加藤 竜馬(亜大)|ドラフト・レポート

加藤 竜馬(亜大)

ここでは、「加藤 竜馬(亜大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



加藤 竜馬(亜大)

186cm92kg 右左 MAX142km スライダー・カーブ・フォーク・チェンジ 大阪偕星学園
プロ注目の投手兼右翼手。50m6秒0の脚力を備える。大阪桐蔭戦で3失点完投の粘投を見せた。

  動 画

  最新記事

 ■ 大阪偕星学園プロ注目の加藤投手は打者2打点(日刊スポーツ) 17/7/18

 15年夏の優勝校・大阪偕星学園が6回コールド勝ちで2回戦を突破した。初回に1点を先制、その後も得点を積み重ね、6回の6得点で突き放した。プロ注目の加藤竜馬投手はこの日登板せず、1番右翼で出場し、2打数1安打2四球2打点。「ここで1本というところで打てていない」と反省した。

      試合 打率 打 安 本 点
   17夏予: 5 .333 15  5  0  6

   17夏予     回数 被安 奪三 四死 失点 
   1回戦:布施高   1  1       0
   3回戦:山本高   1  1       0
   4回戦:高槻北   3  0       0
   5回戦:大冠高   3  0       0
            8  2       0 防0.00

 ■ 大阪偕星学園、大阪桐蔭を追い詰めるも…秘策で撃沈(デイリースポーツ) 16/10/2

 大阪偕星学園は2点を追う九回に1点差まで迫ったが、最後はホームスチールを仕掛けて失敗。昨夏、大阪桐蔭を撃破した再現はならず、山本監督は「選手はよく頑張った。きょうは監督の責任です。勝てていた試合でした」と悔しさを隠せなかった。ただ投手に転向してわずか2カ月のエース・加藤が踏ん張り、大阪桐蔭と互角に渡り合った。

  プロフィール

 岡山県津山市出身。
 加藤 竜馬(かとう・りゅうま)投手。
 加茂小2年から加茂ジュニアで野球を始め、加茂中では美作スーパースターズに所属。

 大阪偕星学園進学後2年夏に投手転向。
 同年秋予選から主将・エースとしてベンチ入りし、大阪3回戦で2回5K0封の好デビューを果たす。
 初先発を任された4回戦・大阪桐蔭戦で8回9安打3失点完投の粘投を披露。
 強豪と互角の接戦を演じたが、6、8回ウラに1点ずつを失い、惜しくも1点差で金星を逃した。
 腰を痛めた影響により翌3年春の大阪大会には背番号9の右翼手として出場。
 徳山壮磨が相手の5回戦・大阪桐蔭戦(4番・投手)でライト前への先制打を記録している。
 同試合で大会初登板を果たすも2.1回9失点KOと振るわず5回1対11で大敗。
 続く3年夏の予選に主戦兼右翼手として臨み、4戦8回2安打0封、打率.333本0点6を記録した。
 大阪5回戦が最高成績。甲子園出場経験は無し。

 186cm92kg、プロ注目の投手兼右翼手。
 セットポジションから投げ込む最速142㌔の直球と、スライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップ。
 投手転向から短期間で142㌔腕へと成長。主戦投手としてチームを牽引する。
 恵まれた体格に備える50m走6秒0の脚力も持ち味のひとつ。1、3、4番の上位打線を務めた。
 マウンドに上がらない時は右翼手をこなす。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2018年02月27日(火)|2021年大学生投手 | 東都大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
OBの2015年・日ハムドラフト8位の姫野みたいに下位でプロ入りあるかも知れませんね。
投手始めて2ヶ月で戦力になるとか凄いですし、それに加えて素晴らしい脚力と堂々たる体格。
ここのチームは新しい高校野球の可能性を示してくれるチームなので楽しみです。
| ぽにぽにぽにー | 2017年07月19日(Wed) 16:22 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年大学生投手 | 東都大学 コメント(1) Page Top↑