海田 智行(日本生命)|ドラフト・レポート

海田 智行(日本生命)

ここでは、「海田 智行(日本生命)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



179cm80kg 左左 MAX143km カット・スライダー・カーブ・フォーク 賀茂→駒大 2年目
常時130㌔台の直球とカット、スライダー。コーナーに投げ込み打たせて取る技巧派左腕。
2011年オリックス4位

  動 画

  投球成績

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   10都: 1  2.2  5  1  1  1 137㌔ JR東日本
   11都: 3 24.1  19  7  7  4
         5.1  5  1  2  1 137㌔ 77銀行
         8.2  5  3  3  1 139㌔ 東  芝
        10.1  9  3  2  2 137㌔ NTT東
   通算: 4  27  24  8  8  5 防1.67
     被安打率8.00 奪三振率2.67 四死球率2.67 

 【 公式戦成績 】
     試合 回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 被安率 奪三率 四死率 
   10年: 11 58.1  42  33  13  2  0.31  6.48  5.09  2.01

 ■ 大学時代成績

      試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   06春:  1  0勝0敗   0.2  2  1  1  2 27.00
   06秋:  8  2勝2敗  49.1  45  22  11  11  2.01(2位)
   07春: 10  5勝4敗  60.2  48  50  18  23  3.41(7位)
   07秋:  5  0勝2敗   16  17  4  9  8  4.50
   08春:  6  0勝1敗   16  18  8  9  5  2.81
   通算: 30  7勝9敗 142.2 130  85  48  49  3.09
           被安打率8.20 奪三振率5.36 四死球率3.03
   08秋:  8  4勝2敗  59.1  52  28  22  12  1.82(二部)
   09春:  8  3勝2敗  44.1  32  34  20  6  1.22(二部) 
   09秋: 11  3勝3敗  48.1         21  3.91(二部)
   通算: 27 10勝7敗  152  84  62  42  39  2.31(二部)
          被安打率7.29 奪三振率5.38 四死球率3.65

 【 国際大会 】
      試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   07日米: 3  6.1  3  5  3  0 89マイル(≒143㌔)

  最新記事

 ■ 岡田監督、日本生命・海田の都市対抗酷使に悲鳴(スポーツ報知) 11/10/31

 オリックス・岡田彰布監督が30日、ドラフト4位で指名した日本生命・海田智行投手(24)の都市対抗野球での酷使に泣きを入れた。「中2日で11イニング(近く)投げてるんやで。他に投手おらんのか」と、3日間で19イニングを投げた左腕の体調が気が気でない様子だった。海田は27日の東芝戦で8回2/3を1失点で勝ち投手になり、生観戦した高代ヘッドコーチから掘り出し物との報告を受けていた。指揮官はこの日、中2日で海田が先発した準決勝をテレビ観戦。西武の2位指名を受けたNTT東日本の小石との投げ合いで、10回までは両投手ともにゼロを並べる投手戦で即戦力ぶりを確認したものの、終盤は回を重ねるごとに顔が引きつった。結局は10回1/3を2失点で負け投手に。来季の先発候補として、左腕への期待は膨らむばかりだ。
 日本生命・海田の粘投は実らなかった。小石を向こうに回し、スライダー、カーブ、カットボールなど多彩な変化球で10回まで無失点。だが疲れが見え始めた11回に1死一、三塁のピンチを招き、マウンドを降りた。2番手が打たれ、左腕は「相手は意識せず、攻撃につながる投球を意識したんですが…」と無念の表情を浮かべた。(スポニチ)

   11都     回数 被安 奪三 四死 自責
   77銀行 先  5.1  5  1  2  1 137㌔
   東  芝 先  8.2  5  3  3  1 139㌔
   NTT東 先 10.1  9  3  2  2 137㌔
          24.1  19  7  7  4 防1.48
       被安打率7.03 奪三振率2.59 四死球率2.59

 ■ 日本生命左腕アピール オリックス編成部長「技術を持っている」(スポニチ) 11/10/23

 日本生命は今秋ドラフト候補の左腕・海田が、都市対抗優勝3度の名門に4年ぶりの1勝をもたらした。1日からパナマで開催されたW杯に日本代表として出場し、15日にチームに再合流。調整に苦しんだが、6回途中3失点と粘り強く投げ「一番重要と思っている初回を抑えることができたので、6回まで行けた」。ネット裏でチェックしたオリックス・長村裕之編成部長は「打たせて取る技術を持っている」と評価していた。

