川船 龍星(拓大)|ドラフト・レポート

川船 龍星(拓大)

ここでは、「川船 龍星(拓大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



川船 龍星(拓大)

178cm78kg 右左 MAX147km スライダー・カーブ・フォーク 松本第一
最速147㌔直球を持つ本格派。専大戦で3安打10K初完封を記録。スライダー、フォークなどを交える。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   18春: 2  0勝0敗  1.2  0  0  4  2 10.80二部
   18秋:         登板無し           二部
   19春: 2  0勝1敗   8  3  6  5  1  1.13二部
   19秋: 6  1勝1敗   25  17  28  13  9  3.24二部
   二部: 10  1勝2敗  34.2  20  34  22  12  3.12 
          被安打率5.19 奪三振率8.83 四死球率5.71

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   18春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責(2部)
   日本大     0  0  0  2  2
   国士大    1.2  0  0  2  0
          1.2  0  0  4  2 防10.80
       被安打率0.00 奪三振率0.00 四死球率21.60

   19春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責(2部)
   国士大     2  0  2  3  0
   専修大 先   6  3  4  2  1 ●
           8  3  6  5  1 防1.13
       被安打率3.38 奪三振率6.75 四死球率5.63

 ■ 高校時代成績

   17夏予        回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:長野商業 先   8  7  3  4  2
               8  7  3  4  2 防2.25(失点から計算)
           被安打率7.88 奪三振率3.38 四死球率4.50

  最新記事

 ■ 松本第一 最速145キロ右腕 初戦で敗退(スポニチ) 17/7/12

 松本第一のプロ注目投手・川船龍星が初戦で散った。9回2失点と力投したものの、打線の援護に恵まれず、長野商に1―2で敗戦。試合後は目を赤く腫らしながらも、「ピッチングの内容は悪くなかったし、みんなと楽しく野球がやれたので悔いはありません」とすがすがしい表情を見せた。昨秋は130キロ程度だった直球がわずか8カ月あまりで最速145キロになるまで急成長した右腕は、「大学に進学するつもりだけど、プロから誘いがあれば行ってみたい気持ちもある」と今後の進路に含みを持たせた。

   19秋(1完1封) 回数 被安 奪三 四死 自責(2部)
   東農大 先  2.2  5  4  3  4 ●
   専修大 先   9  3  10  5  0 ○封
   青学大 先   8  4  8  2  1   147㌔
   国士大 先   2  3  3  0  3
       先   3  2  2  1  0
   日本大    0.1  0  1  2  1
           25  17  28  13  9 防3.24
      被安打率6.12 奪三振率10.08 四死球率4.68

   19秋入替   回数 被安 奪三 四死 自責
   駒澤大 先  6.2  3  4  5  2 ● 146㌔

  プロフィール

 長野県松本市出身。
 川船 龍星(かわふね・りゅうせい)投手。
 丸ノ内中学校時代は松本南シニアで3番手の控え投手としてプレー。

 松本第一高校時代に目立った実績は無し。
 2年時夏の県大会(2回戦)をベンチ外ですごし、同秋の新チーム結成時から主力投手を務める。
 地区初戦・田川高校戦の先発を担うも15安打を浴びて10回5-6完投で敗退。
 その後オフに行ったトレーニングで身体を絞り、一冬越えてプロ注目145㌔腕へと成長をとげた。
 翌3年春の地区2回戦で田川と再戦し、7回8対0完封で見事リベンジを達成。
 翌日行われた代表決定戦・松商学園(3対4で惜敗)で7.2回無失点の好救援を演じている。
 同年夏の予選は長野商(前年秋北信越8強)に逆転負けで初戦2回戦敗退。
 4回表の攻撃で1点を先制したが、6回・8回に1点ずつを失い、惜しくも1対2で完投負けとなった。
 1学年上のチームメイトに牧秀悟(現中大)遊撃手ら。

 拓殖大では1年時春から2部ベンチ入り。
 2年時秋のリーグ戦で先発2番手の座を獲得し、専大2回戦で10K2-0初完封初勝利を収めた。
 2部通算10試合、1勝2敗、34.2回、防御率3.12。

 178cm78kg、プロ注目の最速147㌔右腕。
 セットポジションからタメを作って軽く重心を下げ、着地早めに右ヒジを柔らかく使った腕の振りから
 投げ込む最速147㌔、常時130㌔台後半から140㌔台前半(先発時)の直球と、
 120㌔台から130㌔強の縦スラ、130㌔台のカット、130㌔前後のフォーク、110㌔前後のカーブ。
 147㌔直球を武器とする本格派。縦スラ、フォークなど、一通りの変化球を交える。
 高2冬から高3春にかけて最速7㌔アップ(145㌔到達)を達成。プロスカウトからの評価を高めた。
 被安打率5.19、奪三振率8.83、四死球率5.71。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年12月11日(水)|2021年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