大関 竜登(白鴎大)|ドラフト・レポート

大関 竜登(白鴎大)

ここでは、「大関 竜登(白鴎大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



大関 竜登(白鴎大)

183cm78kg 右右 MAX146km 真岡工業
最速146㌔直球を持つスリークォーター右腕。神宮で146㌔をマークした。縦のスライダーを織り交ぜる。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   17春:        登板無し
   17秋: 1 0勝0敗  1.1  2  1  1  1  6.75
   18春:        登板無し
   18秋: 10 1勝0敗   18  13  16  8  3  1.50
   19春: 7 2勝1敗  19.1  16  11  7  4  1.86
   19秋: 5 3勝0敗   27  18  29  9  5  1.67(2位)
   通算: 23 6勝1敗  65.2  49  57  25  13  1.78
         被安打率6.72 奪三振率7.81 四死球率3.43

 【 全国大会 】
   18選  回数 被安 奪三 四死 自責
   中京大  0.1  0  0  0  0 146㌔(神宮)
   福祉大  1.2  2  3  0  0 145㌔(神宮)
         2  2  3  0  0 防0.00
    被安打率9.00 奪三振率13.50 四死球率0.00

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   19春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   新医大 先  6.2  5  2  2  1 ○
   山学大    4.2  2  3  3  0
   作新大     3  2  1  1  0 ○
       先  0.2  4  0  1  3 ●
   平国大    0.1  1  1  0  0
   上武大    1.1  1  2  0  0
          2.2  1  2  0  0
          19.1  16  11  7  4 防1.86
       被安打率7.45 奪三振率5.12 四死球率3.26

   19秋(2完2封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   平国大    0.2  2  0  1  2
   山学大 先  3.1  5  2  2  2
   作新大 先   5  4  7  1  1 ○
   新医大 先   9  4  13  1  0 ○封
   上武大 先   9  3  7  4  0 ○封
           27  18  29  9  5 防1.67
       被安打率6.00 奪三振率9.67 四死球率3.00

  プロフィール

 栃木県宇都宮市出身。
 大関 竜登(おおぜき・りゅうと)投手。
 宇都宮市立清原中学校を経て真岡工業に進学。

 真岡工業では1年時夏から控え投手としてベンチ入り。
 翌2年夏の予選(5番・遊撃手)を2回戦で終え、同年秋の新チームから主将及び4番を務める。
 一塁手兼投手としてチームを引っ張り、9年ぶりとなる県大会4強進出を達成。
 計29.1回で自責3、防御率0.92の実績を残し、北関東選抜(12月に豪遠征)に選出された。
 3年時夏の予選(主将・4番・エース)は白鴎大足利に0-2で敗れ初戦で敗退。
 0対2の4回表から2番手としてリリーフで登板し、敗戦の中で6回1安打無失点の好投を見せた。
 栃木大会ベスト4が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 白鴎大では1年時秋からリーグ戦に出場。
 主戦候補として期待されながら肘痛で伸び悩み、2年生の秋になってリリーフで初勝利を収める。
 3年時秋のリーグ戦で先発の座を掴み、3勝無敗、防1.67(2位)で初十傑入り。
 全5カード中4カードで2回戦の先発を務め、新医&上武を相手に2戦連続完封を記録した。
 全国大会には2年春の第67回全日本大学野球選手権(8強に進出)に出場。
 いずれもリリーフとして全2試合に起用され、合計2イニングで3K、防御率0.00の実績を残した。
 2点リードの9回二死三塁から登板した1回戦・中京大戦で最速146㌔を計測。
 続く東北福祉大戦で1.2回3三振を記録したが、TB10回無死満塁から犠飛を許して惜敗した。
 通算23試合、6勝(2完投2完封)1敗、65.2回、防御率1.78。

 183cm78kg、最速146㌔直球を持つ本格派右腕。
 ノーワインドからタメて前傾しながら早めに着地し、右ヒジを使ったスリークォーターの腕の振りから
 投げ込む最速146㌔直球と、120㌔前後のスライダー、130㌔台のシュート系。
 常時140㌔強から140㌔台中盤(救援時)の伸びのある真っすぐに縦のスライダーを織り交ぜる。
 ケガ明けで臨んだ2年春の選手権で146㌔を計測した。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年12月20日(金)|2020年大学生投手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生投手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