 ■ 海田13安打も1失点!日本生命53度目決めた(スポーツ報知) 11/6/28

 日本生命は都市対抗野球の大阪・和歌山地区予選の第2代表決定戦に、今秋ドラフト候補最速143キロ左腕・海田智行(23)が登板。13安打を浴びながら9回1/3を1失点の粘投で、53度目の出場を決めた。9割以上を直球とカットボールで組み立てた。震災の影響で、ドラフトイヤーに開かれる唯一の全国大会に向け「自分のレベルをもっと上げたい」と意気込んだ。

 ■ 新人左腕が1点守る(毎日jp) 10/6/23

 8年連続出場を決めた日本生命。大一番で新人左腕・海田が立役者になった。立ち上がりからピンチの連続だったが、「いつもピンチは多いので慣れている」と動じず、要所を締めた。直球は130キロ台ながら、カットボールやスライダーでコースを突いた。七回1死二塁で日本代表候補の森を打席に迎えたが、マウンドに来た花野監督に「行けます」と続投を志願。高めのカットボールで森を空振り三振に仕留め、続く大江をスライダーで遊ゴロ。九回途中でエース・佐川の救援を仰いだものの、1点を守り切った。昨年まで18年間、主力投手で活躍した土井(現コーチ)の背番号「20」を引き継いだ。今大会では先発や中継ぎでチーム7試合中6試合に登板し、計32回を1失点。駒大でエースとして活躍した実力を存分に発揮し、花野監督も「海田の成長で佐川の負担が減った」と指摘する。

       試合 回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 被安率 奪三率 四死率 
   10都予選: 6  32  22  16  4  1  0.28  6.19  4.50  1.13

  プロフィール

 広島県出身。
 海田 智行(かいだ ともゆき)投手。
 小学3年からソフトボールを始める。
 三原五中時代は軟式野球部に所属し2年秋からエース。

 賀茂高ではエースとなった2年秋に中国大会出場。
 3年夏は広陵に4対5で敗れ県大会準々決勝敗退。
 甲子園出場実績は無し。
 当時から県内屈指の左腕として注目されていた。

 駒大では1年春からリーグ戦に出場。
 秋に増井浩俊(09年日本ハム5位)に次ぐ先発2番手を務め2勝、
 リーグ2位防御率2.01の好成績を残し頭角を現す。
 優勝した亜大を5安打完封しリーグ戦初勝利。
 2年春はエースとして13試合中10試合に登板するフル回転でリーグ2位の5勝を挙げた。
 リーグ戦後は大学日本代表に選出され日米大学野球に参加、
 左の中継ぎとして敵地初Vに貢献している。
 小椋監督からは河原・高橋尚に匹敵する素質の持ち主として高く評価され
 順調に実績を積み上げていたが2年秋・3年春は大きく調子を崩し2季連続未勝利。
 チームも2部降格となり挫折を味わったことで慢心を不振の要因に求め一念発起、
 その後は2部3季で10勝と復調の兆しを見せた。
 1部リーグ通算30試合、7勝9敗、142回2/3、85奪三振、防御率3.09。

 日本生命入社後は1年目春から主に先発で公式戦に出場。
 都市対抗2次予選では先発中継ぎでチームトップ6試合32回に登板。
 第2代表決定戦でパナソニックを9回途中無失点に抑えるなど失点わずかに1、
 防御率0.28の好成績を残し代表権獲得に貢献した。
 本大会は初戦JR東日本戦に先発起するも切れ制球今ひとつで3回途中5安打2失点。
 日本選手権は予選敗退となったが近畿予選準決勝で三菱重工神戸相手に
 延長11回4安打1失点の安定感ある投球を披露している。
 2年目は5月に行われたチャリティー大会京都交流試合JR東日本戦で4失点完投勝利。
 視察に訪れたプロ9球団スカウトの前で11安打を浴びながらも粘り強く試合を作り
 中日スカウトからは制球力、バランスを評価する声が上がった。
 都市対抗2次予選ではリーグ戦でパナソニック相手に3失点完投勝利、
 大阪ガスを7回途中2失点に抑え延長13回サヨナラ勝ちに貢献。
 第1代表決定戦NTT西日本戦は3回途中2失点でノックアウトとなったものの
 第2代表決定戦ではカットボールを武器に粘り強い投球で大阪ガスを10回途中
 13安打1失点に抑え阪神スカウトから評価を受けた。

 179cm80kg、技巧派スリークォーター左腕。
 セットポジションからインステップ気味に踏み込み癖の少ない投球フォームから繰り出す
 最速143㌔、常時130㌔台前半から後半の直球と130㌔前後のカットボール、
 120㌔台後半のスライダー、100㌔台の落差あるカーブ。
 球速球威には欠け力み無くまずまずの制球力でコーナーを突き打たせて取る投球。
 走者を出してからの粘り強い投球も持ち味。
 遠投100m、50m6秒2。

