青柳 真珠(専大)|ドラフト・レポート

青柳 真珠(専大)

ここでは、「青柳 真珠(専大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



青柳 真珠(専大)

184cm84kg 右右 MAX144km スライダー・カーブ・スプリット 松商学園
144㌔直球と縦スラ、スプリット。高3夏の予選31.2回で42K。甲子園で11K3失点完投勝利を収めた。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   18春: 1  0勝0敗   2  2  0  2  1  4.50二部
   18秋: 3  0勝0敗  2.2  1  1  2  0  0.00二部
   二部: 4  0勝0敗  4.2  3  1  4  1  1.93
          被安打率5.79 奪三振率1.93 四死球率7.71

 ■ 甲子園成績

   17夏     回数 被安 奪三 四死 自責
   土浦日大 先   9  6  11  3  1 140㌔ ○
   盛岡大附 先  6.1  8  6  2  4 139㌔ ●
          15.1  14  17  5  5 防2.93
       被安打率8.22 奪三振率9.98 四死球率2.93

投手成績詳細

   18春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責(2部)
   拓殖大     2  2  0  2  1

 ■ 高校時代成績

   17夏予        回数 被安 奪三 四死 失点 
   1回戦:小海高校    3.2  1       0
   2回戦:伊那北高 先   6  2  11  0  0
   4回戦:飯山高校 先   9  6  12  0  3
   準々決:小諸商業 先  7.2  5       0
   決勝戦:佐久長聖 先  5.1  8  6  5  4
              31.2  22  42  8  7 防1.99(失点から計算)
          被安打率6.25 奪三振率11.94 四死球率2.27

  最新記事

 ■ 松商学園・青柳真、悠々と完投 打線の援護に「投げやすかった」(SANSPO) 17/8/9

 第99回全国高校野球選手権大会第2日第2試合(松商学園12-3土浦日大)12点の援護を受けて、松商学園のエース青柳真は悠々の完投。「たくさん取ってくれて投げやすかった」と汗を拭った。後半に3失点したが、適時打は1本だけ。スプリットと縦のスライダーを駆使して11三振を奪った。長野大会では2年生右腕の直江と併用だったが、足立監督から「おまえが頼りだ」と初戦の先発に指名されて奮起した184センチの長身右腕は「足立先生に甲子園初勝利をプレゼントできてよかった」とほっとした表情だった。

   18秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責(2部)
   東農大    1.1  0  0  1  0
   国士大    0.2  0  0  0  0
          0.2  1  1  1  0
          2.2  1  1  2  0 防0.00
       被安打率3.38 奪三振率3.38 四死球率6.75

 ■ 松商学園コールド勝ち 青柳6回11K(日刊スポーツ) 17/7/11

 甲子園出場回数35回の松商学園が第8シードの伊那北を7回コールドで下した。6回を投げて11奪三振のエース青柳真珠投手は「縦と横のスライダーと直球の組み立てがうまくいきました」と笑顔で試合を振り返った。足立修監督も「良い投球でした。もっともっと成長してほしいですね」とさらなる進化を楽しみにしていた。
 青柳真、直江の両右腕が安定感を増し、ダブルエース体制が確立できた。速球にスライダーなどを交える配球は共通するが、青柳真は下半身の使い方が上達して課題の制球難を克服し、「強さ」に「しなやかさ」が加味された。(asahi.com)

  プロフィール

 長野県塩尻市出身。
 青柳 真珠(あおやぎ・ましゅう)投手。
 塩尻市立丘中学校時代は鉢盛シニアでプレー。

 松商学園では1年夏からベンチ入り。
 同年秋の予選から先発投手陣の一角を担い、県準々決で6四死球2-1初完投勝ちを収める。
 翌2年春の予選で背番号1を背負うも、計14.2回で20四死球と制球難を露呈。
 同年夏の予選に背番号11の控えとして臨み、岡谷工業戦で3安打4対1完投勝ちを挙げた。
 2年秋(県ベスト8)から再び主戦を務め、翌3年夏に9年ぶりの県大会Vを達成。
 球速を抑えたコントロール重視の投球で、32.1回42K、8四死球7失点の好成績を残している。
 伊那北戦で6回11奪三振無四球0封、飯山戦で12K3失点完投勝ちを記録。
 準々決・小諸商戦で7.2回0封リリーフを演じ、高橋聖人との投げ合いに5-4逆転で勝利した。 
 続く甲子園全2戦に先発で登板し、計15.1回で17三振、5四球7失点をマーク。
 土浦日大から4者連続を含む11三振を奪い、6安打3四球、12-3完投で初戦突破を果たした。
 1学年下のチームメイトとして直江大輔ら。

 184cm84kg、最速144㌔直球を持つ長身右腕。
 ワインドアップから上体を傾けて重心を下げ、インステップし、テイクバック大きめに柔らかい腕の振りから
 投げ込む最速144㌔直球と、110㌔台の2種類のスライダー、120㌔台のスプリット。
 ストレートに縦の変化球(縦のスライダー、逃げて落ちるスプリット)を織り交ぜて空振りを奪う。
 高3夏の県大会5試合31.2回で投球回数を超える42奪三振(率11.94)を記録。
 甲子園1回戦で4者連続を含む11奪三振(スプリット4、真っすぐ4、縦のスライダー3)の好投を見せた。
 130㌔台に抑えてコントロール重視で投げ込んで行く。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年02月13日(水)|2021年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