市川 睦(JR東日本)|ドラフト・レポート

市川 睦(JR東日本)

ここでは、「市川 睦(JR東日本)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 横浜 西武 中日 日ハム 広島 福岡 巨人 楽天 阪神 千葉 東京 オリ
    【22候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



市川 睦(JR東日本)

182cm83kg 左左 MAX143km スライダー・カーブ・チェンジ 二松学舎大付→日大 1年目
野手の間を抜く左の好打者。強気の投球を見せる143㌔左腕。高3夏の予選で3年ぶりVを達成した。
最終更新日:2021-11-26 (Fri)|2023年社会人投手 東都大学 コメント(3)

  動 画

  投手・打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   18春:         登板無し           二部
   18秋: 1  0勝1敗  0.1  1  0  1  2 54.00二部
   19春:         登板無し           二部
   19秋:         登板無し           二部
   20春:         開催中止           二部
   20秋: 2  0勝0敗  2.1  1  2  1  0  0.00二部
   21春: 5  2勝0敗  28.2  24  13  7  8  2.51二部(5位)
   21秋: 3  0勝0敗   7  8  7  6  4  5.14
   一部: 3  0勝0敗   7  8  7  6  4  5.14
         被安打率10.29 奪三振率9.00 四死球率7.71
   二部: 8  2勝1敗  31.1  26  15  9  10  2.87
          被安打率7.47 奪三振率4.31 四死球率2.59

 ■ 甲子園成績

   17夏      回数 被安 奪三 四死 自責
   明桜高校 先   8  6  6  1  1 139㌔ ○ 
   三本松高 先  8.1  12  11  2  5 138㌔ ●
          16.1  18  17  3  6 防3.31
       被安打率9.92 奪三振率9.37 四死球率1.65

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   17夏: 2 .667  6  4 2 1 0 1 0 0 0  .667 1.333(7番/投)
   通算: 2 .667  6  4 2 1 0 1 0 0 0  .667 1.333

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   18秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責(2部)
   東農大    0.1  1  0  1  2 ●

   20秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責(2部)
   青学大     1  0  1  0  0
   専修大    1.1  1  1  1  0
          2.1  1  2  1  0 防0.00
       被安打率3.86 奪三振率7.71 四死球率3.86

   21春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責(2部)
   大正大 先  5.1  6  3  0  1 ○…初勝利
   国士大 先  7.2  4  4  4  0
   東農大 先   8  3  3  2  1
   拓殖大 先   5  5  2  0  2 ○
   専修大 先  2.2  6  1  1  4
          28.2  24  13  7  8 防2.51
       被安打率7.53 奪三振率4.08 四死球率2.20

   21春入替   回数 被安 奪三 四死 自責
   立正大     6  3  7  2  0

 ■ 高校時代成績

   16秋(背番号1)    回数 被安 奪三 四死 自責
   1回戦:日大二高 先  5  4  5  2  0封
   2回戦:帝京高校 先 5.1  11  0  2  5
             10.1  15  5  4  5 防4.35
          被安打率13.06 奪三振率4.35 四死球率3.48

   17夏(背番号1)    回数 被安 奪三 四死 失点
   3回戦:多摩目黒    6  5  5  2  2
   5回戦:独協高校 先  4  2  10  0  0 141㌔
   準々決:上野学園 先  9  5  12  0  1
   準決勝:関東第一 先  7  6  4  1  1 143㌔
   決勝戦:東高輪台 先  9  3  9  4  1 141㌔
              35  21  40  7  5 防1.29(失点から算出)
          被安打率5.40 奪三振率10.29 四死球率1.80

高校時代打撃成績

       試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   15夏予選: 2 .143  7  1 0 0 0 0          .143( 7番/右翼)
   15秋東京: 5 .294 17  5 2 0 0 2 1 1 0  .333  .412( 3番/中堅)
   16春関東: 1 .250  4  1 0 0 0 0 0 0 0  .250  .250( 6番/右翼)
   16夏予選: 5 .412 17  7 0 0 1 5          .588( 4番/右中)
   16秋東京: 2 .429  7  3 0 1 0 0 0 0 0  .429  .714( 6番/投手)
   17夏予選: 5 .500 12  6 1 1 0 2 0 3 0  .600  .750(7・8番/投手)
   通  算: 20 .359 64 23 3 2 1 9          .516

