宮城 大弥(興南)|ドラフト・レポート

宮城 大弥(興南)

ここでは、「宮城 大弥(興南)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



宮城 大弥(興南)

173cm70kg 左左 MAX149km スライダー・カーブ・チェンジ・スプリット
最速149㌔直球とスライダー。マウンド度胸の良い左腕。沖水戦で6回15奪三振0封の快投を見せた。
2019年オリックス1位(契約金8000万円、年俸770万円)

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   17夏: 1 先   4  8  2  3  3 138㌔ 智弁和歌
   18夏: 2    5.2  6  5  4  2
            2  1  4  0  1 143㌔ 土浦日大
           3.2  5  1  4  1 143㌔ 木更津総
   通算: 3    9.2  14  7  7  5 防4.66
       被安打率13.03 奪三振率6.52 四死球率6.52

 【 国際大会 】 
   19年W杯  回数 被安 奪三 四死 失点 自責
   USA     1  0  3  0  0  0 141㌔
   TPE 先  4.2  5  4  2  3  1 ●
   KOR     3  5  2  1  3  0 149㌔
           8.2  10  9  3  6  1 防1.04
        被安打率10.38 奪三振率9.35 四死球率3.12

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   17夏(背番号11)     回数 被安 奪三 四死 失点 
   沖縄1回戦:向陽高校    2          0
     2回戦:真和志高    4          0
     3回戦:読谷高校    4          0
     準々決:宮古高校   2.1          0
     準決勝:糸満高校    1  0  1     0
     決勝戦:美来工科 先  9  7  13  0  1 142㌔…20.1回連続無失点
               22.1  16  34  3  1 防0.40
            被安打率6.45 奪三振率13.70 四死球率1.21

   17秋(背番号11)     回数 被安 奪三 四死 自責 
   九州1回戦:宮崎日大   1.2  0  3  0  0 142㌔
     2回戦:東筑高校    2  2  2  1  2
                3.2  2  5  1  2 防4.91
            被安打率4.91 奪三振率12.27 四死球率2.45

   18夏(背番号13)     回数 被安 奪三 四死 失点 
   沖縄2回戦:豊見城南 先            0
     3回戦:八重山高 先            1
     4回戦:首里東高    2  0       0
     準々決:那覇高校   1.1  0  1  0  0
     決勝戦:糸満高校 先  9  2  8  0  0
               23.1  12  22  4  1 防0.39(失点から算出)
            被安打率4.63 奪三振率8.49 四死球率1.54

   18秋(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点 
   沖縄2回戦:沖縄工業 先 5.2          0
     3回戦:知念高校 先 3.1  3  2  2  0
     4回戦:与勝高校    5          0
     準々決:宜野湾高 先  6  4  3  1  0
     準決勝:嘉手納高 先  9  4  16     0封
     決勝戦:沖縄水産 先 5.2  8  3  3  6    …31回連続無失点
   九州1回戦:熊本国府 先  9  6  14  3  2 145㌔
     準々決:筑陽学園 先  12  5  13  1  1 143㌔…延長13回TB0対1
               55.2          9 防0.65

   19春(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点 
   沖縄3回戦:西原高校    1  0  1     0 148㌔
     準々決:コザ高校 先  9  5  11     1 148㌔
     準決勝:北山高校    8  6  9  1  1…延長14回TB2対1
     決勝戦:沖縄水産    6  3  15  0  0…4年ぶりの優勝
   九州2回戦:神村学園 先  9  6  10  2  4 148㌔(プロ計測149㌔)
     準々決:筑陽学園    4  0  8  1  0
     準決勝:大分高校    4  1  9  0  0
     決勝戦:西短大付 先  9  6  14  4  5
                50  27  77    11 防1.98(失点から算出)
                  被安打率4.86 奪三振率13.86

  最新記事

 ■ オリックス・ドラ1宮城 入団合意 契約金は「両親に贈りたい」(デイリー) 19/11/15

 オリックスからドラフト1位で指名された興南の宮城大弥投手が15日、契約金8000万円、年俸770万円で合意した。背番号は13に決まった。担当の縞田スカウトは「球にキレと強さを感じる。こういう左投手は見たことがない楽天の松井みたいになれるんじゃいかと思います」と評価した。
 福良GMは「先発でもリリーフでも両方いけるんじゃないか」と期待する。(デイリー)