  スカウトコメント

オリックス・長村裕之編成部長|11/10/23
 「打たせて取る技術を持っている」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2011年10月23日(日)|2011年ドラフト指名選手 | 東都大学 コメント(11) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
粘り強い投球が持ち味といっても常時130㌔台前半はさすがに物足りなく感じました。
ただIBAFW杯出場で調整に苦しんだとのことでスカウトはもっと良い状態を知っているのかもしれないですね。
| 管理人 | 2011年10月23日(Sun) 16:04 | URL #FR4U19ZM [ 編集]
日本生命左腕アピール オリックス編成部長「技術を持っている」
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/10/23/kiji/K20111023001876680.html

昨年は「左腕が絶対必要」といいながら投手は塚原一人の獲得に終わったオリックスだけに指名がありそう。
| ハルタカ | 2011年10月23日(Sun) 12:53 | URL #- [ 編集]
駒大→日本生命
中日の下位指名の左腕は決定だな。
| yattitude | 2011年09月07日(Wed) 08:52 | URL #Fm5gtXOQ [ 編集]
思い起こせば、海田が2年時の春季大会東洋大戦(相手投手は大場翔太)、1-0で迎えた最終回にセカンド塁審に誤審され、その後林崎に逆転2ラン食らった試合を目のあたりにした。

その後は周知の通り。
あの下手糞塁審による誤審のお陰で優勝を逃がしてから(運から見放され)、衰退ストーリの幕開けである。

確かにあの時の海田は球にキレがあり、コイツは絶対にプロ注目のピッチャーになると思ったね。。。。

最終シーズンに向けて、目一杯の走り込と股関節のトレーニングで、2年前のキレを取り戻してほしいものである。

左ピッチャーはスピードより球のキレと変化球のコントロールが全てですから。。。。(ジャイアンツの辻内とヤクルトの石川を例に取ると分かり易いでしょう。石川は小柄ですが大学時代から球のキレは抜群でしたからね!! その片方である辻内は甲子園で156キロ計測したにも関わらずプロ入り後は泣かず飛ばず。。。)

因みに今現在、東都リーグ内で最もキレのあるボールを放る左投手は東洋大の乾かも???

しかし、駒大衰退の原因はこれだけではありません。
直接というよりもソフト的な部分もあるのです。
余談ですが駅伝もここ暫くは苦労が予想されます。
それを払拭するには鯉沼マジックを信じて下さい。

| 鯉沼ひろし | 2009年05月21日(Thu) 15:32 | URL #- [ 編集]
あっそうなんですかあ~~~~~

成長を期待したいですね
| 匿名 | 2008年12月29日(Mon) 18:49 | URL #- [ 編集]
MAXはネット上・雑誌など探してソースのあるものを書き込んでいますが見当たらないものについては自分で見た範囲内での最速記録を書き込んでいます。
なのでこちらの143キロも日米野球のもので確かにさらに更新している可能性はありですね。
| gogo126 | 2008年12月27日(Sat) 22:08 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
海田はもっとまっすぐ早いような・・・?

144はコンスタントに出してなかったっすかね?

記憶違いならすいません
| 匿名 | 2008年12月27日(Sat) 12:58 | URL #- [ 編集]
広島出身の選手が関東・関西の大学で活躍というケースも確かに多いですね。
仙台の東北福祉大の様に全国でも屈指の強豪大学なんかが地元にあると流れが変わるかもしれないですが。
まずは知名度・指導力のある監督の招聘でしょうかね。
| gogo126 | 2008年11月07日(Fri) 21:57 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
まずは二部で突き抜けた成績、一部昇格を期待したいですね。
二部では村松がどうなっているのかも気になるところ。
| gogo126 | 2008年11月07日(Fri) 21:49 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
広島出身者は永川&梵&中東&岩本&中田と漸く5名に成るも他球団の方が多いのが悩みの種ですが今期2名追加で面目を保ちました更なる追加を願望です。
| 広鯉! | 2008年11月07日(Fri) 07:56 | URL #- [ 編集]
海田、最近名前を聞かなかったので心配していましたがそんなことがあったんですね。まあ挫折を乗り越えれば成長できるといいますし来年の海田には期待でしょうか^^
希少な左腕候補は今年も大人気だっただけに彼も来年ブレイクすれば最上位指名もあるかもしれないですね。
| D-DATT | 2008年11月07日(Fri) 00:53 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2011年ドラフト指名選手 | 東都大学 コメント(11) Page Top↑