大貫 晋一(新日鉄住金鹿島)|ドラフト・レポート

大貫 晋一(新日鉄住金鹿島)

ここでは、「大貫 晋一(新日鉄住金鹿島)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



179cm68kg 右右 MAX148km スライダー・ツーシーム・スプリット・カーブ 桐陽→日体大 3年目
伸びのある直球とスライダー、ツーシーム、スプリット。都市対抗で11奪三振2失点完投勝利を挙げた。
2018年DeNA3位(契約金6000万円、年俸1200万円)

  動 画

  投手成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   17都: 1    2.1  2  0  0  0 145㌔ 西濃運輸
   17日: 1 先  3.2  6  4  1  2     日本新薬 ●
   18都: 1 先   9  6  11  1  2 146㌔ 日本新薬 ○
   18日: 2    18  17  19  4  2
        先   9  7  11  1  1 144㌔ 重工広島 ○
        先   9  10  8  3  1 145㌔ 日本新薬 ○
   通算: 5    33  31  34  6  6 防1.64
       被安打率8.45 奪三振率9.27 四死球率1.64

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   12春:        登板無し
   12秋:        登板無し
   13春: 6 3勝0敗  34.2          2  0.52(1位)
   13秋:        登板無し
   14春:        登板無し
   14秋:        登板無し
   15春: 1 0勝0敗
   15秋: 6 2勝2敗  44.1  29  23  17  6  1.22(3位)
   通算: 12 5勝2敗   79          8  0.91(4年春を除く)
    ※ 13春:ベストナイン

  最新記事

 ■ DeNA3位大貫が仮契約 プロ同期の大学後輩刺激(日刊スポーツ) 18/11/15

 DeNAドラフト3位の新日鉄住金鹿島・大貫晋一投手(24)が神栖市内のホテルで仮契約を行った。契約金は6000万円、年俸1200万円。背番号は同社OBで今季限りで引退した加賀の背負った16に決まった。大好きな地元球団の一員になる日を心待ちにする。横浜市出身で小さい頃からレプリカユニホームを着て横浜スタジアムに通った。「本物の、しかも自分の名前の入ったユニホームを着られるなんて夢のようです。みかん氷が大好きでした」とハマスタ名物を挙げ、昔を振り返った。

 ■ 新日鉄住金鹿島の大貫、決め球に自信(時事ドットコム) 18/11/3

 DeNAにドラフト3位で指名された新日鉄住金鹿島の大貫が11奪三振の力投を見せた。自己採点は60~70点にとどめたが、「チームが勝てたので何より」と喜んだ。この日は直球に手応えがなかった分、持ち味の制球力と多彩な変化球を駆使した。今季はシーズン前にヤンキース・田中の映像を参考にして、スプリットを習得。新たな決め球を得た。「頼れる武器になった」と、プロ入りに向けて自信をつかんだ様子だった。

 ■ 大貫、粘って完投=都市対抗野球(時事ドットコム) 18/7/18

 新日鉄住金鹿島の大貫が6安打2失点、11奪三振で完投し、快勝に貢献した。冬から磨いてきたという直球とキレのある変化球で要所を締め、「粘り強い投球ができた」と振り返った。

      試合 回数 被安 奪三 四死 防御率 被安率 奪三率 四死率 
   18都予: 3 20.2  18  22  3  3.48  7.84  9.58  1.31

過去記事

 ■ 制球甘く直球生かせず 新日鉄住金鹿島・大貫(毎日新聞) 17/11/7

 新日鉄住金鹿島は2大大会初先発の2年目右腕・大貫が四回途中2失点。制球が甘く最速146キロの直球を生かせず「緊張もあった」と悔やんだ「次世代のチームを引っ張る存在」と中島監督は抜てきしたが、ほろ苦いマウンドに。それでも大貫は「エースの座を狙う気持ちはさらに強くなった」と力を込めた。

 ■ 精神的弱さ克服し雄たけび 新日鉄住金鹿島・大貫晋一投手(毎日新聞) 17/6/6

 第88回都市対抗野球大会の2次予選・北関東大会は5日、代表決定トーナメントの初戦が行われ、新日鉄住金鹿島が3-0で日立製作所を降した。手応え十分の力投だった。好打者がそろう強力打線を相手に許した安打はわずか4本最速145キロの直球にツーシームやスライダーなど多彩な変化球を低めに集める持ち前の投球がさえ渡る完封劇だった。

   17都予     回数 被安 奪三 四死 自責
   日立製作所    3.1  3  2  4  1
   日立製作所 先   9  4  6  5  0
           12.1  7  8  9  1 防0.73
        被安打率5.11 奪三振率5.84 四死球率6.57

  プロフィール

 神奈川県横浜市出身。
 大貫 晋一(おおぬき・しんいち)投手。
 奈良小学校時代に軟式野球を始め、奈良中では横浜青葉シニアに所属。

 桐陽高では3年夏に県8強進出を達成。
 主戦として全5試合(先発2、救援3)に登板し、23.1回を12安打6失点に抑える力投を見せた。
 県大会ベスト8が最高成績。甲子園経験は無し。

 日本体育大では2年春からリーグ戦に出場。
 主に先発として6戦(先発4)、計34.2回に登板し、防0.52(1位)の活躍で4季ぶりVを達成する。
 西村天裕と投げ合った帝京1回戦で、3安打2対0初完投初完封勝利をマーク。
 いずれも先発で3勝(東海大戦で2勝)を挙げ、2年生で投手ベストナインのタイトルに輝いた。
 続く大学選手権にはケガで出場できず、以降3年秋のリーグ戦まで戦線を離脱。
 4年秋(2番手)になって防1.22(3位)を記録し、横浜市長杯で144㌔(1回1K0封)を計測した。
 通算12試合、5勝(2完投1完封)2敗、79回、防御率0.91。

 新日鉄住金鹿島では1年目から公式戦に出場。
 2年目になって主戦候補として登板数を増やし、都対予選で2試合12.1回1失点の実績を残す。
 第1代表決定トーナメント1回戦・日立製作所戦で4安打6K完封勝利を記録。
 本戦1回戦・西濃戦で全国デビューを果たし、2.1回2安打0封(145㌔計測)の結果を残した。
 その後、筋力トレーニングに取り組み、ストレートの自己最速を148㌔までアップ。
 先発を務めた翌3年目の都対初戦・新薬戦(146㌔計測)で11K9-2完投の好投を演じている。
 二大大会4試合、2勝(2完投)1敗、24回、防御率1.88。

 179cm68kg、最速148㌔直球を持つ細身の右腕。
 ノーワインドからヒザを高めに上げてインステップし、後ろ大きめにヒジを柔らかく使った腕の振りから
 投げ込む最速148㌔、常時130㌔台後半から140㌔台前半の伸びのある直球と、
 120㌔台のスライダー、130㌔台の得意球ツーシーム、130㌔台の新球SFF、110㌔台のカーブ。
 真っ直ぐと変化球とのコンビネーションが持ち味。2シームで打者の打ち損じを誘う。
 3年目の都対で2失点完投勝利をマーク。11K(直球見逃し6、直球空振り3)の好投を見せた。
 右ヒジを手術した影響で大学時代の実績は少ない。

  スカウトコメント

DeNAスカウト|18/10/25
 「最速148km/hの球質の良いストレートに加え、多彩な変化球を操る即戦力右腕。制球力高く、決め球のスプリットは鋭く落ちて勝負球として有効」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2018年11月23日(金)|2018年ドラフト指名選手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年ドラフト指名選手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