北村 恵吾(中大)|ドラフト・レポート

北村 恵吾(中大)

ここでは、「北村 恵吾(中大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



北村 恵吾(中大)

181cm90kg 右右 三塁・一塁 遠投100m 50m6秒7 近江高
通算44発、長打力ある右打者。高3夏の甲子園初戦で2発、同3回戦で4適時打6打点を記録した。

  動 画

  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   19春: 5 .250  4  1 0 0 1 1 0 1 0  .400 1.000
   19秋:          出場無し              
   通算: 5 .250  4  1 0 0 1 1 0 1 0  .400 1.000

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16夏: 1 .250  4  1 0 0 0 0 1 0 0  .250  .250(4番/一)
   18春: 2 .429  7  3 0 0 0 0 0 3 0  .600  .429(4番/三)
   18夏: 4 .529 17  9 2 1 2 12 2 0 0  .529 1.118(4番/三)
   通算: 7 .464 28 13 2 1 2 12 3 3 0  .516  .821

  最新記事

 ■ 近江・北村がプロ志望届を提出せず 中大進学へ(スポーツ報知) 18/10/2

 北村恵吾内野手が試合後、プロ志望届を提出しないと明かした。中大へ進学する見込み。北村は「自分の夢は、プロ野球に入ることではなくて、プロ野球の世界で活躍することだった。高卒で行くよりも、レベルが高い大学に行って4年間、一から鍛え直して、ドラフトにかかればうれしい」と、決断した経緯を明かした。兄から「高卒でプロに行って、1軍で活躍できるのか?」と言葉をかけられ、自問自答した。「自信がないなかで(プロへ)行っても大成しない。プロに行くなら活躍したい思いが強い。木のバットにも慣れて、大学ジャパンに選ばれて、ドラフトにかかるのが理想」と、目標を掲げた。

    1号:門馬  亮(立正大)  19/ 5/24  左翼線ソロ

       試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16夏滋賀: 6 .429  14  6 1 0 1 9 2 3 0  .529  .714(4番/左右)
   17秋滋賀: 5 .417  12  5 1 0 0 5 2 7 0  .632  .500
   17秋近畿: 3 .400  10  4 0 0 0 1 3 1 0  .455  .400(4番/一塁)
   18夏滋賀: 5 .533  15  8 3 0 0 12 1 4 0  .632  .733(4番/三塁)
   通  算: 19 .451  51 23 5 0 1 27 8 15 0  .576  .608

 ■ 近江・北村4連続適時打6打点「全部仕留められた」(日刊スポーツ) 18/8/18

 近江の4番・北村恵吾内野手が全4打席連続タイムリーで17年ぶり8強に導いた。最初に甲子園を沸かせたのは初回、2死一塁の場面。真ん中高めにきた榛村のスライダーをフルスイング。「必ず長打を打って、先制点を取りたい」。その思いをバットに込め、中越えの適時二塁打を決めた。その後も、「甘い球を一発で全部仕留められました」。打席に入るたびに快音を響かせ、6打点の大暴れで17年ぶりの8強を導いた。今大会は13打数8安打。11打点は断トツの“打点王”だ。ロッテ永野チーフスカウトは「打撃の基本ができていてセンスが良いしっかり振り抜けるから、少々詰まっても外野の前に落とせるパワーもある」と高評価した。転機は今年6月、多賀章仁監督との進路面談にある。膝を交えて話し合い、大学に進学せずにプロ志望届を出すことを決めた。多賀監督は「そこで覚悟決めたことが活躍につながっている」と明かす。
 右打ちの北村は常に低めの右翼への打球を意識している。「以前は本塁打が出ると、大振りになって調子を崩した」。その反省を肝に銘じ、フリー打撃でも極力、大振りを控えてきた。(asahi.com)
 このほか、DeNA吉田スカウト部長は近江・北村(内野手)、広島・苑田スカウト統括部長は花咲徳栄・野村(投手)を推した。(SANSPO18/8/13)

 ■ 近江・北村 同点&ダメ押し弾(西日本スポーツ) 18/8/8

 プロ注目の4番・北村恵吾三塁手が同点&ダメ押し弾。今春センバツ準優勝で、今大会も優勝候補の一角だった智弁和歌山を打ち破った。「ビックリした。これまで打った本塁打で一番気持ちが良かった」。1試合2発は、6月の遊学館との練習試合以来2度目。「奇跡に近い」と高校通算43、44本目の2ラン2本を興奮気味に振り返った。1回の第1打席は相手先発・平田の直球に押され、見逃し三振。その反省から、2打席目からバットを指1本分短く持ち、打席で立つ位置もやや後方に変えた。2点を追う4回は1死二塁で初球ストレートを迷わず振り抜き、左翼に同点弾。リードを2点に広げた8回は2死一塁から、スライダーを再び左翼席に放り込んだ中日・中田スカウトディレクターは「もともと評価している選手パワーはあるし、確率も高いバットの出がシャープ」とうなった。

過去記事

 ■ 近江2年ぶり13度目 猛攻で逆転勝ち(西日本スポーツ) 18/7/29

 5年連続で決勝に進んだ近江が、13安打8得点の猛攻で綾羽に逆転勝ち。2年ぶりに夏を制した。2点を追う6回に4安打などで追い付き、なおも2死満塁で、プロ注目の4番・北村が左前への勝ち越しの2点適時打を放った。1年夏から4番を打ち、高校通算42本塁打を誇る強打者も今大会は柵越えなし。「(本塁打を)打ちたいです…」と正直な気持ちを口にしながらも、「本塁打よりもチームを勝利に導くのが4番。ここぞ、で打ててよかった」と笑顔を見せた。