  最新記事

 ■ 二松学舎大付・市川、投打で活躍=高校野球(時事ドットコム) 17/8/13

 二松学舎大付の左腕、市川が投打で活躍した。投げては8回を1失点。六回に1点を失い、なお1死二、三塁で打者が放った低い打球をとっさに足で止め、すぐに拾って本塁に送球し三走をアウトに。後続を断って最少失点で切り抜けた。打っても二回に適時三塁打、四、六回は二塁打と4安打1打点。序盤は緊張していたというが、「2本目のヒットを打ってから緊張が解けた」。投球にも好影響をもたらした。東東京大会の後、昨年までのエースでプロ野球巨人の大江竜聖投手から「甲子園でも躍動してこい」と電話で激励されたそうで、先輩のエールに見事応えた。

   21秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   中央大    1.1  4  2  1  2
   駒澤大    3.1  0  3  0  0
       先  2.1  4  2  5  2
           7  8  7  6  4 防5.14
      被安打率10.29 奪三振率9.00 四死球率7.71

 ■ 二松学舎大付・市川「夢のような感じ」(時事ドットコム) 17/7/29

 二松学舎大付が混戦の東東京を制した。三回までに8点の援護を受けた市川は、緩急を交えて1失点完投。甲子園出場を決めた瞬間を「夢のような感じ。うれし涙が出てきた」と感激の面持ちで振り返った。途中まで緊張していたというが、五回に左の靴ひもが切れたのを機に「周りが見えて楽になった」。直球は終盤も140キロ前後をマークした。市原監督は「本当のエースになってくれた」と、成長ぶりをたたえた。

 ■ 二松学舎大付、3年ぶり決勝!市川が両脚つる力投7回1失点(SANSPO) 17/7/28

 二松学舎大付は東東京準決勝で、関東第一に七回コールドの8-1で勝利。3年ぶりの決勝進出を決めた。先発した市川睦(あつし)投手が7回6安打1失点で完投。「強気でいけたところが一番よかった」と、自己最速の143キロもマークした120球を振り返った。七回には左手中指がつり試合後には両脚もつって校歌斉唱の列から外れるほど、ギリギリの力投だった。

   直球はコンスタントに140㌔前後を計測。右打者への死球(記録は三振)が143㌔でした。

過去記事

 ■ 二松学舎大付エース市川睦12奪三振で4強(日刊スポーツ) 17/7/24

 二松学舎大付がエース市川睦投手の12三振を奪う力投でベスト4に進出した。味方打線が1回、長短4安打を集中して一挙4点を挙げた。3、4回にも1点ずつを加えてエースを援護した。このリードを背に、市川がリラックスした投球を見せた。最速141キロの速球に、チェンジアップをまじえ被安打5の1失点8回までに12三振を奪った。市原勝人監督は「今日はまっすぐがよかったし、チェンジアップも効果的だった。次も相手のことより自分たちのできることをやる。そしたら結果はついてくる」と話した。

 ■ 二松学舎大付・市川、4回10K…観戦のOB巨人・大江も「すごい」(報知) 17/7/21

 東東京の二松学舎大付は、昨年のエースだった巨人のドラフト6位左腕・大江竜聖投手が応援に駆けつける中、5回コールド勝ちで2年連続8強入り。大江から背番号1を受け継いだ左腕・市川睦が、自己最速141キロをマークし、4回無失点で毎回10三振を奪った。今大会初先発だったが、4回を2安打に封じ二塁も踏ませぬ快投を披露。三振は「全然狙っていなかった」と言うが変化球でカウントを稼ぎ、直球を決め球に2回先頭から4者連続三振12個のアウトのうち10個を三振で奪い、うち7個が空振りと球威も抜群だった。この日は自己最速を1キロ更新する141キロもマーク。応援に駆けつけた大江に「すごいとしか言えないですよね。自分たちより全然強い」と言わしめた。昨夏は4番・右翼で先輩とプレー。同じくOBの広島・鈴木誠也のように投打でプロ注目の存在だ。

