2018年選抜高校野球/スカウト総括|ドラフト・レポート

2018年選抜高校野球/スカウト総括

ここでは、「2018年選抜高校野球/スカウト総括」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



こちらでは第90回選抜高校野球大会1回戦終了時点でのスカウト総括を掲載しています。
注目選手プロフィール 投手成績 打撃成績

 ■ 巨人・岡崎スカウト部長チェック 増田の身体能力ピカイチ(スポーツ報知) 18/3/30

 29日で全36校が登場した。今秋ドラフト候補や将来の有望株を巨人・岡崎スカウト部長に聞いた。ショートに身体能力の高い選手が多かった。中でも、明秀学園日立・増田陸が一番目立っていた。タイミングの取り方が非常にうまく、しっかりと強く振れている。その他では、大阪桐蔭・根尾昂、日大三・日置航、瀬戸内・新保利於、延岡学園・小幡竜平が目についた。タレント軍団の大阪桐蔭では、根尾のほかに藤原恭大中川卓也が高校生ではAランク。山田健太の打撃にも光るものがあったし、強肩の小泉航平も今大会NO1捕手と言ってもいい。投手では、柿木蓮は高めに抜ける球が減っていたし、大型左腕の横川凱も魅力的だ。その他の投手では明徳義塾・市川悠太、創成館・川原陸、松山聖陵・土居豪人、三重・定本拓真が、野手では東海大相模・森下翔太、日本航空石川・上田優弥、智弁和歌山・林晃汰が印象に残った。投打で好素材の中央学院・大谷拓海は、打者により魅力を感じた。去年の清宮のような特Aランクはいなかったが、今後の成長に期待して見守っていきたい。

 ■ 大阪桐蔭・藤原、スカウトから最高評価「トリプル3期待」(デイリースポーツ) 18/3/30

 第90回記念選抜高校野球大会に出場している全36校が登場した。各球団スカウトの話を総合すると、最も高い評価を受けたのが、大阪桐蔭・藤原恭大外野手だった。日本ハム・山田スカウト顧問は「走攻守、全てそろっているうちの浅間が1年目から出たけど、浅間(大基)より力強い」と評価。オリックス・長村球団本部長は「打球に力があるし、脚力もある外野手として非常に高いレベルにある」と話し、中日・中田アマスカウトディレクターも「チームの軸になれる。トリプルスリーを期待するような選手」と絶賛した。遊撃手を評価する声も多く、大阪桐蔭・根尾昂内野手、明秀学園日立・増田陸内野手、日大三・日置航内野手、延岡学園・小幡竜平内野手らの名前が挙がった。投手も野手もこなすドラフト1位候補・根尾は藤原と同等の評価を受け、野手として期待する声が多かった。一方で今大会はスケール感のあるホームランバッターが少なかった。智弁和歌山・林晃汰内野手、近江・北村恵吾内野手、日本航空石川・上田優弥外野手、東海大相模・森下翔太外野手らの名前は上がったが、昨年の早実・清宮、履正社・安田のような評価を受けた大砲はいなかった。投手では大阪桐蔭・柿木蓮投手、明徳義塾・市川悠太投手、松山聖陵・土居豪人投手、創成館・川原陸投手らの名前が挙がった。中日・中田スカウト部長は「柿木が非常に良くなった。スピードは出るし、キレ、質がよくなった」と話し、楽天・仁村スカウト副部長は「市川が素材としたらすごい。あの真っすぐは(高校生では)打てない(今は)スライダーだけで抑えられるけど、プロになったら落ちるボールも必要」と振り返った。“二刀流”で注目を集めた中央学院・大谷拓海投手は打者として評価する声が多かった。また、広島・苑田スカウト統括部長は進学校の彦根東・増居翔太投手の名前を挙げ、「守備もうまいし、投手らしい投手」と評価した。ただ、投手は抜群の評価を受ける投手は少なかった。あるスカウトは「春は例年のことだけど、秋からの上積みが見られない投手がいた。甲子園で力を出し切れずに終わった候補の投手は、夏までの伸びしろに期待したい」と今後の成長に期待した。投手では2年生が高評価を受け、日大三・井上広輝投手や、星稜・奥川恭伸投手に期待する声が相次いだ。井上については「来年の目玉になる可能性がある」と話すスカウトもいた。
 各球団から大阪桐蔭・藤原を高評価する声が相次いだ。日本ハム・山田スカウト顧問は「プロでレギュラーになれる。広島の前田(智徳)の高校時代みたい」と絶賛。オリックス・古屋編成部副部長は「右膝を痛めていても、走る姿勢がいい。総合面でNo.1」と話した。遊撃手を評価する声も多く、大阪桐蔭・根尾、明秀学園日立・増田、日大三・日置、延岡学園・小幡らの名前が挙がった。巨人・岡崎スカウト部長は「一番目立った選手は増田」と話し、阪神・畑山チーフスカウトは「小幡は、根尾や小園(報徳学園)らと比較される存在になる可能性がある」と話した。(デイリースポーツ:スカウト地獄耳)

