源 隆馬(火の国サラマンダーズ)|ドラフト・レポート

源 隆馬(火の国サラマンダーズ)

ここでは、「源 隆馬(火の国サラマンダーズ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 横浜 西武 中日 日ハム 広島 福岡 巨人 楽天 阪神 千葉 東京 オリ
    【22候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



178cm81kg 右左 MAX147km スライダー・カーブ・チェンジ・フォーク 国学大中退 22歳
最速147㌔の直球と縦の変化球。U18代表を1回1安打0封、小園・根尾・野尻から空振りKを奪った。
最終更新日:2022-03-07 (Mon)|独立リーグ候補 東都大学 コメント(1)

  動 画

  投手成績

 ■ 独立リーグ時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   21年: 13  5勝2敗    58  54  38  23  17  2.64
   通算: 13  5勝2敗    58  54  38  23  17  2.64
           被安打率8.38 奪三振率5.90 四死球率3.57

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   19春:        登板無し
   19秋: 3 0勝0敗    3  3  0  6  3  9.00
   20春:        開催中止            
   通算: 3 0勝0敗    3  3  0  6  3  9.00
         被安打率9.00 奪三振率0.00 四死球率18.00

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   19秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   駒澤大     1  1  0  0  0
   東洋大     1  2  0  3  3
           1  0  0  3  0
           3  3  0  6  3 防9.00
      被安打率9.00 奪三振率0.00 四死球率18.00

 ■ 高校時代成績

   17夏予        回数 被安 奪三 四死 失点 
   1回戦:小林秀峰 先   9  5  11  5  1
   2回戦:日南高校 先   5  1  7     0
   3回戦:延岡学園 先   9  7  8  3  0封
   準々決:宮崎日大 先  6.2  5        ?
              29.2  18       ?

   18夏予        回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:小林高校 先   9  1  16  4  0封144㌔
   3回戦:小林西高 先  3.2  8       12
              12.2  9       12 防8.53(失点から算出)

   18年8月       回数 被安 奪三 四死 失点
   壮行試合:U18代表    1  1  3  0  0 147㌔

  最新記事

 ■ 宮崎学園・源隆 16K完封(西日本スポーツ) 18/7/13

 宮崎学園のエース源隆馬が小林に対して16奪三振で1安打完封勝利を飾った。最速146キロの九州屈指の右腕が評判通りの快投を披露した。初回に1安打を許したが2回以降は無安打自己最多の16Kと乗りに乗った。初回からこの日最速144キロの直球を中心に相手打者を圧倒した。

   21年(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 失点
   琉球BO     2  1  2  0  0
   大分B     3  2  2  1  0 ○
   高知FD 先   9  1  3  0  0 ○封
   大分B 先   5  6  4  1  1 ○
   大分B     1  0  3  1  0
   大分B 先   5  5  2  1  2
   大分B 先   5  4  2  2  1 ○
   大分B 先   7  7  5  3  2
   福岡SB 先   7  4  6  4  2
   琉球BO 先   5  7  4  2  1 ○
   大分B     2  4  1  3  4 ●
   大分B 先   2  10  2  2  9 ●
   大分B 先   5  3  2  3  0 
           58  54  38  23  22 防2.64
       被安打率8.38 奪三振率5.90 四死球率3.57

   【球速変遷】高2夏143㌔→高2秋144㌔→高3夏147㌔

 ■ 宮崎大会来月7日開幕(西日本スポーツ) 18/6/21

 春夏連続出場を狙う延岡学園は6月の県選手権も制し、好調を維持。2年連続の夏の甲子園出場を目指す聖心ウルスラ学園が対抗。選抜大会に出場した富島は終盤の粘りが持ち味。プロ注目右腕の源隆馬を擁する宮崎学園やタレントがそろう宮崎日大、日南学園、日章学園が続く。

