堀米 潤平(東芝)|ドラフト・レポート

堀米 潤平(東芝)

ここでは、「堀米 潤平(東芝)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



堀米 潤平(東芝)

163cm65kg 右左 遊撃手 久慈東→白鴎大 4年目
守備力が光る小柄な遊撃手。左右に弾き返す左の巧打者。都市対抗で再三の好守備を披露した。

  動 画

  打撃成績

 ■ 社会人時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 出塁率 長打率
   16都: 1 .000  2  0 0 0 0 0 1 1  .333  .000(9番・遊)
   16日: 1 .000  3  0 0 0 0 0 0 0  .000  .000(8番・遊)
   17都: 4 .333  15  5 1 0 0 1 6 1  .375  .400(2番・遊)
   17日: 3 .125  8  1 0 0 0 0 3 2  .300  .125(2番・遊)
   18都: 2 .333  6  2 0 0 0 0 1 0  .333  .333(9番・遊) 
   18日: 2 .000  3  0 0 0 0 0 2 0  .000  .000
   通算: 13 .216  37  8 1 0 0 1 13 4  .293  .243

 【 国際大会 】
        試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18年アジア: 3 .750  4 3 1 0 0 3 0 0   .750 1.000
   通  算: 3 .750  4 3 1 0 0 3 0 0   .750 1.000

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   13秋: 13 .314  35 11 1 0 0 1          .343( 7位)
   14春: 11 .189  37  7 2 0 0 3 3 8 7  .333  .243
   14秋: 6 .438  16  7 0 0 2 5 3 5 7  .571  .813(予選)
   14秋: 4 .200  15  3 1 1 0 1 2 2 0  .294  .400(決勝)
   15春: 12 .385  39 15 1 2 0 6 4 20 4  .593  .513( 1位)
   15秋: 12 .225  40  9 1 0 0 1 7 12 2  .404  .250
   通算: 58 .286 182 52 6 3 2 17          .385(不明分除く)
    ※ 13秋15春:ベストナイン 14春:最多盗塁 15春:首位打者 15春:最高出塁率

  最新記事

 ■ 攻守でチーム救う 堀米潤平内野手(24) 東芝(毎日新聞) 17/9/15

 「出る、進める、還す」と工藤監督が表現する今季の東芝打線。「つなぎの野球」のキーマンは、2番に座る小さな仕事人だ。守備でも外野へ抜けそうな打球を2度捕球し、攻守でチームを救った。164センチと小柄だが、「雑草魂でここまでやってきた」と人一倍の反骨心を持つ。野球を始めた幼稚園の頃から、打順は2番や下位ばかり。いつしか「自分の役割に徹しよう」と思うようになった。無名の県立高に進み、全国大会とは無縁ながら、小技や守備を磨き続けた。憧れはプロ野球・ロッテなどで活躍した小坂誠さん堅守や小技に徹するプレースタイルを体現する。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17AWB: 13 .368 38 14 1 0 0 2 7 16 9  .556  .395

   【一塁到達タイム】18年都市対抗1回戦:5回4秒10(ショート内野安打)

  プロフィール

 岩手県洋野町出身。
 堀米 潤平(ほりまい・じゅんぺい)遊撃手。
 宿戸小時代から軟式野球を始め、宿戸中学校では野球部で主将。

 久慈東時代3年夏はショート兼ピッチャーとしてプレー。
 主に1番・遊撃手として全4戦にスタメンで出場し、救援投手として2試合5.1イニングに登板した。
 4回戦で優勝校・花巻東高とぶつかり、接戦を演じながら4対5サヨナラで敗退。 
 2回戦でソロ本塁打を含む3安打を放つなど、計17打数で6安打、打率.353本1点2を記録した。
 主将としてもチームを牽引。甲子園出場実績は無し。

 白鴎大では1年春からリーグ戦に出場。
 翌2年秋のリーグ戦で初のベスト10入りを果たし、打率.314(7位)点1で遊撃ベストナインに輝く。
 打率1割台ながら7盗塁(7安打8四死球)をマークした3年春に盗塁王を獲得。
 4年春のリーグ戦で打率.385の活躍を演じ、首位打者、最高出塁率、ベストナインを受賞した。
 自己最多15安打(12試合)、リーグ最多20四死球で、6割弱の出塁率を記録。
 Aクラス入りを8度、横浜市長杯を4度経験したが、いずれも全国大会には届かず卒業となった。
 通算58試合、打率.286、52安打、2本塁打、17打点。

 東芝では1年目から公式戦に出場。
 守備力を武器に遊撃手レギュラーの座を掴み、4月の長野大会で敢闘賞のタイトルを獲得する。
 9・8番打者として都市対抗・日本選手権に出場するもいずれも1回戦で敗退。
 翌2年目の2大大会に2番・遊撃手として臨み、再三の好守備で夏秋ベスト8入りに貢献した。
 都対初戦1回の守備で二遊間難しいバウンドを捌いて一塁補殺する好プレー。
 同準決初回の守備で三遊間ヒット性の打球をワンバン送球で仕留める好守を披露している。
 打者としては7試合で打率.261(23打数6安打)0本塁打1打点9三振をマーク。 
 外直球を捉えて中堅から左に4単打を放ち、その他右線適時2塁打、右安を各1本記録した。
 国際大会には3年目2018年のジャカルタアジア大会に社会人代表として出場。
 5回24-0の大勝を収めたタイ戦に先発起用され、先制打、適時2塁打など4の3の活躍を見せた。
 二大大会13試合、打率.216、8安打、0本塁打、1打点。

 163cm65kg、守備力が光る小柄なショート。
 グラブさばき、動きの良い遊撃手。三遊間深い当たりを素早く安定した送球でアウトに仕留める。
 大学時代盗塁王に輝いた脚力の持ち主。中高大とキャプテンとして活躍した。
 コンパクトに振り切るスイングで左右に弾き返す左の巧打者。今後の打力アップに期待がかかる。
 17年社会人代表候補、18年社会人代表。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年05月18日(土)|2019年社会人野手 | 関甲新学生 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
今年の候補の中でも守りのスペシャリストとして話題
守備はプロでも上位レベルになるだろう
打撃と体格がネックだが、どこかしらで指名はあるかもしれない
| 平峰 | 2017年09月11日(Mon) 22:05 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年社会人野手 | 関甲新学生 コメント(1) Page Top↑