藤原 拓実(JFE西日本)|ドラフト・レポート

藤原 拓実(JFE西日本)

ここでは、「藤原 拓実(JFE西日本)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



185cm82kg 右右 MAX146km スライダー・カーブ・スプリット 今治西 3年目
146㌔直球を持つ大型右腕。高2秋の西条戦で7四死球1失点完投の力投を見せた。実績は少ない。

  動 画

  プロフィール

 愛媛県今治市出身。
 藤原 拓実(ふじわら・たくみ)投手。
 今治市立大三島中学校時代は軟式野球部でプレー。
 中学3年時に最速143㌔を計測した。

 今治西高では1年時春からベンチ入り。
 背番号17の控え選手として四国大会に出場し、準決・英明戦(2対3)で1回0封の結果を残す。
 同年夏の甲子園をメンバー外で過ごし、翌2年秋になって背番号1の座を獲得。
 主に先発で全4試合(2完投0完封)に登板し、県準々・西条戦で0対1完投の力投を見せた。
 3年時夏の愛媛大会(背番号3)は松山中央高校に1-5で敗れ2回戦で敗退。
 全2戦2.1回にリリーフ(一塁スタメン)で起用され、初戦・三間高校戦で最速140㌔を計測した。
 2学年上のチームメイトに兄・藤原睦来ら。

 185cm82kg、恵まれた体格の最速146㌔右腕。
 ノーワインドアップから重心を下げ、着地早めにインステップし、開き早めに肘を使った腕の振りから
 投げ込む最速146㌔の真っすぐと、110㌔台の縦のスライダー、100㌔台のカーブ。
 130㌔台後半の力ある真っすぐが武器。新たにスプリットを習得した。コントロールに課題が残る。
 高校時代はパンチ力のある打撃で主軸を担った。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2020年04月25日(土)|2020年社会人投手 | コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年社会人投手 | コメント(0) Page Top↑