東山 玲士(同志社大)|ドラフト・レポート

東山 玲士(同志社大)

ここでは、「東山 玲士(同志社大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



177cm80kg 右右 MAX146km スライダー・カット・カーブ 丸亀高
伸びのある直球とスライダー、カーブなどの変化球。高3春に146㌔計測。進学校を主戦として支えた。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   19春:        登板無し
   19秋:        登板無し             
   通算:        登板無し

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   17夏(背番号9)    回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:英明高校 先   5  9  1  1  5
   3回戦:藤井高校 先   9  3  6  4  1
   準々決:高松高校 先   7  5  5  0  1
   準決勝:丸亀城西 先   3  6  1  2  3
               24  23  13  7  10 防3.75(失点から算出)
           被安打率8.63 奪三振率4.88 四死球率2.63

   17秋(背番号1)    回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:藤井高校 先   9  5       0封
   3回戦:観音寺総 先  11  9       2
   準々決:英明高校 先   9  7  7  3  1
               29  21       3 防0.93(失点から算出)

   18夏(背番号1)    回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:高松南高     1  0  2     0
   3回戦:観音寺総    2.2  3       3
              3.2  3       3 防7.36(失点から算出)

  最新記事

 ■ 「助けられ成長した」 丸亀・東山玲士投手(asahi.com) 18/7/18

 延長十回、丸亀のエース東山玲士は、右腕で顔の汗を何度もぬぐった。変化球はストライクゾーンを外れ、自慢の直球も思うように伸びない。中学時代はエースで4番。高校では1年夏からマウンドを任され、昨年の香川大会は、2013年に優勝して以来のベスト4進出に貢献した。最速146キロプロ注目の本格派右腕。前評判に恥じない実力と自信とともに、最後の夏に臨むはずだった。右肩が痛み始めたのは、春の大会を終えたころ肩に炎症があると診断され、投球練習がほとんどできなくなった。

 ■ 秋の高校野球 県大会 あす準々決勝(毎日新聞) 17/10/6

 秋季四国地区高校野球県大会は7日、準々決勝4試合が予定されている。レクザムスタジアムの第1試合は、英明-丸亀。三本松を完封した英明の黒河竜司投手(1年)と丸亀の東山玲士投手(2年)の両右腕の投げ合いが注目される。

 ■ 丸亀止まらん快進撃 “進学校対決”制し4年ぶり4強進出(デイリースポーツ) 17/7/20

 丸亀が高松との“進学校対決”を制して、4年ぶりの準決勝進出を決めた。勝利の立役者はMAX140キロの2年生右腕・東山玲士投手だ。背番号は「9」だが、今大会は初戦から3試合連続の先発。球威のある直球を主体に7回1失点で試合を作り、「低めに伸びのある球を投げられた」と胸を張った。

  プロフィール

 香川県坂出市出身。
 東山 玲士(ひがしやま・れいじ)投手。
 小学校1年時から野球を始め、坂出中を経て丸亀高に進学。

 丸亀高校では1年時からベンチ入り。
 同年夏の予選全4試合に主戦格として登板し、2回戦・高専高松戦で2対1完投勝ちを収める。
 1年時秋の予選で主戦の座を掴み、翌春初戦・高松東戦(4-5)で15Kを記録。
 2年時夏の県大会全4戦に背番号9で先発し、計24回10失点の粘投で4強まで勝ち進んだ。
 2年時秋から再び背番号1番を背負い、計29回3失点の活躍で県8強に進出。
 四国大会準V校・英明と対戦した準々で、9回7K、7安打0対1完投の好投を披露している。
 自己最速を145㌔まで伸ばしたことでプロスカウトからも注目される存在に浮上。
 翌3年春の県3回戦・多度津戦で146㌔を投げ、延長10回166球、7-6完投勝利を記録した。
 3年時夏の予選は観音寺総合に10回5-8(2.2回3失点)で敗れ3回戦で敗退。
 春季大会後に発症した肩痛で本調子を欠き、抑え投手として2試合3.2イニングのみ登板した。
 県大会4強が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 177cm80kg、プロ注目の最速146㌔右腕。
 ワインドアップからやや身体を捻って重心を下げ、右ヒジを柔らかく使った腕の振りから投げ込む
 最速146㌔の伸びのある直球と、スライダー、カットボール、カーブなどの変化球。
 進学校をエースとして支える本格派右腕。3年春の県大会で最速146㌔(丸亀)をマークした。
 2年夏24回で奪三振率4.88、四死球率2.63。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2020年06月20日(土)|2022年大学生投手 | 関西学生 コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2022年大学生投手 | 関西学生 コメント(0) Page Top↑