 ■ 近江・北村 プロ注目4番着火(中日スポーツ) 18/3/29

 近江打線に着火したのはプロ注目の4番・北村だった。1点を追う2回は先頭で松山聖陵・土居の初球を左前打。そこから打線がつながり、一挙5点のビッグイニングとなった。西濃ボーイズでプレーした中学時代は岐阜県選抜で大阪桐蔭・根尾とチームメートだった北村は「自分が抑えられると、たいしたことないと思われる。何としても打ちたかった」と満足げ。中日の中田スカウトディレクターは「積極性や長打力、ミート力がある今大会でもトップクラス」とうなった。

 ■ 近江大勝、4番抜てき1年北村満弾など7打点(日刊スポーツ) 16/7/22

 優勝候補の近江は打線がつながり、5回コールド勝ちした。公式戦初めてスタメン出場し、4番に抜てきされた北村恵吾外野手(1年)が、2回に満塁アーチを放つなど4打数4安打7打点の大活躍。チーム合計18安打の猛攻で安曇川を寄せ付けなかった。

  プロフィール

 岐阜県大垣市生まれ。
 北村 恵吾(きたむら・けいご)三塁手。
 大垣北小2年時から軟式野球を始め、大垣北中では西濃ボーイズに所属。
 現中日・根尾昂らと共に県選抜に選ばれた。

 近江高校では1年時春から背番号20でベンチ入り。
 夏3回戦・安曇川戦で初先発(4番レフト)を飾り、4の4、満弾含む7打点の活躍で頭角を現す。
 4番・ファーストとして聖地デビューし、初戦・常総戦で中安(外低直球)をマーク。
 腰痛により翌2年夏の県大会ベンチを外れ、同秋に4番・一塁手で近畿4強進出を達成した。
 期待された一発は出なかったものの、8試合で6打点、打率.409の奮闘を披露。
 根尾昂と対戦した近畿大会準決・桐蔭戦(0対5)でライト前へのヒット(3三振)を放っている。
 翌3年春の選抜に4番サードで挑み、初戦・聖陵戦で左安(内低直球)を記録。
 続く星稜戦で左適安(外低スラ)、中安(外甘スラ)を放ったが、3⑩4で敗れ16強で姿を消した。
 同夏の甲子園で9安打8適時打、2発5長打を放ち、17年ぶりの8強入りを達成。
 平田龍輝相手の初戦で左中間2ラン(外寄り直球)&左2ラン(真ん中スラ)を記録している。
 2回戦・前橋育英戦で内寄り直球をライト前に落とす詰まった当たりの先制打。
 高めに入った球を逃さず左右に長打を飛ばし、3回戦・常菊戦で4適時打6打点をマークした。
 1回裏に右中間への2塁打(高めスラ)、3回裏に左前へのタイムリー(低めスラ)。
 5回に右フェン直二塁打(高め直球)を記録し、7回に左フェン直三塁打(高めチェンジ)を放った。
 2個上に京山将弥、1個上に香水晴貴、1個下に有馬諒ら。

 中央大学では1年時春からベンチ入り。
 主に代打として5試合(4打数1安打)に出場し、立正3回戦で左ポール際への1号ソロを放った。
 通算5試合、打率.250、1安打、1本塁打、1打点。

 181cm90kg、強打が魅力の大型三塁手。
 振り切るスイングで強い打球を弾き返す右の強打者。通算44発、背筋230kgのパワーを備える。
 常に逆方向ライトへの打球を意識し、甘いボールを逃さず左右に長打を記録。
 3年夏の甲子園で打率.529(17打数9安打8適時打)2発12打点の勝負強い打撃を見せた。
 積極性、飛ばす力、ミート力のある打撃に、中日、DeNAなどプロスカウトも注目。
 レフト兼ライトを経てサード兼ファーストでレギュラーを務める。1年夏途中に4番の座を獲得した。
 50m6秒7、一塁到達4.6秒台。遠投100m。

  スカウトコメント

ロッテ・永野チーフスカウト|18/8/18
 「打撃の基本ができていてセンスが良い。しっかり振り抜けるから、少々詰まっても外野の前に落とせるパワーもある」
中日・中田アマスカウトディレクター|18/8/13
 「面白い存在」
中日・中田スカウトディレクター|18/8/8
 「もともと評価している選手。パワーはあるし、確率も高い。バットの出がシャープ」
中日・中田スカウトディレクター|18/3/29
 「積極性や長打力、ミート力がある。今大会でもトップクラス」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2020年05月25日(月)|2022年大学生野手 | 東都大学 コメント(3) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
山本ムサシを見ていると何とも言えない
| 。・。 | 2018年08月31日(Fri) 00:55 | URL #- [ 編集]
スラッガーとして大成しそうな雰囲気有りますね。
| BS捲り | 2018年08月21日(Tue) 01:24 | URL #- [ 編集]
見つかってしまったなぁ
個人的に右バッターではトップクラス
4位、5位で取れそうになくなったな
頑張って欲しい、
| ジンベイ | 2018年08月07日(Tue) 12:18 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2022年大学生野手 | 東都大学 コメント(3) Page Top↑