正成 智(福岡大)|ドラフト・レポート

正成 智(福岡大)

ここでは、「正成 智(福岡大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



正成 智(福岡大)

183cm80kg 右右 MAX140km 捕手 遠投110m 50m6秒6 八代高
強肩を武器とする捕手兼投手。高3春の招待試合で140㌔を計測。早実・清宮から2三振を奪った。

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18春: 1 .000  1  0 0 0 0 0    0     .000
   18秋:          出場無し              
   通算: 1 .000  1  0 0 0 0 0    0     .000

  最新記事

 ■ 春連覇へ!1年生コンビでパワーUP 正成捕手で勝負(西日本スポーツ) 18/4/11

 進んだ道は違っても、正成にとって清宮との真っ向勝負は大切な宝物だ。「野球をやっていく以上、ずっと意識していく存在。清宮君との対戦は忘れない」。真っすぐな視線で言い切った。「野球も勉強も頑張りたかったから」と進学した福岡大では捕手に専念。3月末の久留米工大との練習試合では初めて1試合を通してマスクをかぶるなど経験を積み、リーグ戦のベンチ入りメンバーにも選ばれた。「将来は社会人、そして…」。いつの日か“世代の顔”との再戦を夢見て精進の毎日だ。

 ■ 八代コールド発進 清宮から2三振奪った正成、捕手で先発し3打点(スポニチ) 17/7/12

 元ソフトバンク監督・秋山幸二氏を擁し、熊本大会準優勝に終わった1980年以来の快進撃を狙う八代は、7回コールドで初戦を突破した。5月の招待試合で早実の清宮から2三振を奪った正成は「1番・捕手」で先発し、3打数2安打3打点と活躍。「チャンスで一本打てて良かった」と声を弾ませた。

   17夏予     回数 被安 奪三 四死 失点  
   2回戦:鹿本農   2  0  2  2  1
   準決勝:秀岳館  1.1  6  1  0  3
           3.1  6  3  2  4 防10.80(失点から計算)
        被安打率16.20 奪三振率8.10 四死球率5.40

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   17夏予: 5 .294 17  5 2 1 0 8 3 5 0  .455  .529

 ■ 八代の二刀流・正成 清宮から2K(西日本スポーツ) 17/6/23

 捕手と投手の「二刀流」をこなす正成智は5月のRKK招待野球で早実のスラッガー清宮幸太郎から2三振を奪い、脚光を浴びた。清宮との対決で直球の最速は140キロを計測した。「自信がある真っすぐで勝負した。(2奪三振の)結果はそのときはわからなかったけど、あとからジワジワきました」。中学時代に投手の経験はあるが、高校では捕手ひと筋。投手層の薄さを感じた清崎剛監督は「夏の大会で勝ち上がるにはもう一枚、投手が必要」と、肩が強くセンスがある正成に昨秋から投球練習をさせた。4月のNHK旗地区予選で初登板。救援した5月のRKK旗大会では秀岳館戦で3回を投げ2失点ながら、甲子園2本塁打の強打者、広部就平を凡打に仕留めた。
 ■ 九州のプロ注目投手(西日本スポーツ)
  三浦銀二(福大大濠)   安田大将(東海福岡)   高木 渉(真颯館高) 
  末広篤弥(常磐高校)   山口 翔(熊本工業)   田浦文丸(秀岳館高) 
  川端健斗(秀岳館高)   正成 智(八代高校)   田中瑛斗(柳ケ浦高)
  藤谷勇介(延岡学園)   石川槙貴(鹿児城西)   俵森大輔(神村学園)

  プロフィール

 熊本県八代市出身。
 正成 智(まさなり・さとる)捕手。
 太田郷小3年の時から軟式野球を始め、八代中では軟式野球部で捕手、投手。
 中学2年秋に熊本大会出場を果たした。

 八代高では1年秋から控えとしてベンチ入り。
 2年時夏の県大会で正捕手(5番)の座を掴み、翌3年春の県大会で18年ぶりの準Vを果たす。
 2回戦・熊本高校戦で2長打、準々・済々黌戦、準決・専玉戦で適三をマーク。
 オフのトレーニングにより打撃力アップを果たし、6試合で長打4本(二1、三3、本0)を記録した。
 2年冬から中学以来となる投手を始め、翌5月の招試・早実戦で140㌔を計測。
 いずれもストレートで清宮から三振2個(一方で3回表からの5イニングで6失点)を奪っている。
 3年夏の熊本大会は優勝校・秀岳館に8回コールド0対7で大敗しベスト4敗退。
 背番号3で1番・キャッチャー兼ピッチャーを務め、打率.294本0点8、2戦3.1回4失点を記録した。
 県大会準Vが最高成績。甲子園出場経験は無し。

 183cm80kg、強肩を武器とする捕手兼投手。
 サイドから最速140㌔をマークする強肩がセールスポイント。2年夏の県大会から正捕手を務める。
 2年冬から投球練習を開始。3年5月の招待試合・早実戦で140㌔を計測した。
 右横手から繰り出す最速140㌔の真っすぐが武器。スライダー、カーブなどの変化球を織り交ぜる。
 右打者で一塁到達4.5秒前後(3年夏準々決)。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年03月27日(水)|2021年大学生野手 | 九州六大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
田中マー君や楽天の釜田も元々はキャッチャーからのピッチャー転向組(アマチュア時代)ですが、両方できるの事にセンスを感じます。
体格もありますし下位や育成で獲得して3~5年、鍛えれば面白い存在になるかも知れません。
| ぽにぽにぽにー | 2017年07月08日(Sat) 07:25 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年大学生野手 | 九州六大学 コメント(1) Page Top↑