   19夏(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点 
   沖縄1回戦:宮古総合    1  0  2  0  0 149㌔
     2回戦:前原高校 先  9  3  9     0封
     3回戦:具志川商 先  5  2  7     0
     準々決:宜野湾高 先  9  7  14     2
     準決勝:美里工業 先  9  4  14     2
     決勝戦:沖縄尚学 先  13  12  15  8  8 147㌔ 229球
                46  28  61    12 防2.35(失点から算出)
                  被安打率5.48 奪三振率11.93

       試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   19年W杯: 4 .375  8  3 1 0 0 0 1 2 0  .500  .500
   通  算: 4 .375  8  3 1 0 0 0 1 2 0  .500  .500

    【球速変遷】1年夏142㌔→2年夏143㌔→2年秋145㌔→3年春149㌔

 ■ 興南・宮城大 連投229球力尽きる 延長13回に押し出し(スポニチ) 19/7/22

 興南は宮城大が最後の最後に力尽きた。初回に4点を失う苦しい立ち上がり。連投のマウンドで229球、15三振を奪ったが、13回に決勝の押し出し四球を与えてしまった。進路については「プロに行きたい」と改めて表明。この日も複数球団のスカウトが視察に訪れ、オリックスの縞田拓弥アマスカウトは「コントロールがいいし、変化球の切れがある高校生の中では高いレベルだと思う」と評した。

 ■ 興南16強、宮城大3安打9K完封、変化球織り交ぜ「絞られないように」(スポニチ) 19/7/9

 興南のドラフト1位候補左腕・宮城大が3安打完封で前原を下し、16強に進出した。打っては今大会初の4番に座り3安打プロ球団からは打者として評価する声も多い

過去記事

 ■ 興南・宮城 夏初戦で自己最速タイ149キロ(日刊スポーツ) 19/7/1

 8-0で迎えた7回表に3番手でマウンドへ。打者3人に対して2三振を奪う完璧な投球だったが、最後の空振り三振の直球が自己最速タイの149キロだった。ロッテ永野チーフスカウトは「投げる姿見られてよかった。力強さは変わらずいいですね」と評価した。
 今秋のドラフト1位候補の逸材とあって中日・松永幸男編成部長、ロッテ・永野吉成チーフスカウトら複数球団が視察に訪れた。(スポニチ)

 ■ ドラ1候補勢力図に変化 興南・宮城の評価急上昇(スポニチ) 19/6/27

 今秋ドラフトの高校生1位候補の勢力図は少しずつ変化を見せる。佐々木朗が圧倒的に抜けた存在となる一方で奥川、西、及川に加え、興南の左腕・宮城の評価が上昇中。小柄だが抜群の制球力とセンスが高評価を得ており、1位候補の呼び声も高い。

 ■ 興南・宮城3回6K、最速148キロ 巨人5人態勢で視察(スポーツ報知) 19/6/1

 興南の宮城大弥が31日、桐蔭学園との練習試合に救援登板した。3回4安打1失点最速148キロをマーク。9球団26人のスカウト陣から絶賛の声が飛んだ。6Kすべて空振りで奪い、そのうち3個が3球三振。同じU―18高校日本代表候補の森敬斗遊撃手には、7回無死一塁から外角直球で空振り三振。9回に右前にはじき返された。「やっぱりすごい。スイングも速い。思い切り振られての三振なので、甘くいったら打たれる」と刺激を受け、「夏までに150キロにいきたい」と本番を見据えた。DeNAと並び最多5人態勢で視察した巨人の長谷川スカウト部長は「打者に向かっていく姿勢がいい。田口の高校時代より馬力がある」と称賛。西武・渡辺GMは「球のキレ、制球、リズムもいい。1年夏の甲子園で見てから順調に伸びている。上位候補の可能性はある」と目を見張った。

