高垣 鋭次(日本体育大)|ドラフト・レポート

高垣 鋭次(日本体育大)

ここでは、「高垣 鋭次(日本体育大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



180cm80kg 右右 遊撃・二塁・三塁 智弁和歌山
ライナー性の打球を飛ばす右打者。1年秋の神宮大会に4番として出場、左中間3点二塁打を放った。

  動 画



  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17春: 12 .265  49 13 1 0 0 4 11 1 0  .280  .286
   17秋: 10 .200  30  6 1 0 0 3          .233
   18春: 14 .146  48  7 0 0 1 2 9 4 0  .212  .208
   18秋: 6 .286  21  6 1 1 1 2 3 2 0  .348  .571
   19春: 8 .148  27  4 2 0 0 2 4 1 0  .179  .222
   通算: 50 .206 175 36 5 1 2 13          .280

 【 全国大会 】
     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   17神: 3 .250  12  3 1 0 0 3 3 1 1  .308  .333(4番・三)
   通算: 3 .250  12  3 1 0 0 3 3 1 1  .308  .333

 ■ 甲子園成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15夏: 1 .000  4  0 0 0 0 0 1 0 0  .000  .000(6番・遊)
   通算: 1 .000  4  0 0 0 0 0 1 0 0  .000  .000

  最新記事

 ■ 日体大 高垣が逆転2ラン「思い切って振れた」(スポニチ) 18/4/29

 日体大が1勝1敗とした。0―1の初回に、不振のエドポロ・ジョセフ外野手(3年)に代わり4番に入った高垣鋭次内野手(2年)が左越え逆転2ラン。「いままで当てに行っていたけど、思い切って振れた。自分のスイングができた。4番らしい打撃をしないとだめかなと思っていた」と振り返った。

 ■ 智弁和歌山が延長制す「自分で決める」4番高垣V弾(日刊スポーツ) 16/4/30

 智弁和歌山が延長戦を制し、3回戦を突破した。7回に3点差を追いつかれ、延長戦へ。10回1死一塁で4番の高垣鋭次内野手が高校15号の勝ち越し2ランを放った。高垣は3月中旬から主将を任され、4番と合わせて重責を担う。「投手のためにも、絶対に10回で決めなければと思っていました。つなぐのではなく、自分で決める思いで打席に立ちました」と責任感で打った決勝弾だった。

  プロフィール

 和歌山県有田川町出身。
 高垣 鋭次(たかがき・えいじ)内野手。
 八幡小学校時代から野球を始め、八幡中では橿原ボーイズに所属。

 智弁和歌山では1年秋からレギュラー。
 翌2年夏の県大会に6番・ショートとして出場し、打率.316点1の活躍で3年ぶりの優勝を果たす。
 続く甲子園1回戦で全国デビューするもノーヒット2失策と振るわず4対9で敗戦。
 2年秋の予選から4番としてチームを引っ張り、主将となった3年春に近畿4強進出を達成した。
 県大会3回戦・田辺高戦で左翼スタンドに放りこむ延長10回勝ち越しの2ラン。
 近畿大会準決勝・履正社戦(7回コールド2-9)で左翼席への16号ソロ本塁打を放っている。
 3年夏の県大会は赤羽陸擁する市和歌山(V校)に5対10で敗れベスト8敗退。
 2回戦でヒット性の打球をさばく好守備を披露し、準々でライトへの同点2点二塁打をマークした。
 1学年上に齋藤祐太、山本龍河春野航輝ら。

 日本体育大では1年時春からベンチ入り。
 主に4番・サードとして全12試合に先発出場し、49打数で13安打、打率.265点4の実績を残す。
 同年秋に8番サードで3季ぶり23度目となるリーグ優勝(関東大会初V)を経験。
 リーグ戦全10戦で先発を務めたが、打撃で結果を残せず、関東大会を出場機会なく終えた。
 2年春から二塁、3年春から遊撃を担い、1年春、2年春の2度規定打席に到達。
 5季で50試合(4番17、8番14、6番8)に先発し、通算36安打、打率.206本2点13を記録した。
 全国大会には東妻松本を擁して1年秋の神宮大会(37年ぶり優勝)に出場。
 全3戦に4番サードとしてスタメンで起用され、12打数で3安打、打率.250本0点3をマークした。
 初戦2回戦・九共戦(延長10回TB7対1)で2安打3打点1盗塁の活躍を披露。
 10回表1死満塁2対1の好機で左中間フェンス際への3点二塁打(外寄り変化球)を放っている。
 通算42試合、打率.216、32安打、2本塁打、11打点。

 180cm80kg、強肩強打好守の内野手。
 振り切るスイングからライナー性の打球を放つ右打者。通算打率2割台と確実性に課題が残る。
 守ってはグラブ捌き、動きに良さのある内野手。3年春から遊撃手を任された。
 その他にサード、セカンドとしてプレー。主に4番(17試合)または8番(12試合)で起用されている。
 一塁到達4.3秒台を計測する脚力の持ち主。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年06月08日(土)|2020年大学生野手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生野手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