蛭間 拓哉(早大)|ドラフト・レポート

蛭間 拓哉(早大)

ここでは、「蛭間 拓哉(早大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



蛭間 拓哉(早大)

176cm84kg 左左 外野手 遠投95m 50m6秒1 浦和学院
高校通算28発、強肩強打のプロ注目外野手。甲子園でセンター左へのソロ。高1春から中軸を担う。

  動 画

  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   19春: 6 .000  4  0 0 0 0 0 3 0 0  .000  .000
   19秋: 6 .250  20  5 2 0 0 1 5 1 0  .286  .350
   通算: 12 .208  24  5 2 0 0 1 8 1 0  .240  .292

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18夏: 3 .273 11  3 1 0 1 1 1 2 1  .385  .636(3番/中)
   通算: 3 .273 11  3 1 0 1 1 1 2 1  .385  .636

 【 国際大会 】
   U18  試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18アジア: 5 .357 14  5 4 0 0 3 1 5 0  .526  .643
   通 算: 5 .357 14  5 4 0 0 3 1 5 0  .526  .643

  最新記事

 ■ 浦学・蛭間 打倒・大阪桐蔭かなわず「根尾、藤原に負けないよう努力」(スポニチ) 18/8/19

 急に涙があふれた。「勝って森先生を男にしたかった。本当に悔しい」。浦和学院の蛭間は主将として先頭に立ってきた。小6で西武Jrに選ばれ、NPBジュニアトーナメントに出場。中日Jrに根尾、オリックスJrに藤原がいた。「注目されていた」という2人が進んだ大阪桐蔭を倒して日本一になることが、唯一無二の目標だった。1年の冬。練習のつらさなどで渡辺が寮を出て野球から離れかけた時、「今はつらくても、戻れば必ずいいことがあるから」と励ました。蛭間自身も順風満帆ではない。腰痛がひどく、大阪桐蔭との練習試合もあった3月は「野球ができる状態ではなかった」という。1年から4番を張った好選手。「プロに行きたい気持ちはあるけど、技術面はまだまだ根尾、藤原に負けないように努力していく」ときっぱり言った。

       試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16春関東: 1 .000  3  0 0 0 0 0 1 0 0  .000  .000(4番/右)
   16夏埼玉: 3 .200  10  2 0 0 0 0          .200(4番/右)
   16秋関東: 1 .500  4  2 0 0 1 1 0 0 0  .500 1.250(3番/右)
   17春関東: 4 .286  14  4 0 0 0 1 2 3 0  .412  .286(4番/右)
   17夏埼玉: 7 .444  27 12 2 2 4 13 3 3 2  .500 1.111(4番/右)
   18春関東: 2 .571  7  4 0 0 1 2 2 2 0  .667 1.000(5番/中)
   18夏南埼: 6 .440  25 11 2 0 1 7 2 3 9  .500  .640(3番/中)
   通  算: 24 .389  90 35 4 2 7 24          .711

 ■ 浦和学院、5年ぶり13度目聖地!蛭間の3ランなど17点(スポーツ報知) 18/7/24

 浦和学院が19安打17得点の猛攻で県川口に大勝。埼玉での決勝最多得点を更新し、夏の甲子園に5年ぶり13度目の出場を決めた。頂点に上り詰めた瞬間、中堅から猛ダッシュした蛭間拓哉は、一番最後に歓喜の輪に加わった。勝負強さを発揮した。1点を勝ち越した直後の2回2死一、二塁。甘く入った直球を引っ張り、弾丸ライナーで右翼席へ。「一本打ちたいと思っていた。決勝で打てて良かった」。今夏1号となる高校通算27号3ランで主導権を握り、19安打17得点の圧勝劇へ導いた。

 ■ 浦和学院が敗退 プロ注目蛭間が同点弾も勝利に届かず(デイリースポーツ) 18/5/21

 前年覇者の浦和学院が接戦の末に敗退した。プロ注目の蛭間拓哉外野手が1点を追う七回に値千金の同点弾。反撃ムードが漂った直後の八回に勝ち越され、春連覇を逃した。七回の先頭として打席へ。高めの直球を引っ張ると、右翼へ高校通算23号。4日の埼玉大会決勝で土壇場の九回に同点アーチを放っており、逆転勝ちへの機運が高まったが届かなかった。視察したソフトバンク・宮田スカウトは「走塁センスがいい。(走攻守)三拍子そろっている」と能力の高さを評価。2年連続となる春の関東制覇はかなわなかったが、主将として「気持ちでまとめる」と蛭間は視線を夏へ向けた。