 ■ 興南9年ぶり決勝進出 エース宮城が「投走」の活躍(日刊スポーツ) 19/4/25

 興南が左腕エース宮城大弥投手の「投走」の活躍で、9年ぶりの決勝進出を決めた。1点ビハインドの6回から3番手として登板して3者凡退に仕留めると、7回の攻撃では2死二、三塁からの内野安打で二塁走者として果敢にホームに突入。逆転の得点もマークした。マウンドでは9回まで4回で9奪三振1安打無失点の完璧救援で勝利に導いた。今大会3試合を投げて、17イニングで27奪三振奪三振率は14・29。驚異的な数字で絶対的エースとして君臨している。

 ■ 興南・宮城大弥にスタンドもため息「抜けてる存在」(日刊スポーツ) 19/4/21

 興南の宮城大弥投手が、9回4失点完投でチームのサヨナラ勝ちを呼び込んだ。2ケタ10奪三振をマークした。4回先頭打者から5回2死まで5者連続三振。力強い直球とキレのある変化球で、三振の山を築いた。4回にはネット裏のスカウトのスピードガンで最速を1キロ更新する149キロをマーク。ロッテ永野チーフスカウトは「高校生の左腕としては抜けている存在胸の張りがスピードの秘密でしょう。これからもマークしていきますよ」と高評価した。

 ■ 興南が初戦突破、エース宮城大弥が142球完投14K(日刊スポーツ) 18/10/22

 興南がエース左腕、宮城大弥投手の成長した投球で初戦を突破した。これまでの最速を2キロ更新する145キロを計時した直球と、多彩な変化球をまぜて、14奪三振。6回に集中打を許して2点を失ったが、危なげない投球で142球完投勝利だ。

 ■ 興南・我喜屋監督「ハートで投げた」宮城が満塁斬り(日刊スポーツ) 18/8/9

 興南が土浦日大に競り勝ち、沖縄県勢夏70勝を挙げた。3-1で迎えた8回表無死満塁の大ピンチで、左翼を守っていた背番号13の宮城大弥投手(2年)が救援のマウンドへ。最初の打者を空振り三振に仕留めると、続く打者を投ゴロ併殺。チームの大ピンチを救って初戦突破をもたらした。昨夏、1年生ながら甲子園初戦の智弁和歌山戦に先発も、6-0のリードを守りきれずにチームは敗れていた。「昨年の悔しさを晴らせました」。最速142キロの勢いのある投球で見事な「火消し役」を見せた。

 ■ 興南・宮城大弥、二塁踏ませず無四球完封!2年連続甲子園(スポーツ報知) 18/7/24

 2年生左腕・宮城大弥が6回2死まで完全投球を見せるなど、散発2安打で無四球完封。糸満打線に二塁すら踏ませず、わずか96球で投げきり、2年連続の出場を決めた。10年には春夏連覇を達成している名将・我喜屋優監督は「宮城は緩急をつけて相手に的を絞らせず、安心して見ていられた。今年は100回大会。沖縄の代表として、しっかりと足跡を残したい」と闘志を燃やした。

 ■ 興南の宮城、気持ち負け=高校野球(時事ドットコム) 17/8/11

 興南を引っ張ってきた1年生の宮城が、全国の舞台で力を出し切れなかった。三回まで無失点に抑えていたが、打線が6点を先取した直後の四回に2失点。五回には2ランを浴びて途中降板した。智弁和歌山は各打者のスイングが力強く、県大会の相手とは「全然違って不安になってしまった」。左腕は弱気の投球を悔やんだ。来年に向けて「いろんな打者と対戦し、自信を付けて戻ってきたい」。甲子園の土は「お世話になった3年生に渡そうと思う」と話した。主将の福元は「(宮城は)スピードは出ていたが、相手に押されていた。この悔しさを次に生かしてほしい」とエールを送った。

