須永 悦司(JR東日本)|ドラフト・レポート

須永 悦司(JR東日本)

ここでは、「須永 悦司(JR東日本)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



190cm99kg 右右 MAX152km スライダー・カーブ・チェンジ 桐蔭学園→桐蔭横浜大 1年目
最速152㌔を誇る長身右腕。サイドからスリークォーターに転向。4年春に最優秀投手賞を獲得した。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   15春:        登板無し
   15秋:        登板無し
   16春:        登板無し
   16秋:        登板無し
   17春: 4  2勝0敗  5.2  7  5  5  5  7.94
   17秋: 3  0勝0敗   10  11  9  5  4  3.60
   18春: 7  4勝2敗  41.1  34  36  19  6  1.31(2位)
   18秋: 1  0勝0敗   3  7  5  0  3  9.00
   通算: 15  6勝2敗   60  59  55  29  18  2.70
          被安打率8.85 奪三振率8.25 四死球率4.35
    ※ 18春:最優秀投手賞

投手成績詳細

   17春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   神 大     1  0  2  0  0
   横商大    0.1  0  1  0  0 ○
   神工大    0.1  1  0  3  1
   関東大     4  6  2  2  4 ○
          5.2  7  5  5  5 防7.94
      被安打率11.12 奪三振率7.94 四死球率7.94

   17秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   関東大     4  6  4  2  1 149㌔
           2  1  2  1  1 
   鶴見大     4  4  3  2  2
           10  11  9  5  4 防3.60
       被安打率9.90 奪三振率8.10 四死球率4.50

   18春(1完1封) 回数 被安 奪三 四死 失点
   横国大 先  8.1  6  7  2  1 ○
   神工大     1  1  0  0  0 ○
       先  8.2  4  13  6  1 ○
   関東大 先  7.2  8  3  2  3 ●
   横商大 先   9  4  7  7  0 ○封…初完投初完封
   神 大 先  4.2  9  3  2  8 ● 
           2  2  3  0  0
          41.1  34  36  19  13 防1.31
       被安打率7.40 奪三振率7.84 四死球率4.14

  最新記事

 ■ 春季リーグ7日開幕 桐蔭横浜大・鍵握る投手陣の活躍(神奈川新聞) 18/4/6

 「投手陣がしっかりしてくれるかで結果は変わってくる」と齊藤監督が期待を語る投手陣。中でも、川崎北高出身の三浦(3年)は制球力を武器に昨春デビューし、年間9勝1敗と安定感抜群だった。先発に転向した登坂(同)や山地(4年)、最速152キロ右腕・須永(同)らも登板機会が増えそうだ

   18秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 失点
   神工大     1  0  0  0  0…10回タイブレークから登板
           3  7  5  0  3
           4  7  5  0  3 防6.75
      被安打率15.75 奪三振率11.25 四死球率0.00

 ■ 桐蔭学園が5回コールド負け(日刊スポーツ) 13/9/22

 桐蔭学園が準々決勝で敗退した。先発の小室貴裕投手(2年)が初回につかまり5失点。1回2死から登板した須永悦司投手(2年)も流れを止めることが出来ず、5回までに5失点し5回コールド負けとなった。打線も1安打無得点と封じ込まれてしまった。

  プロフィール

 群馬県前橋市出身。
 須永 悦司(すなが・えつし)投手。
 前橋市立みずき中学校時代は硬式野球チーム・前橋中央ボーイズに所属。

 桐蔭学園では長身サイドハンドとしてプレー。
 2年秋から背番号1、翌3年春から10番を背負い、2シーズン連続で県大会8強まで勝ち進んだ。
 2年秋の県準々決・相模戦で5回0対10(2番手で4.1回5失点)の大敗を経験。
 3年春の県準々決勝・横浜戦で、7安打9三振4四死球、9回0対2完投の力投を演じている。
 3年夏の県大会は横浜隼人に延長11回3対4逆転サヨナラ負けで4回戦敗退。
 同点の9回2死1、3塁から救援で登板し、後続を断ったが、11回2死から左適安を許して敗れた。
 1学年上のチームメイトとして齋藤大将(西武17年1位)ら。

 桐蔭横浜大でスリークォーターに転向。
 3年春(優勝)からリリーフとしてリーグ戦に出場し、横商1回戦(4対3サヨナラ)で初勝利を収める。
 横浜スタジアムで行われた同年秋の関東学院大1回戦で最速149㌔をマーク。
 翌4年春のリーグ戦で先発2番手の座を掴み、4勝、防1.31の活躍で最優秀投手を受賞した。
 V争いに加わるも最終・神大戦を2連敗(2戦6.2回8失点)で落として4位転落。
 横浜商科大が相手の第5週2回戦で、4安打7四死球、4対0初完投初完封勝ちを挙げている。 
 通算15試合、6勝(1完投1完封)2敗、60回、防御率2.70。

 190cm99kg、152㌔直球を持つスリークォーター右腕。
 セットから上体を前に傾けて重心を下げ、早めに着地し、開き早めに右ヒジを使った腕の振りから
 投げ込む最速152㌔の直球と、スライダー、カーブ、チェンジアップなどの変化球。
 大学でサイドからスリークォーターに転向。3年秋に最速149㌔(高校時代144㌔)をたたき出した。
 通算15試合60回で、奪三振率8.25、四死球率4.35。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2018年11月15日(木)|2020年社会人投手 | 神奈川大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年社会人投手 | 神奈川大学 コメント(0) Page Top↑