森田 輝(奈良学園大)|ドラフト・レポート

森田 輝(奈良学園大)

ここでは、「森田 輝(奈良学園大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



170cm65kg 右右 MAX143km スライダー・カーブ・スプリット・ツーシーム 上宮太子
伸びのある直球と鋭い縦のスライダー。高2秋に17年ぶりVを達成。履正社相手に完投勝利を挙げた。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   18春:        登板無し
   18秋: 4  1勝1敗   18  21  11  6  9  4.50
   通算: 4  1勝1敗   18  21  11  6  9  4.50
         被安打率10.50 奪三振率5.50 四死球率3.00

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   16秋(不明分を除く)    回数 被安 奪三 四死 失点
   大阪2回戦:箕面学園 先   6          6
     4回戦:近大附属 先   9          1
     5回戦:浪速高校 先   6          0封
     準々決:今宮高校 先   5          0封
     準決勝:初芝立命 先   7          0封
     決 勝:履正社高 先   9  7  10  6  3
   近畿1回戦:高野山高 先   9  8  11  0  5
     準々決:神戸国附 先  5.1  9  0  5  11…6回に一挙9失点
                56.1         26

   17夏予          回数 被安 奪三 四死 失点
   大阪1回戦:鳳 高 校    5.2  4       0
     2回戦:登美丘高     4  1       0
     4回戦:太成学院     6  5       1
     5回戦:汎愛高校     6  10       6
                21.2  20       7 防2.91(失点から算出)

  最新記事

 ■ 上宮太子、劇的サヨナラ勝ちにエース森田号泣(日刊スポーツ) 17/7/10

 大阪大会で、昨秋府王者の上宮太子が9回2死まで追い込まれながらサヨナラ勝ちした。序盤で0-5の苦しい展開になったが、3回1死満塁から登板したエースの森田輝投手が逆転を信じて無失点投球を続け、劇勝を呼んだ。昨秋府王者として、頂点を見すえた戦いだった。日野利久監は「相手どうこうではなく、7月の後半に森田の調子を合わせようと。5点までは我慢しようと思っていた」。エースを温存し、3投手で継いだが3回途中までで5失点。森田はブルペンで2、3球しか投げていなかったが「行けます」と直訴した。「自分がチームのエースなので、ここで抑えないといけない」。そんな姿に攻撃陣も応え、4回に2点、8回に1点と得点を重ねていった。

   18秋    回数 被安 奪三 四死 失点
   大市大    1.1  4  0  0  2 ●
   和 大    1.2  1  1  0  0
   大工大 先   7  6  5  2  2
   神戸大 先   8  10  5  4  5 ○
          18  21  11  6  9 防4.50
      被安打率10.50 奪三振率5.50 四死球率3.00

 ■ 上宮太子がサヨナラで1回戦突破 高校野球大阪大会(デイリースポーツ) 17/7/9

 優勝候補の一角、上宮太子が、鳳に逆転サヨナラ勝ちで1回戦を突破した。プロ注目のエース・森田輝投手は、ベンチスタート。先発した尾川洸晟投手(2年)が初回に2点を先制され、流れに乗り損ねた。すると、森田は0-5となった三回1死満塁で日野利久監督に直訴してマウンドへ。エースが5回2/3を無失点の好投で流れを引き戻した上宮太子は昨秋の大阪大会で優勝。同大会の決勝では、今春センバツ準優勝・履正社を破っており、今大会も今春センバツ優勝・大阪桐蔭、履正社と並ぶ優勝候補に挙げられている。
 小柄ながら威力ある直球持ち味 評価:(日刊スポーツ全国ピカイチ投手49人)

  プロフィール

 大阪府大阪市出身。
 森田 輝(もりた・ひかる)投手。
 阿倍野小2年時から軟式野球を始め、阿倍野中時代は生野シニアに所属。

 上宮太子では1年夏から背番号19でベンチ入り。
 資質を買われて2年春から主戦投手を務め、春府大会で8強、夏府大会で16強の実績を残す。
 同年秋に17年ぶり2度目の大阪大会優勝および近畿大会ベスト8入りを達成。
 大会直前に負った右手中指のケガを乗り越え、5回戦から3試合連続で完封勝利を挙げた。
 10得点の援護をバックに決勝・履正社戦で7安打10K3失点完投勝ちを記録。
 続く近畿大会初戦・高野山戦で9回8安打11奪三振無四球5失点完投勝利を収めている。
 同12月に府選抜で台湾遠征を経験し、翌3年春の府大会でも準決まで進出。
 5回戦・興国戦で5安打3対1完投勝利を収め、準決・浪商戦(1対2)で8回14Kを記録した。
 3年夏の大阪大会は汎愛高に6対9(6回6失点リリーフ)で競り負け16強敗退。
 3対3同点の3回裏から登板するも3ランを浴び、6回裏にも3点を許して追い上げ届かず敗れた。
 大阪V、近畿8強が最高成績。甲子園経験は無し。

 奈良学園大では1年秋からリーグ戦に出場。
 先発救援で4試合(先発2)、計18回に登板し、神大3回戦(8回5失点)で先発白星を挙げた。
 通算4試合、1勝(0完投)1敗、18回、防御率4.50。

 170cm65kg、小柄なプロ注目143㌔右腕。
 ワインドアップから投げ込む最速143㌔の直球と、縦横スライダー、カーブ、スプリット、ツーシーム。
 伸びのある直球にキレの良いスライダーなど一通り揃えた変化球を織り交ぜる。
 監督から投手としての素質を買われて2年春に主戦の座を獲得。2年秋に大阪Vを成し遂げた。
 テンポ良く低めに集める投球で試合を作る。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年04月12日(金)|2021年大学生投手 | 近畿学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年大学生投手 | 近畿学生 コメント(0) Page Top↑