今西 拓弥(早大)|ドラフト・レポート

今西 拓弥(早大)

ここでは、「今西 拓弥(早大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



今西 拓弥(早大)

200cm90kg 左左 MAX147km スライダー・カーブ・チェンジ 広陵高
身長2mを誇るスリークォーター左腕。直球で懐を突き、変化球を交える。1年秋に147㌔をマークした。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   17春:        登板無し
   17秋: 6 0勝0敗  7.2  6  11  3  5  5.87
   18春: 7 1勝1敗   12  10  11  8  2  1.50
   18秋: 6 3勝1敗  16.1  11  15  7  3  1.65
   19春: 8 2勝0敗  11.2  5  12  9  1  0.77
   19秋: 7 0勝0敗  8.2  10  12  10  6  6.23
   通算: 34 6勝2敗  56.1  42  61  37  17  2.72
         被安打率6.71 奪三振率9.75 四死球率5.91

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   17秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   明治大    0.1  0  0  0  0 140㌔
          1.2  3  4  1  4 142㌔
   立教大     2  1  2  0  0 139㌔
   東京大     2  0  4  0  0 141㌔
   法政大     1  2  1  2  1 141㌔
   慶応大    0.2  0  0  0  0 147㌔
          7.2  6  11  3  5 防5.87
      被安打率7.04 奪三振率12.91 四死球率3.52

   18春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   立教大     1  1  0  1  0 146㌔
   明治大     1  0  1  1  0 141㌔
           1  2  1  0  0 142㌔
   東京大     1  0  3  0  0 143㌔ ○…リーグ戦初勝利
           2  2  2  1  0 147㌔
   法政大 先   5  4  3  4  2 147㌔ ●
   慶応大     1  1  1  1  0 145㌔
           12  10  11  8  2 防1.50
       被安打率7.50 奪三振率8.25 四死球率6.00

   18秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   法政大     1  3  1  0  1 142㌔
           3  2  5  2  0 145㌔ ○
           2  2  1  1  1 144㌔ ●
   立教大 先   6  3  5  1  0 144㌔ 
   慶応大    2.1  1  2  3  1 143㌔ ○
           2  0  1  0  0 142㌔ ○
          16.1  11  15  7  3 防1.65
       被安打率6.06 奪三振率8.27 四死球率3.86

   19春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   明治大    0.1  1  2  1  1 146㌔
          3.2  2  2  1  0 145㌔
   立教大     1  1  2  1  0 143㌔
           1  0  0  2  0 145㌔ ○
   法政大    0.2  0  1  0  0 144㌔
          0.1  1  0  1  0 143㌔ 
          2.1  0  2  3  0 141㌔
   慶応大    2.1  0  3  0  0 143㌔ ○
          11.2  5  12  9  1 防0.77
       被安打率3.86 奪三振率9.26 四死球率6.94

 ■ 高校時代成績

   16夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:加計芸北 先   4  2  5  0  0
   4回戦:呉港高校 先   6  4  3  1  0
   準決勝:如水館高 先  2.2  4       2
              12.2  10       2 防1.42(失点から算出)

  最新記事

 ■ 2メートル左腕、早大・今西 リーグ初勝利 1回3者三振斬り(スポニチ) 18/5/6

 早大は東大にサヨナラ勝ちで先勝。2番手で登板した2メートル左腕・今西拓弥投手(2年)が1回無失点でリーグ戦初勝利を挙げた。中2ですでに身長は1メートル80。広陵時代に2メートルに達し、スリークオーター左腕としてプロからも注目された。早大では1年秋にリーグ戦初登板を果たし、最速147キロを計測するまでに成長。今春は左脇腹疲労骨折で出遅れたが「トレーニングできたし、一度離れていろいろ考えられたのが良かった」。切れを増した直球を主体に三振は全て空振りで奪った。

   19秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   法政大     2  2  5  0  0 145㌔
           1  1  1  0  0 142㌔
   明治大     1  1  1  2  1 145㌔
   立教大    0.2  2  0  1  2 145㌔
           2  1  4  2  0 144㌔
   慶応大     1  0  1  3  2 147㌔
           1  3  0  2  1
          8.2  10  12  10  6 防6.23
     被安打率10.38 奪三振率12.46 四死球率10.38

