水野 喬日(熊本ゴールデンラークス)|ドラフト・レポート

水野 喬日(熊本ゴールデンラークス)

ここでは、「水野 喬日(熊本ゴールデンラークス)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



177cm74kg 右右 MAX145km スライダー・カーブ・チェンジ 湖西高 1年目
プロ12球団から注目される最速145㌔本格派右腕。直球で押す投球が持ち味。スライダーを交える。

  動 画

  最新記事

 ■ 湖西・水野、両足つりながら勝利貢献 8球団スカウト熱視線(スポニチ) 18/7/14

 湖西のプロ注目最速145キロ右腕・水野喬日投手が、古豪復活を期す浜松商の野望を打ち砕いた。両足がつりながらも8安打3点にまとめて「50点」発進広島や日本ハムなど8球団のスカウトが見つめる中、注目の球威はプロのスピードガンで140キロ止まり。マウンドの硬さに違和感を感じ「打たせて取ることに切り替えた」ことが理由だ。日本ハムの熊崎スカウトは「5月からこんな感じ素材的には悪くないんだけどね」とポツリ。しかし、ラストサマーは勝たないことには先がない。「勝ち上がって行く中で注目されているだけの投球が出来ればいいです」とその視線はしっかりと前を向いていた。
 中日の佐藤充スカウトは「打者に向かっていく姿勢を持ち合わせている」とプロ向きの性格を評価した。(中日スポーツ)
 球速は139キロ止まりだったが、縦のスライダーとカーブを効果的に投じた。結果、8被安打、5四死球、2暴投で2奪三振。苦しい内容だったが、勝つために投球をまとめた。(日刊スポーツ)

   18夏予        回数 被安 奪三 四死 失点 
   1回戦:浜松商業 先   9  8  2  5  3 140㌔(プロ計測)
   2回戦:吉原工業 先   9  10  7  3  4
   3回戦:加藤学園 先   9  7  8  1  1
   4回戦:掛川西高 先   8  7  5  2  3
               35  32  22  11  11 防2.83(失点から計算)
           被安打率8.23 奪三振率5.66 四死球率2.83

 ■ 湖西に12球団視察の145キロ右腕…水野喬日「プロに行きたい」(スポーツ報知) 18/5/22

 静岡・湖西の注目は最速145キロを誇る、身長177センチの本格派右腕・水野喬日だ。すでにプロ12球団が視察済み。中学時代は外野手で、高1から本格的に投手を始めたが、知識や技術をどんどん吸収して成長中。「プロに行きたい気持ちはあります」と夏の活躍を誓っている。オフの体力作りが効いている。「高校野球の既成概念を破る」が斎藤哲男監督のモットーで、この冬は高校の部活では珍しい「2勤1休」を導入した。ナインの体重は順調に増え、ケガ人も出なかったという。水野も体重が5キロ増え、下半身が強くなった現在は130球を超えても球威が落ちない。秋、春とも打線の援護がなく、県大会に進めなかった。そこでチームは攻撃を強化中。打線の成長で、夏は5番だった水野も現在は8番。昨年のレギュラー7人が残る湖西が、快進撃を見せる。

 ■ 湖西・水野、3回戦敗退も自己最速タイの142キロ(SANSPO) 17/7/20

 草薙球場第2試合の3回戦で藤枝明誠が湖西に3-2で勝利した。湖西は八回無死満塁の絶好機から、内野ゴロで1点を奪ったが、進塁を狙った走者が憤死し、あと1点が遠かった。しかし、2年生のエース右腕・水野喬日投手は、自己最速タイの142キロの直球を中心に8回5安打3失点に抑えた

   17夏予        回数 被安 奪三 四死 失点 
   1回戦:藤枝東高 先   9  7  7  6  5
   2回戦:科学技術 先   7  7  8     1
   3回戦:藤枝明誠 先   8  5  1  11  3 142㌔
               24  19  16     9 防3.38(失点から計算)
                 被安打率7.13 奪三振率6.00

  プロフィール

 愛知県豊橋市生まれ。
 水野 喬日(みずの・もとか)投手。
 豊橋市立細谷小時代に軟式野球を始め、五並中学校では軟式野球部で外野手。

 湖西高入学後から本格的に投手に転向。
 1年夏に139㌔、同年秋に142㌔と成長を遂げ、2年夏にエースとして3回戦進出の結果を残す。
 2回戦・科技戦で計7回8三振1失点(6回表に熱中症を発症)の力投を披露。
 続く3回戦でV校・藤枝明誠と接戦を演じたが、粘投及ばず11四死球2対3完投で惜敗した。
 2年秋(地区敗退)に行われた練試で、自己最速を1㌔更新する143㌔を計測。
 同11月に行われた湖西ベースボールフェスタ・いなべ総合戦で2対2完投の好投を演じている。
 翌3年春の練習試合で145㌔を投げ、同年夏に99年以来の16強入りを達成。
 計35回32安打22K11失点の粘投を見せたが、川合に0-3で投げ負けて4回戦で敗退となった。
 県大会4回戦が最高成績。甲子園経験は無し。

 177cm74kg、プロ注目の最速145㌔右腕。
 ノーワインドアップから重心を下げ、大きめにインステップし、肘を使った腕の振りから投げ込む
 最速145㌔の伸びのあるストレートと、切れ良く曲がるスライダーなどの変化球。
 湖西で本格的に投手を始め、1年秋に主戦の座を獲得。3年春に最速145㌔をマークした。
 直球で押す本格派。12球団から注目されている。

  スカウトコメント

中日・佐藤充スカウト|18/7/15
 「打者に向かっていく姿勢を持ち合わせている」
日本ハム・熊崎スカウト|18/7/14
 「5月からこんな感じ。素材的には悪くないんだけどね」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2018年11月02日(金)|2021年社会人投手 | コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
ゴールデンラークスに決まったみたいですね
| 匿名 | 2018年10月29日(Mon) 17:19 | URL #- [ 編集]
2勤1休いいですねえ
現代的な時間の使い方
| 。・。 | 2018年05月22日(Tue) 13:16 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年社会人投手 | コメント(2) Page Top↑