  プロフィール

 東京都練馬区出身。
 市川 睦(いちかわ・あつし)投手兼外野手。
 小学校1年の時から軟式野球を始め、旭丘中では練馬中央シニアに所属。

 二松学舎大付では外野手兼投手としてプレー。
 1年生ながら夏の予選全2戦で7番・ライトを務め、同秋に3番・中堅手で都大会準優勝を飾る。
 翌2年夏の予選に4番ライトとして挑み、打率.412本1点5の活躍で4強に進出。
 初戦3回戦・足立学園戦で右越え2ランを放ち、5回戦・都立小山台戦で3安打を記録した。
 2年時秋の予選で主戦の座を掴み、都1回戦・日大二高戦で5回0封をマーク。
 同2回戦・帝京戦(6回途中5失点で敗戦)で左中間を破る三塁打(約11秒6)を放っている。
 翌3年春の都準々・日大三戦で6失点し、大会後から体作り、球速増に着手。
 体重を8㌔増の83kg、最速を140㌔に上げ、3年時夏に35回40Kの活躍で予選Vを達成した。
 準決勝・関東一戦で自己最速143㌔&中越え適時二塁打(外直球)を記録。
 中1日先発の決勝・高輪台戦(中指・両足を攣るアクシデント)で9-1完投勝ちを収めている。
 続く本戦全2戦の先発(7番)を担い、16.1回17K、18安打6失点の粘投を披露。
 初戦・明桜戦で聖地1勝(8回1失点)を飾ったが、三本松に2-5で敗れ3回戦で敗退となった。
 打者としては初戦2回戦で4の4を打ち、チーム19安打、14対2での快勝に貢献。
 外チェンジを中越え三・右中間二、内寄りチェンジを右線二と、大舞台で3長打の活躍をみせた。
 チームメイトとして1学年上に大江竜聖、同期に永井敦士ら。

 日本大学では1年生の秋から2部リーグ戦に出場。
 4年生の春になって先発2番手の座を掴み取り、2勝0敗、防2.51で2部ベスト10入りを果たした。
 開幕週・大正2回戦で初先発を務め、6回途中2失点の粘投で初勝利を記録。
 主戦・赤星優志を擁して5季ぶりの優勝を飾り、4年時秋に1部(3試合7回に登板)を経験した。
 東都通算11試合、2勝(0完投)1敗、38.1回、防御率3.29。

 182cm83kg、強気の投球を見せる143㌔左腕。
 セットポジションから始動して溜めて重心を下げ、着地早めに肘を使った腕の振りから投げ込む
 最速143㌔、常時130㌔台後半から140㌔前後(先発登板時)のストレートと、
 120㌔前後のスライダー、120㌔前後から120㌔台で沈むチェンジアップ、100㌔台のカーブ。
 真っすぐでインコースを突き、チェンジアップを織り交ぜる。直球はやや高め傾向。
 高3春の大会後に体重8kgアップを達成。3年夏の東東京大会で自己最速143㌔を計測した。
 被安打率7.98、奪三振率5.17、四死球率3.52。

 高校1年時からレギュラーを務めた好打の外野手。
 打ち損じもあるが振り切るスイングで弾き返す左の好打者。積極的な走塁で長打を記録する。
 左打者で一塁到達タイム4.2秒前後(1年秋時点)。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2021-11-26 (Fri)|2023年社会人投手 | 東都大学 コメント(3) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
ドラフトへは投で勝負?打で勝負?まずはそこから
| 。・。 | 2017年09月20日(Wed) 03:01 | URL #- [ 編集]
指名は微妙、あっても育成
だと思う。
| 匿名 | 2017年09月02日(Sat) 20:32 | URL #- [ 編集]
足がつった後の試合でも135km以上の直球と緩いカーブで
東海大高輪台を1失点完投、力を安定して出せる投手
先輩の巨人大江より上なのかな、今年ならドラフト指名はあるだろう
| 名無しさん | 2017年07月29日(Sat) 15:36 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2023年社会人投手 | 東都大学 コメント(3) Page Top↑