森浦 大輔(天理大)|ドラフト・レポート

森浦 大輔(天理大)

ここでは、「森浦 大輔(天理大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



森浦 大輔(天理大)

175cm70kg 左左 MAX148km スライダー・チェンジ・カーブ 天理高
キレの良い変化球を武器とする148㌔左腕。1年春の大学選手権2回戦で16K完投勝利を挙げた。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   17春: 5  3勝0敗  39.1  23  36  15  4  0.92(2位)
   17秋: 7  5勝1敗  50.1  37  38  24  14  2.50(4位)
   18春: 5  3勝2敗  43.2  40  45  14  10  2.06(2位)
   18秋: 8  1勝4敗  47.1  43  42  23  13  2.47(5位)
   19春: 6  3勝1敗  46.2  23  45  16  3  0.58
   通算: 31 15勝8敗 227.1 166 206  92  44  1.74
          被安打率6.57 奪三振率8.16 四死球率3.64
    ※ 17春秋:MVP 17秋:最優秀投手 19春:敢闘賞

 【 全国大会 】
          回数 被安 奪三 四死 自責
   17選: 2   11.1  7  20  3  3
        先   9  4  16  3  2 141㌔(東ド) 大商大 ○
           2.1  3  4  0  1 145㌔(神宮) 立教大 ●
   18選: 1 先  2.1  6  1  2  5 140㌔(東ド) 大商大 ●
   通算: 3   13.2  13  21  5  8 防5.27
       被安打率8.56 奪三振率13.83 四死球率3.20

 ■ 甲子園成績

   15春    回数 被安 奪三 四死 自責
   糸満高校   1  0  1  0  0 135㌔
   健大高崎  0.2  0  0  0  0 136㌔
         1.2  0  1  0  0 防0.00
      被安打率0.00 奪三振率5.40 四死球率0.00

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   17春(1完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   大産大 先   8  2  12  2  1 ○
   追手門 先  5.1  5  8  2  2
   関外大 先   6  2  5  2  0 ○
   関国大 先   11  10  5  4  0 
       先   9  4  5  6  1 ○
          39.1  23  36  15  4 防0.92
       被安打率5.26 奪三振率8.24 四死球率3.43

   17秋(5完1封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   甲南大 先   9  5  5  5  2 ○
   関外大 先   9  2  10  1  0 ○封
   大体大 先   9  8  7  3  3 ○
   大産大 先   9  8  6  6  1 ○
       先  4.2  6  2  6  3 ●
   関国大 先   9  8  7  3  5 ○
          0.2  0  1  0  0
          50.1  37  38  24  14 防2.50
       被安打率6.62 奪三振率6.79 四死球率4.29

   17秋代決   回数 被安 奪三 四死 自責
   大市大 先   4  4  4  1  3
   大市大    0.2  3  1  1  2 ●
          4.2  7  5  2  5 防9.64
      被安打率13.50 奪三振率9.64 四死球率3.86

   18春(1完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   甲南大 先   8  6  7  5  3 ○
   大産大 先   9  7  10  2  2 ○
   関国大 先  9.2  10  9  2  2 ●
   大体大 先  8.2  11  8  3  2 ●
   関外大 先  8.1  6  11  2  1 ○
          43.2  40  45  14  10 防2.06
       被安打率8.24 奪三振率9.27 四死球率2.89

   18秋(1完1封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   大体大 先   8  4  8  4  1 ●
           5  2  4  1  0
   甲南大 先   9  4  10  2  0 ○封
   関外大 先   6  10  2  4  4 ●
   大産大 先  2.1  6  4  2  2 ●
           1  2  2  1  1
   関国大 先   9  7  7  6  1 ● 
       先   6  7  4  3  4
          46.1  42  41  23  13 防2.53
       被安打率8.16 奪三振率7.96 四死球率4.47

  最新記事

 ■ 大商大の太田 昨年4三振の天敵から二塁打2本でコールド演出(スポニチ) 18/6/12

 大商大は“天敵”を5回コールドで圧倒した。昨春の大学選手権2回戦で16三振を喫して敗れた天理大の左腕・森浦を攻略。3回途中でマウンドから引きずり下ろした。快勝劇へ導いたのは捕手の太田主将だ。「昨春はチェンジアップで打ち取られていたので、対策をしっかりとしてきました」。3回に2点を先制し、なお続く無死一塁の好機に燃えた。右中間を深々と破る二塁打を放ち、チャンスを広げた。昨春、森浦のチェンジアップに苦しみ、4三振。その軌道を脳裏に刻み、フルスイングで仕留めた。

   19春(1完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   大産大 先   9  5  10  3  1 ○ 148㌔
   関国大 先   8  4  8  1  0 ○
   大体大 先  9.2  5  9  3  1
   甲南大 先   8  4  7  1  1 ●
       先   5  3  3  5  0
   関外大 先   7  2  8  3  0 ○
          46.2  23  45  16  3 防0.58
       被安打率4.44 奪三振率8.68 四死球率3.09

