井上 大成(青山学院大)|ドラフト・レポート

井上 大成(青山学院大)

ここでは、「井上 大成(青山学院大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



180cm80kg 右左 外野手・三塁手 遠投115m 50m6秒0 日大三高
左右に鋭い打球を弾き返す1番・三塁手。侍ジャパンU18日本代表。通算24発の長打力を秘める。

  動 画

  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18春: 9 .292  24  7 0 0 0 3 5 1 0  .320  .292二部
   18秋: 6 .286  14  4 1 0 0 1 4 2 0  .375  .357二部
   19春: 12 .213  47 10 1 1 0 5 9 5 1  .288  .277二部
   19秋: 13 .340  47 16 4 2 2 9 11 5 1  .404  .638二部(4位)
   二部: 40 .280 132 37 6 3 2 18 29 13 2  .345  .417

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17春: 1 .250  4  1 0 0 0 0 2 1 1  .400  .250(1番/三)
   通算: 1 .250  4  1 0 0 0 0 2 1 1  .400  .250

 【 国際大会 】
      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   U18W杯: 7 .111 18  2 1 0 1 4 4 3 0  .238  .333
   通 算: 7 .111 18  2 1 0 1 4 4 3 0  .238  .333

  最新記事

 ■ 日大三・井上が青学大入寮 清宮らと差ないW杯自信(日刊スポーツ) 18/2/3

 日大三(西東京)井上大成内野手が3日、青学大野球部へ入寮した。W杯ではチーム1号本塁打を放つなどして勝利に貢献。清宮幸太郎内野手らと共闘し、「清宮も安田もパワーとかすごいなと思いましたが、みんなとそこまで大きな差はないんだなと思えたことは自信になりました」と振り返った。今春3月のセンバツには弟で日大三の広輝投手(1年)が出場する。「弟も甲子園が決まった。三高もまた注目されると思うので、自分も負けないように頑張りたいです」と笑顔を見せた。

 ■ 日大三・井上がチーム1号の3ラン「波に乗って」(日刊スポーツ) 17/9/2

 高校日本代表の日大三・井上大成内野手(3年)が、メキシコ戦でチーム1号の3ランを放った。5点リードの7回2死一、二塁から、内角高めのチェンジアップを右翼ポール際に運んだ。高校通算24本目のアーチに「いったとは思わなかった。よく切れないで伸びてくれた。初戦で打てたので、波に乗っていけるかなと思います」と話した。

 ■ 日大三が7発圧勝!桜井2発、金成も弾丸アーチ(デイリースポーツ) 17/4/5

 今春センバツに出場した日大三が、7本塁打の一発攻勢で六回コールド勝ちし、初戦を飾った。初回に1番・井上大成内野手が先頭打者本塁打を放つと、2番・長谷川央都外野手も左中間へのソロで続き、2点を先制。その後も、今秋ドラフト候補左腕・桜井周斗投手の2本塁打、金成麗生内野手の右越え2ラン、井上のこの日2本目の一発となる右越え2ランなどで、大量14得点を奪った。小倉全由監督も「よく打つよなあ。7本はあまりないですね」と、驚く大爆発だった。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 長打率
   17夏予: 3 .250 12  3 0 0 1 2  .500

過去記事

 ■ 「強打の1番」目指す 井上大成三塁手(毎日新聞) 17/2/20

 昨年秋の東京大会で1番に定着。4割を超える打率に加え、本塁打はチームトップの4本を記録した。日大三OBの高山俊選手のような「打率も残せて長打も打てる、強打の1番」として、チームをけん引することを目指すスイングスピードはチームでもトップクラス。「打席で長く球を見ることで、選球眼も良くなってきた」という。守備でも遠投120メートルはチーム随一。鋭い送球で走者を刺す。三塁に定着したのは、新チームになってからで「捕球率をもっと上げたい」と貪欲だ。

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16秋: 8 .417 24 10 2 0 4 9 1 11 3  .600 1.000

  プロフィール

 神奈川県厚木市出身。
 井上 大成(いのうえ・たいせい)外野手兼三塁手。
 南毛利小学校時代からソフトボールを始め、南毛利中では相模ホワイトボーイズに所属。
 2学年下の弟に井上広輝(西武2019年6位)を持つ。

 日大三高では1年時秋から控えとしてベンチ入り。
 2年時秋の新チームで1番サードの座を獲得し、打率.417本4の活躍で東京大会準Vを果たす。
 王子総合戦&早大学院戦で先頭弾、東大和南戦で2打席連続弾をマーク。
 早実相手の決勝で左二(外直球)を放ったが、接戦を6対8で落とし神宮大会進出を逃した。
 翌3年春の選抜1回戦・履正社戦で中前打(1四球2K)を放つも5-12で敗戦。
 続く春季都大会で6試合3本塁打(2回戦・葛飾野高戦で右越え2発)の活躍を演じている。
 3年時夏の予選は松本健吾を擁する菅生に0-5(4の0)で敗れ準々決で敗退。
 1番・三塁手として4戦中3戦にスタメンで出場し、3回戦で右中間ランニング2ランを記録した。
 大会後、U18日本代表でW杯に参加し、二塁手、DHでスタメン5試合を経験。
 初戦で右ポール際3ラン(甘いチェンジ)を放ったが、その後は振わず18打数で2安打にとどまった。
 同学年のチームメイトとして櫻井周斗金成麗生ら。

 青山学院大では1年時春から2部リーグベンチ入り。
 1年目から計10戦(指5・一3)の先発を経験し、2年生の春から右翼手としてレギュラーを務める。
 2年時秋13試合で16安打8長打を放ち、打率.340(4位)で初十傑入りを達成。
 2年間で計35試合(6番10、5番8)に先発し、通算37安打、打率.280本2点18の実績を残した。
 2部通算40試合、打率.280、37安打、2本塁打、18打点。

 180cm80kg、強肩強打の右翼手兼三塁手。
 左右に鋭い打球を弾き返す左の中距離打者。高校通算24発を記録したパンチ力を秘める。
 中学時代は主にショート。日大三高では2年秋に1番・三塁手の座を掴んだ。
 50m6秒0、遠投115mの身体能力の持ち主。強肩を生かしたスローイングでアウトに仕留める。
 高校時代に侍ジャパンU18日本代表を経験した。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2020年01月20日(月)|2021年大学生野手 | 東都大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
遠投120mはすごい
| 。・。 | 2017年09月04日(Mon) 14:38 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年大学生野手 | 東都大学 コメント(1) Page Top↑