 ■ 中日スカウト総括 根尾、増田 遊撃手に好素材(東京中日スポーツ) 18/3/30

 出場36校が出そろった29日、中日スカウト陣は第2試合の三重高を最後に一通りのチェックを終えた。中田宗男アマスカウトディレクターは「投手が前評判ほど良くなったのに対して、遊撃手の好素材が目立った」と語った。その遊撃手で評価が高いのは、大阪桐蔭・根尾。中田SDは「肩も足もある。松井稼頭央(西武)のようなタイプ」と絶賛した。また明秀学園日立・増田について、米村チーフスカウトが「身体能力が高い」注目すれば、松永編成部長も「ファーストストライクからあれだけ振れる選手はなかなかいない」と高評価。さらに中田SDは大阪桐蔭の中堅手・藤原を「高いレベルで三拍子がそろっている。1位候補でしょう」と評価した。投手では大阪桐蔭・柿木の株が上昇。中田SDは「上位候補に食い込んでくる可能性がある」と指摘した。2年生では日大三・井上、星稜・奥川の両投手の名前が挙がり、中田SDは「来年の目玉になる可能性がある」と期待した。

 ■ ホークス永井編成・育成部長がセンバツ有望選手を評価(西日本スポーツ) 18/3/30

 福岡ソフトバンクの永井智浩球団統括本部編成・育成部長兼スカウト室長が目についた有望選手を挙げた。「改めてですが、やっぱりすごかった」と最初に挙げたのは春連覇を狙う大阪桐蔭のスター選手たちだった。エース右腕の柿木蓮は「下半身が太いし、鍛えられている。非常にいい素材」と絶賛。投手、遊撃、外野の「三刀流」根尾昂は「どのポジションでも魅力。どこで大きく羽ばたくのかなという感じ」と可能性を認めた上で、身のこなしを含めて「阪神の鳥谷タイプ」と評価。4番藤原恭大についても「足が速いし、バットが振れるのは魅力」と評した。創成館の大型左腕、川原陸も「体(身長184センチ)が大きい割に変化球の制球を見ても手先が器用。球速が上がってくれば、もっと良くなる」と素材の良さを認めた。明徳義塾の184センチ右腕、市川悠太も「去年から成長している」とサイド気味の腕の振りから繰り出す速球に着目。初戦敗退したものの、松山聖陵の188センチ右腕、土居豪人について「手足の長さに対して、今の時点では筋力が足りていない感じはあるが、化けたらすごい投手になるかもしれない」と指摘した。また、智弁和歌山のスラッガー林晃汰のスイングの力強さを「目についた」と高く評価。「今大会は素材のいい選手が全体的にそろっていた」と総括した。

 ■ 【芝草宇宙氏 好素材チェック】大阪桐蔭・藤原 走攻守全てハイレベル(スポニチ) 18/3/30

 出場36校が全て登場し、昨季まで日本ハムでスカウトを務めた芝草宇宙氏が今大会の注目選手を挙げた。今秋のドラフト戦線をにらむと、高校生野手では連覇を狙う大阪桐蔭の藤原根尾が抜けた存在といえる。外野手の藤原は走攻守でトップレベル。高校生ですべてがそろう選手はそうはいない。右膝が万全でないようだが、全力でいくべきところは全力でいく。心意気もプロ向きといえる。根尾は投げてよし、打ってよし。まだ粗削りだが、ショートでしっかり守れるようになれば、ドラフト1位は間違いない。智弁和歌山のは富山商との初戦こそ不発だったが、飛ばす能力があり、打球の角度もいい。長打力に秀でる日本航空石川の上田も魅力的だ。中央学院のエース・大谷は打者として広角に打ち分ける能力はあるが、ややミスショットが目立った。左打者に好素材が並ぶ中で、右打者では日大三の日置がいい。2年生では智弁和歌山の黒川や日大山形の渡部も目についた。投手では、明徳義塾の市川が群を抜く。右サイドから内外に投げ分ける制球力、球の強さ、ゲームメークと総合力が高い。今大会No・1だ。由利工の佐藤は球の質がよく、左右の打者を問わず内角をつける技術が光った。日大三の2年生・井上、昨年より球速がアップした彦根東の左腕・増居も楽しみな好素材といえる。

 ■ 大阪桐蔭・根尾、藤原はスーパースター候補!(SANSPO) 18/3/30

 全出場校が甲子園に登場し、プロ各球団の全体視察は終了した。投手では、大阪桐蔭・柿木について、阪神・畑山チーフスカウトが「昨秋よりもよくなっている」と評価。明徳義塾・市川も、オリックス・古屋編成部副部長が「数少ない横手投げでタフ」と推した。野手では、明秀学園日立の増田を「タイミングの取り方がいいから、あれだけ振れる」と巨人・岡崎スカウト部長が評した。大阪桐蔭・根尾藤原については、ヤクルト・橿渕編成部スカウトグループデスクが「将来の軸となる野手候補」とし、DeNA・吉田編成スカウト部長は「打つだけでなく守りがいい」と高く評価。さらに、中日・米村チーフスカウトも「スーパースターの候補」と絶賛した。

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2018年03月30日(金)|全国大会 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:全国大会 | コメント(0) Page Top↑