 ■ 2メートル左腕の早大・今西、4回1安打1失点(SANSPO) 18/2/24

 早大・今西が23日、駒大とのオープン戦に先発。直球中心の投球で4回を1安打1失点に抑えた。球速は自己最速にあと1キロに迫る143キロをマークした1年生は「(東京六大学の)リーグ戦の先発ができるようにしたい」と笑顔。試合は野選絡みの失点で2-4で敗れたが、高橋監督は「この調子を続けていければ楽しみ」と期待した。

 ■ 早大 2メートル左腕が神宮デビュー 体重90キロでも鉛筆のような細身(スポニチ) 17/9/9

 早大の2メートル左腕今西拓弥(1年、広陵)が明大1回戦で神宮デビューを果たした。6回の2死一、三塁のピンチの登板し竹村春樹内野手を三ゴロに打ち取った。春のフレッシュリーグ(新人戦)で2勝をマークし秋に初のベンチ入り。関係者の中には「2メートルの選手、しかも投手は六大学初めてでは」という人も。昔の記録は身長が記されておらず不明だが、最近ではいない。体重90キロでも鉛筆のような細身な体。母校は夏の甲子園で準優勝。発奮材料もあり今後の活躍が楽しみだ。

過去記事

 ■ 今西6回無四球0封!2メートル左腕が広陵8強に導いた(デイリースポーツ) 16/7/21

 ベスト8が決まった。2年ぶりの甲子園出場を目指す広陵は、先発した2メートル左腕の今西拓弥投手が6回4安打無四球無失点。要所を締めて勝利に貢献した。球速は130キロ台でも角度のある球は威力十分。3試合連続コールド勝ちでの8強進出に、身長2メートルの“和製ランディ・ジョンソン”が導いた。六回まで毎回、走者を背負った。初回は味方の失策から走者をためたが無失点。その後も直球とカーブの2球種で要所を締めた。「最初を0点でいけて流れに乗れた」。打線の援護も受けスコアボードに「0」を並べた。小学6年で身長170センチに到達。現在はチームメートから「デカ西」と呼ばれ親しまれている。

  プロフィール

 奈良県橿原市出身。
 今西 拓弥(いまにし・たくみ)投手。
 橿原市立橿原中学校時代は硬式野球チーム・志貴ボーイズに所属。

 広陵高では3年間通して控え投手としてプレー。
 1年時春の県初戦・山陽戦に先発として登板し、3回1安打2三振0封の好投でデビューを飾る。
 同6月の中国大会から3年時春にかけては主にベンチ外で目立った実績はなし。
 3年時夏(背番号10)になって登板数を増やし、3戦12.2回で10安打2失点の結果を残した。
 持田大和ら擁する如水館高に9回0対10(2.2回2失点KO)で敗れ4強で敗退。
 2回戦・加計芸北戦で4回2安打5K無四球0封、4回戦・呉港戦で6回0封の好投を演じている。
 1学年下のチームメイトとして平元銀次郎中村奨成ら。

 早稲田大学では1年時秋からリーグ戦に出場。
 いずれも救援として11試合中6試合に起用され、合計7.2回で11K、6安打5失点の結果を残す。
 最終戦・早慶2回戦(0.2回無安打0封)で自己最速を更新する147㌔を計測。
 同12月に大学日本代表候補合宿を経験し、翌2年春の東大戦(1回0封)で初勝利を収めた。
 通算34試合、6勝2敗、56.1回、防御率2.72。

 200cm90kg、手足の長い長身細身の左腕。
 セットから右膝を上げてタメを作り、上体を傾けてインステップし、肘を使った腕の振りから投げ込む 
 最速147㌔、常時130㌔台後半から140㌔台前半(救援登板時)の真っすぐと、
 120㌔台のスライダー、100㌔台の緩いカーブ、110㌔台から120㌔前後で沈むチェンジアップ。
 内角を攻める真っ直ぐが武器。着地早めにスリークォーターから投げ込んで行く。
 34戦56.1回で61Kを奪取。1年秋のリーグ戦で147㌔を計測し、オフに代表候補合宿を経験した。
 被安打率6.71、奪三振率9.75、四死球率5.91。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年11月08日(金)|2020年大学生投手 | 東京六大学 コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
スリークォーターは正解だね
オーバースローだと故障する
| 匿名 | 2017年09月29日(Fri) 18:25 | URL #- [ 編集]
ドラフトマニアの中で密かに話題になってる超素材型投手
4年後が楽しみ
| 平峰 | 2017年09月17日(Sun) 16:31 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生投手 | 東京六大学 コメント(2) Page Top↑