 ■ 大会中に急成長「来年こそ」 宮崎学園の2年・源隆馬投手(asahi.com) 17/7/20

 2年前、決勝の舞台で戦う先輩の姿を見て、背番号「1」に憧れを抱いた。源隆馬投手(2年)は宮崎学園への進学を決断した。今大会は全試合に先発。3回戦では優勝候補の延岡学園に対し、終盤にも140キロ超を連発圧巻の完封勝利に、敵将も「甲子園級の直球だった」。今大会の主役候補に一気に名乗りをあげた。大会1カ月前は最速141キロだった直球も143キロを記録するなど、大会中に急速な成長を見せた。

  プロフィール

 宮崎県宮崎市出身。
 源 隆馬(みなもと・りゅうま)投手。
 大塚台少年野球クラブで野球を始め、生目中学校を経て宮崎学園に進学。

 宮崎学園では1年生で夏大(初戦敗退)デビュー。
 当初、リリーフ右腕として公式戦の経験を積み、2年時春の大会(県2回戦)からエースを務める。
 2年生の5月の県選手権予選・宮商戦で、ノーヒット14K、4-1完投勝ちを記録。
 続く2年時夏の予選全4戦の先発を務め、3回戦まで3戦23回26K、13安打1失点と好投した。
 最速147㌔右腕・木幡を擁する宮崎日大に3-9(6.2回KO)で敗れ8強で敗退。
 プロ注・藤谷勇介と投げ合った3回戦・延学戦で、7安打8三振、2-0完封勝ちを収めている。
 最速143㌔右腕として一躍注目されるも、2年時秋、3年時春と県初戦で敗退。
 3年生の5月の鹿実戦で2安打0封をマークし、プロから九州地区NO.1右腕の評価を受けた。
 3年時夏の予選は小林西に5回1-14(4回途中12失点)で敗れ3回戦で敗退。
 初戦2回戦・小林戦で自己最多16K1安打(2回以降無安打)5-0完封の快投を演じている。
 早期敗退ながら宮崎選抜に選ばれ、8月の壮行試合・U-18戦に9回から登板。
 147㌔を投げるなど9割方直球の力勝負を挑み、直球で小園根尾野尻から空振りKを奪った。
 県大会ベスト8が最高成績。甲子園出場経験は無し。

 国学院大学では1年生の秋からベンチ入り。
 救援でリーグ戦デビューを果たしたが、2年時4月に中退し、同冬、九州独立・火の国に入団した。
 リーグ通算3試合、0勝0敗、3回、防御率9.00。

 火の国サラマンダーズでは1年目からリーグ戦に出場。
 開幕から先発投手陣の1人としてチームを支え、九州アジアL全51戦中9試合の先発を務める。
 5月11日に行われた高知FD戦で、1安打無四球、6対0初完投初完封を記録。
 計58イニングを38奪三振22失点(責17)に抑え、5勝2敗、防2.64(3位)で規定到達を果たした。
 リーグ通算13試合、5勝(1完投1完封)2敗、58回、防御率2.64。

 178cm81kg、プロ注目の最速147㌔本格派右腕。
 ワインドアップからゆっくりと始動して重心を下げ、着地早めに右肘を柔らかく使った腕の振りから
 投げ込む最速147㌔の伸びのある真っ直ぐと、スライダー、チェンジアップ、フォーク。
 ストレートで押す本格派。小園海斗根尾昂野尻幸輝から空振りKを奪った実績を持つ。
 140㌔超の真っすぐと縦の変化球にはプロも注目。九州No.1右腕とも評された。
 2年5月の宮崎商業戦でノーヒット投球(1失点)、3年7月の小林高校戦で16Kを記録している。
 2年夏に143㌔、秋に144㌔、3年夏に147㌔を計測した。

  スカウトコメント

プロスカウト|18/6/14
 「(鹿実を2安打完封)九州の右腕で一番上にきた」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2022-03-07 (Mon)|独立リーグ候補 | 東都大学 コメント(1) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
ほんとすごかった
あの試合がこの人の未来を変えることになったかもしれない
| 。・。 | 2018年09月01日(Sat) 01:15 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:独立リーグ候補 | 東都大学 コメント(1) Page Top↑