 ■ 興南の1年生左腕、宮城は注目気にせず「気にしたらプレッシャーになる」(SANSPO) 17/8/3

 2年ぶり11度目出場の立役者となった興南の1年生左腕、宮城はマウンドの感触を入念に確認。U-15日本代表の経験を持ち、注目を集めるが「(注目は)気にしない。気にしたらプレッシャーになる」と落ち着いた様子で語った。左腕島袋を擁して春夏連覇を果たした2010年の戦いに憧れ、興南に進んだという。我喜屋監督は「投げている内に自分のリズムをつくれる島袋になんか似ている。謙虚にやればすごい投手になる」と期待を寄せた。
 2010年春夏連覇の時の島袋、15年夏8強の比屋根の両エースを思い起こさせるトルネード左腕だ。興南の1年生、宮城は「先輩を意識したのではなく、内角を突くために自然とこんなフォームになった」と説明する。(西日本スポーツ17/8/6)

 ■ 興南の怪物1年生・宮城、聖地一番乗り導いた(スポーツ報知) 17/7/17

 沖縄で決勝が行われ、10年春夏連覇の興南が、全国一番乗りで2年ぶり11度目の甲子園出場を決めた。1年生左腕の背番号11・宮城大弥(ひろや)が公式戦初先発で自己最速142キロをマークし、13奪三振1失点完投。公式戦初先発。告げられたのは、この日の朝だった。「驚きはなかった。自信はあった」。躍動感のあるオーバースローで、今大会全6試合に登板し、計22回1/3を投げ34奪三振。8回に失点するまで、20回1/3を無失点だった。奪三振率は驚異の13・70。三振数、奪三振率ともに江川卓や荒木大輔、桑田真澄の1年時の地方大会を上回る。我喜屋優監督は「島袋(現ソフトバンクで10年に同校で甲子園春夏連覇)もここまでの度胸はなかった」と目を細める。野球が大好きだ。兄の影響で1歳からボールとバットが遊び道具だった。4歳時にはすでに小学生の野球チームに所属。練習に明け暮れた。小学5年時には投げ過ぎが原因で左肘を剥離骨折。肩が上がらなかったが、幼少期からボールに触れていたことで、知らないうちに両投げを習得していた。けがの期間中、投手ではなく右投げの外野手としてプレー。中学1年になると右投手として登板も果たした。中学2年で完治するまで、決して野球から離れようとはしなかった。

  プロフィール

 沖縄県宜野湾市生まれ。
 宮城 大弥(みやぎ・ひろや)投手。
 志真志小学校時代から軟式野球を始め、嘉数中学校では宜野湾ポニーズに所属。
 中学3年時に侍ジャパンU15 代表入りを果たした。

 興南高校では1年時春からベンチ入り。
 同年夏の県大会全6戦に背番号11で登板し、防0.40の安定した投球で2年ぶりの優勝を飾る。
 未来工科相手の決勝で無四球13K15-1初先発初完投勝ち(142㌔)を記録。
 投球回数を大きく上回る34K(率13.70)を奪い、合計22.1回を3四死球1失点に抑え込んだ。
 本戦初戦・和智弁戦で全国デビューするも4.0回4失点と振わずチームも敗退。
 6点を先制しながら本調子を欠いて降板となり、救援陣も打たれて6対9で逆転負けとなった。
 翌2年夏の予選に背番号13として臨み、決勝・糸満戦で5-0完封勝ちをマーク。
 続く甲子園初戦・土浦日大戦(143㌔を計測)で満塁ピンチを救う好リリーフを披露している。
 同秋の県大会で背番号1の座を掴み、31回連続無失点&1試合16Kを記録。
 九州初戦・国府戦で14K5-2完投勝ちを収め、準々・筑陽戦で13回TB0-1完投と善戦した。
 その後のオフトレで直球の球速を伸ばし、翌3年春の大会で最速149㌔を計測。
 県決勝・沖水戦で6回15Kの快投を演じるなど、50回77Kの活躍で九州準Vを達成している。
 3年夏の沖縄大会は沖尚に延長13回229球7対8完投で敗れ惜しくも準優勝。
 主に先発で全5試合46回681球を投げ、28安打61K、準決勝まで33回4失点と好投を見せた。
 3学年上のOBに比屋根雅也(現立大)ら。