 ■ 天理大が大勝発進 先発森浦は8回6安打3失点(日刊スポーツ) 18/4/7

 天理大が2ケタ得点で大勝発進した。先発の森浦大輔投手(2年)が8回6安打3失点。「最初はフォームがバラバラだったけど、後半立て直すことが出来た」と3回に死球と連打で3点を失うも、粘りの投球で他の失点を許さなかった。藤原忠理監督は「2年目の厳しさを痛感したと思います。『これがリーグ戦なんだよ』と言いました」。この日はあえて8回まで続投させて、2年目の更なる成長を期待した。

 ■ 天理大が2季連続17回目Vも通過点(日刊スポーツ) 17/10/17

 天理大が関西国際大に勝利し、2季連続17回目の優勝を決めた。先発の八木玲於投手(2年)が4回まで無安打の好投で試合を作り、最後は4-1の9回1死から森浦大輔投手(1年)が7球で締めた。森浦は今季1戦目に登板し5勝を挙げ、ルーキーながらエース級の働き。「しっかり3点差を守れて良かった」と控えめに喜んだ。

過去記事

 ■ 天理大のスーパー1年生・森浦 18歳左腕が圧巻16K(スポニチ) 17/6/8

 スーパー1年生が毎回の16奪三振で天理大を4年ぶりの8強へと導いた。先発左腕の森浦大輔(1年=天理)は6回1死まで圧巻の無安打投球。「早い回に点を取ってくれたので、落ち着いて投げることができました」と打線に感謝した。7回に2者連続ソロ本塁打を浴びたが、続く太田をチェンジアップで空振り三振。9回は先頭打者に右前打を浴びたが、後続を3者連続三振に封じた。「スプリットが良かった」と言うように、沈む変化球を軸に、大会記録の19奪三振にあと3つに迫る快投だった。藤原忠理監督からは「スーパー1年生ですよ」と称えられた。まだあどけなさの残る18歳だが、今春のリーグ戦は3勝無敗の防御率0・92。安定感抜群の投球でチームをけん引した。最速144キロ左腕は「準決勝も全然いけます」と意気込んだ。
 藤原忠理監督(51)も「スーパー1年生ですね。森浦に全てを任せた。(投げる球は)初速と終速の差が無い感じ。手元でぐっとくる」と手放しでたたえた。(日刊スポーツ)

  プロフィール

 和歌山県新宮市出身。
 森浦 大輔(もりうら・だいすけ)投手。
 丹鶴小時代から軟式野球を始め、緑丘中では軟式野球部に所属。

 天理高校では1年夏からベンチ入り。
 続く秋の予選5戦、計23回に背番号11で登板し、近畿準々・桐蔭戦で3対2完投勝ちを収める。
 翌2年春の選抜でリリーフ2試合1.2回(最速136㌔、1K1失点)甲子園を経験。
 同年夏の甲子園(初戦敗退)を登板なく終え、2年秋(県8強)の新チームから主戦を務めた。
 3年夏の予選は智弁学園に8回7安打5四死球5対6完投負けで惜しくも準V。
 主に先発で全5試合、合計22.2イニングをこなし、15安打22K、8四死球6失点の結果を残した。
 1学年上に斎藤佑羽、舩曳海坂口漠弥ら。

 天理大では1年春からリーグ戦に出場。
 中川一斗に次ぐ先発として5戦39.1回に登板し、3勝無敗、防0.92の好成績でMVPを獲得する。
 関西国際大との天王山で2試合2完投、20回10四死球3失点の奮闘を披露。
 2回戦で11回10安打2対2完投の粘投を演じ、4回戦で6四死球9対1完投勝利を記録した。
 同年秋のリーグ戦に1番手として臨み、最多5勝でMVP&最優秀投手を受賞。
 2安打10K1四死球の好投を見せた関外大1回戦で4対0リーグ戦初完封勝利を収めている。
 5季で計28戦(1回戦11)に先発登板し、3年春(先発2番手)に敢闘賞を獲得。
 直球の自己最速を148㌔まで引き上げ、通算15勝(9完2封)8敗、防御率1.74をマークした。
 全国大会には1年春(8強)及び2年春(1回戦)の全日本大学選手権に出場。
 先発救援で3戦13.2回に起用され、1勝2敗、21K(率13.83)、13安打9失点の実績を残した。
 1年春2回戦・大商戦で4安打(6回1死まで無安打)16K4-2完投勝ちを記録。
 翌準々決勝で145㌔を計測したが、2.1回で3安打を打たれ、立大に10回TB3対4で競り負けた。
 通算31試合、15勝(9完投2完封)8敗、227.1回、防御率1.74。

 175cm70kg、細身のスリークォーター左腕。
 ノーワインドからタメて重心を下げ、早めに着地し、後ろ小さめに、肘を柔らかく使った腕の振りから
 繰り出す最速148㌔、常時130㌔台(先発登板時)の切れの良いストレートと、
 120㌔前後から130㌔前後のスライダー、120㌔台の外角チェンジアップ、100㌔台のカーブ。
 変化球を武器に空振りを奪う好左腕。大学選手権2回戦で16Kを記録した。
 右打者膝元へのスライダー、外角へのチェンジアップで翻弄。救援時には140㌔台をマークする。
 出所の見辛さ、マウンド度胸も持ち味の一つ。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年05月22日(水)|2020年大学生投手 | 阪神大学野球 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生投手 | 阪神大学野球 コメント(0) Page Top↑