢献。通算10発超のパンチ力を秘める。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   19春: 6  1勝1敗  13.2  7  14  6  1  0.66(2位)
   通算: 6  1勝1敗  13.2  7  14  6  1  0.66
          被安打率4.61 奪三振率9.22 四死球率3.95

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   17夏           回数 被安 奪三 四死 失点
   静岡2回戦:浜松開誠 先   7  1  3  3  0封
     3回戦:富士宮北 先   6  10       3
                 13  11       3 防2.08(失点から算出)

   18春           回数 被安 奪三 四死 失点
   地区2回戦:浜松湖東 先   8          0 
     3回戦:浜松工業 先   8          2
     準々決:菊川南陵 先   6  5       0
     決勝戦:常葉菊川     4          2
   静岡2回戦:静清高校 先   9  6       2
      準々決:市沼津     2  1  3  0  0
                 37          6 防1.46(失点から算出)

   18夏予          回数 被安 奪三 四死 失点 
   静岡2回戦:掛川東高 先   9  4  4  4  1
     3回戦:浜名高校 先   4  3       0
     4回戦:湖西高校 先   9  3  6  0  0封
     準々決:飛龍高校 先   3  6       4
     準決勝:島田商業 先   2  5  2  1  6 138㌔
                 27  21       11 防3.67(失点から算出)

  最新記事

 ■ 飛龍8強、逆転で静岡撃破(産経ニュース) 18/7/23

 県内4球場で4回戦8試合が行われ、ベスト8が出そろった。掛川西と湖西は六回までは1-0と掛川西・川合、湖西・水野の両投手が力投。掛川西が七回裏、9番・三浦の二塁打で2得点追加し、3-0で投手戦を制した

   19春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   神工大     2  0  3  0  0
   関東大    2.1  0  2  1  0 ○
           3  2  2  1  0
   横国大     1  1  1  1  0
          1.1  1  2  2  1 ●
   桐蔭大     4  3  4  1  0
          13.2  7  14  6  1 防0.66
       被安打率4.61 奪三振率9.22 四死球率3.95

      試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18夏予: 5 .444  18  8 1 0 0 2          .500

 ■ 掛川西・川合、プロも注目145キロ右腕&長打力(日刊スポーツ) 18/6/22

 掛川西はエースで3番の川合勇気投手がキーマンになる。145キロの直球を投じる本格派右腕で、通算10本塁打を超える長打力も備える。その能力には、プロも注目している。同校の2学年上で、エースだった兄隼人(法大2年)も届かなかった聖地へ。投打で川合がチームをけん引する。掛川西の川合は今月初旬、豊川との練習試合で球速145キロをマークした。追求しているのは、「真ん中でも空振りを取れる直球」。巨人の菅野智之を意識し、回転数や球威に磨きをかけている。同校OBで元横浜の鈴木寛樹コーチも「球速もあり、制球もいい『投手らしい投手』フォームのバランスも理想的で、あとは勝負強い投球ができるかどうか」と期待を寄せる。

 ■ 掛川西7回コールド勝ち! 川合が1安打0封(スポーツ報知) 17/7/17

 シード校の掛川西は浜松開誠館を2年生エース川合勇気が1安打に封じ7回コールド勝ちした。2年180センチ、78キロの大型右腕。「制球力は微妙だったけど、球自体は良かった」。3四死球のうち2つの死球は、打者の内角を攻めた結果。6月上旬に、センバツ出場した滋賀学園との練習試合で6回を無失点に抑えたのが自信になっている。

  プロフィール

 神奈川県横浜市生まれ。
 川合 勇気(かわい・ゆうき)投手。
 西郷小1年時から軟式野球を始め、掛川北中では軟式野球部に所属。
 中学3年春に全国大会出場を達成した。

 中学卒業後は兄の在籍する掛川西高に進学。
 1年秋の新チーム(県1回戦)で主戦の座を掴み、翌2年春に県大会ベスト8進出の実績を残す。
 2年夏(3回戦敗退)の予選初戦・浜松開誠館戦で7回1安打0封勝ちを記録。
 同年秋(県大会2回戦敗退)から4番に座り、翌3年時春の大会で2発を放つ活躍を見せた。
 投げては7試合中6試合(先4)に登板し、計37回を6失点に抑える力投を披露。
 県大会2回戦・静清戦で2失点完投勝利、準々・市沼津戦で先制右2ランを記録している。
 同試合で2回1安打3K無四球0封の好リリーフを見せるも4-7で競り負け敗退。
 投打両面の資質でプロスカウトの注目を集め、6月の練試・豊川戦で最速145㌔を計測した。
 3年夏の県大会は島田商に7対18(2回6失点ノックアウト)で敗れベスト4敗退。
 水野と投げ合った4回戦で3-0完封勝利を収め、打ち込まれた準決勝で意地の3安打を放った。
 2学年上のチームメイトに兄・川合隼人投手(現法大)ら。

 神奈川大では1年春からベンチ入り。
 いずれも救援で12戦中6試合、13.2回に登板し、2.1回を0封した関東2回戦で初勝利を収めた。
 通算6試合、1勝1敗、13.2回、防御率0.66。

 181cm84kg、プロ注目の最速145㌔本格派右腕。
 ワインドアップから重心を落として早めに着地し、右ヒジを柔らかく使った腕の振りから投げ込む
 最速145㌔、常時130㌔台前半から後半(高3夏の県準決)の力のある直球と、
 110㌔台のスライダー、100㌔台のカーブ、その他の持ち球として120㌔強のフォークを操る。
 目標の投手は巨人・菅野智之。空振りの取れる回転の多い直球を追及する。
 高校通算10本塁打超の長打力を秘めた左の主軸打者。3年春の大会で2本塁打を放った。
 投打両面の資質でプロスカウトから注目されている。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年05月20日(月)|2022年大学生投手 | 神奈川大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2022年大学生投手 | 神奈川大学 コメント(0) Page Top↑