 173cm70kg、マウンド度胸の良い149㌔左腕。
 ノーワインドアップから体をやや捻って重心を下げ、インステップしてヒジを柔らかく使った腕の振りから
 繰り出す最速149㌔、常時130㌔後半から140㌔強(18夏)のキレのある直球と、
 110㌔台から120㌔前後のスライダー、その他100㌔前後のカーブ、110㌔台のチェンジアップ。
 3年春時点で最速149㌔をマーク。直球に変化球を交えて内外角に投げ込む。
 宜野湾ポニーズ・知名朝雄総監督から、コントロールの良さ、野球センスの高さを評価されていた。
 遠投120m、50m6秒3。3年春の奪三振率13.86。

  スカウトコメント

オリックス・縞田スカウト|19/11/15
 「球にキレと強さを感じる。こういう左投手は見たことがない。楽天の松井みたいになれるんじゃいかと思います」
オリックス・福良GM|19/11/15
 「先発でもリリーフでも両方いけるんじゃないか」
オリックス・縞田拓弥スカウト|19/10/17
 「MAX149キロの本格派左腕。力強い球質、インステップから投げる球は威力抜群で、中学時代から世界大会を経験しており、ハートの強さも持っている将来性抜群の投手」
オリックス・縞田拓弥アマスカウト|19/7/22
 「コントロールがいいし、変化球の切れがある。高校生の中では高いレベルだと思う」
ロッテ・永野チーフスカウト|19/7/1
 「投げる姿見られてよかった。力強さは変わらずいいですね」
中日・米村明チーフスカウト|19/6/14
 「左ピッチャーでコントロールがいい。僕が一番印象に残っているのは、昨年の甲子園でノーアウト満塁の場面で出てきて、平気な顔して0点で抑えたシーン。1年夏から修羅場をくぐっていて経験豊富で、押すところと引くところがわかっています。先発、中継ぎ、抑えと万能に力を発揮するタイプです。左ピッチャーが手薄な球団は当然上位候補でしょう」
巨人・長谷川スカウト部長|19/6/1
 「打者に向かっていく姿勢がいい。田口の高校時代より馬力がある」
西武・渡辺GM|19/6/1
 「球のキレ、制球、リズムもいい。1年夏の甲子園で見てから順調に伸びている。上位候補の可能性はある」
ロッテ・永野チーフスカウト|19/4/21
 「高校生の左腕としては抜けている存在。胸の張りがスピードの秘密でしょう。これからもマークしていきますよ」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年11月16日(土)|2019年ドラフト指名選手 | コメント(6) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
心身共に強靭なタフネス左腕。期待してます!
| Bs 捲り | 2019年10月19日(Sat) 08:45 | URL #- [ 編集]
大学選抜との試合を見ましたが、宮城くん良い球投げてましたね。
小柄ではありますが左腕で150キロ近く投げられるピッチャーは貴重なので2位か3位前半くらいでしょうか。
| ぽにぽにぽにー | 2019年09月20日(Fri) 18:12 | URL #- [ 編集]
大学進学しそうな予感がする
| 興南 | 2019年06月03日(Mon) 21:09 | URL #- [ 編集]
能力的にはもっと騒がれてもいいと思うんだけど、なんで報道とかスカウトのコメントがあまり盛り上がってないんだろう?
まぁ2年前も清宮・安田・中村ほど盛り上がっていなかった村上が蓋を開けてみれば外れ1位とはいえ3球団競合だったから報道の多さは当てにならないかもだけど。
| kyo | 2019年05月26日(Sun) 18:43 | URL #- [ 編集]
詳細はわからないのですが、先日の沖縄春季大会で最速148kmを記録したようです
ストレートの平均球速は約144kmとのことです(全11球)
| 平峰 | 2019年04月01日(Mon) 10:30 | URL #- [ 編集]
身長も同じくらいだし、同じ左だし、投げ方もほぼ同じだし、将来は島袋、比屋根のようなトルネード投手として注目されそうですね。
興南の左腕は本当にこういうタイプの投手が育ちますね。
| 匿名 | 2017年07月17日(Mon) 13:19 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年ドラフト指名選手 | コメント(6) Page Top↑