過去記事

 ■ 浦和学院が花咲徳栄にサヨナラ勝ち 蛭間が九回同点弾(デイリースポーツ) 18/5/4

 浦和学院が逆転サヨナラで6年連続15回目の優勝を飾った。1点差の九回、プロ注目の蛭間拓哉外野手が同点ソロ。なおも攻め立て2死満塁から押し出し死球で決勝点を挙げ、昨夏の甲子園優勝校・花咲徳栄を破った。1点ビハインドの九回。初球、外角高めの直球を振り抜くと、打球はぐんぐん伸びてバックスクリーンやや左へと吸い込まれた高校通算21本目となるアーチが劇的な勝利への号砲となった。結果が出ずに苦しんでいた。2月中旬の練習中に腰を痛めた影響で調整を満足に進められず。不安を抱えた中で放った豪快な当たりに、雄たけびを上げながらダイヤモンドを一周した。

 ■ 浦和学院“BIGBANG”蛭間、3戦連発(スポーツ報知) 17/7/18

 浦和学院の2年生4番・蛭間拓哉右翼手が3試合連発の右越え2ランを放った。今大会は通算12打数9安打、4本塁打、11打点と絶好調高校通算本塁打は10。「自分の体の中のポイントで打てるようになった」と満足そうに振り返った。

 ■ 浦和学院4番蛭間が2打席連発でコールド勝ち(日刊スポーツ) 17/7/15

 浦和学院の4番、蛭間拓哉外野手(2年)が2打席連続本塁打を放ち8回コールド勝ちに貢献した。4回の第2打席で右中間へソロ本塁打。6回の第3打席では中堅右へ特大のソロを放った。初戦(2回戦)の三郷戦でも本塁打を含む5打数5安打7打点と猛打。これで2試合通算、8打数7安打、3本塁打、9打点となった。

  プロフィール

 群馬県桐生市生まれ。
 蛭間 拓哉(ひるま・たくや)外野手。
 相生小学校3年から軟式野球を始め、相生中では前橋桜ボーイズで関東V。
 小学6年時に西武ライオンズJr.入りを果たした。

 浦和学院では1年時春からベンチ入り。
 初先発の県準決・上尾戦で2打点の結果を残し、翌決勝・花咲徳栄戦から4番打者を務める。
 以降、主に4番ライトとしてチームを支え、2年時夏の予選で4発13打点をマーク。
 初戦・三郷戦で3ランを含む5長打を放つなど、7試合で12安打8長打、打率.444を記録した。
 真ん中スラを右中間、内寄り直球を中堅右と、3回戦・浦和高戦で2打席連発。
 大会3戦目の4回戦・春日部東戦で3戦連発&4発目となる右2ラン(甘いスラ)を放っている。
 後の全国V校・徳栄と決勝戦で当たり、綱脇清水の前に4の0とふるわずV逸。
 2年時秋の予選から主将・中堅(3番)を務め、3年間で高校通算28本塁打の実績を残した。
 3年時春(5番)の県決勝戦・徳栄戦(6-5)で中堅左への9回同点弾をマーク。
 続く関東大会準々決勝・健大高崎戦(6対7)で一時同点とする右越えソロを記録している。
 同夏の南大会に3番・中堅として挑み、打率.440本1の活躍で5年ぶりVを達成。
 6戦9盗塁(準々で3盗塁)と積極走塁を見せ、決勝戦・県川口戦でライトへの3ランを放った。
 甲子園本大会では初戦・仙育戦で攻守の活躍(2安打&ダイブ捕球)を披露。
 初回に右安(外低めボール球直球、2盗)を放ち、8回に中堅左ソロ(外寄り直球)をマークした。
 同学年のチームメイトに佐野涼弥渡邉勇太朗ら。

 176cm84kg、3拍子揃った強肩強打のプロ注目外野手。
 通算28発、鋭く振り切るスイングから強い打球を弾き返す左の強打者。1年春から中軸に座る。
 インコースに詰まらされる場面もあるが、甘いコースに入れば豪快な一発をマーク。
 内寄り甘め直球をセンター右に叩き込むなど、2年夏の予選7試合で4本塁打を積み上げた。
 1年春の県大会終盤から右翼手でレギュラー。2年秋から主将&中堅手を担う。
 強肩も魅力の一つ。甲子園準々3回1死満塁からの中飛で本塁突入を阻む好返球を見せた。
 一塁到達4.2秒台から4.3秒台。積極的に次の塁を狙う。

  スカウトコメント

ソフトバンク・宮田スカウト|18/5/21
 「走塁センスがいい。(走攻守)三拍子そろっている」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2020年04月18日(土)|2022年大学生野手 | 東京六大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
即戦力とは言わないが、2年か3年で、ちゃっかりどこかのポジションを確保している可能性がある実践型。外野が手薄な中日、ヤクルトあたり絶対欲しい選手の一人だね。
雄平クラスに育つ可能性は十分にある
| 熊猫 | 2018年08月20日(Mon) 17:11 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2022年大学生野手 | 東京六大学 コメント(1) Page Top↑