西山 虎太郎(明大)|ドラフト・レポート

西山 虎太郎(明大)

ここでは、「西山 虎太郎(明大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



西山 虎太郎(明大)

181cm68kg 右左 遊撃手 遠投110m 50m6秒1 履正社
好打好守の遊撃手。細身ながら左右にライナー性の打球を飛ばす。選抜5試合で4長打を放った。

  動 画

  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   19春: 7 .000  10  0 0 0 0 0 4 2 0  .167  .000
   19秋: 5 .000  4  0 0 0 0 0 2 1 0  .200  .000
   通算: 12 .000  14  0 0 0 0 0 6 3 0  .176  .000

 【 全国大会 】
     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   19選: 1   -  0  0 0 0 0 0 0 0 0   -   -
   通算: 1   -  0  0 0 0 0 0 0 0 0   -   -

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17春: 5 .429 14  6 3 1 0 3 3 4 0  .556  .786(9・8番/遊)
   通算: 5 .429 14  6 3 1 0 3 3 4 0  .556  .786

  最新記事

 ■ 智弁和歌山がセンバツ出場に前進 履正社に打ち勝つ(デイリースポーツ) 17/10/24

 今夏の甲子園に出場した智弁和歌山が、履正社との打ち合いを制して8強へ進出。2014年以来のセンバツ出場へ前進した。履正社は初回に2番・西山虎太郎内野手(2年)が右翼席へ先制ソロ。3点を追う六回には野口海音捕手(1年)が左中間へ2ランを放ったが、投手陣の乱調が誤算だった

       試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17夏予選: 7 .440  25 11 3 0 0 5 0 2 3  .481  .560(1・2・9番/遊)
   17秋近畿: 1 .400  5  2 1 0 1 2 0 0 0  .400 1.200(  2番/遊)
   18夏予選: 5 .444  18  8 1 1 0 1 5 2 2  .500  .611(  2番/遊)
   通  算: 13 .438  48 21 5 1 1 8 5 4 5  .481  .646

 ■ 特技は卵焼き作り 西山虎太郎(にしやま・こたろう)遊撃手(1年) (毎日新聞) 17/2/26

 昨秋の明治神宮大会。初優勝がかかった早稲田実との決勝戦の三回裏、ライナーの打球を落球したことが忘れられない。ピンチが広がり、その回5点を失った。チームは逆転勝ちしたが「もう同じ失敗はしない」と練習の空き時間にチームメートにボールを投げてもらい、捕球の練習を重ねている。 180センチの長身ながら体重は66キロと細身。昨秋から2キロ増えたが気づいてもらえないのが悩みだ。「細いけど非力ではないんです」。今月の紅白戦では、エースの竹田祐投手から、ワンバウンドで右中間のフェンスまで届く打球を放ち、部員を驚かせた
 今年は3年生に匹敵する力のある2年生が多い。特に履正社の西山は柔らかく、バットコントロールも巧みだ。(中村和久・元巨人チーフスカウト)

  プロフィール

 兵庫県猪名川町出身。
 西山 虎太郎(にしやま・こたろう)遊撃手。
 つつじが丘小学校時代に軟式野球を始め、猪名川中ではヤング・兵庫伊丹でプレー。
 小学6年時に阪神タイガースJr.チーム入りを果たした。

 履正社高校では1年生の春からベンチ入り。
 才木から二塁打2本と5月の練試で結果を残し、思い切りを買われて背番号16の控えを務める。
 同年秋の予選で2番・遊撃の座を掴み、16試合で打率.250、本0点12をマーク。
 2年時春の選抜全5戦に遊撃スタメンで出場し、3番・安田らと共に3年ぶりの準Vを達成した。
 主に9番バッターで6安打、4長打(二3、三1)を放ち、打率.429の好成績を記録。
 三高・櫻井と対戦した1回戦で左二塁打2本(外寄り高め直球、高め直球)をマークしている。
 準々決・盛岡大附戦でやや詰まった当たりの中前打(内寄り直球)など2安打。
 徳山から右フェン直3塁打(高め133㌔直球)を放つなど敗れた決勝戦でも3出塁と奮闘した。
 同年夏の予選に主に1番として出場し、7試合で打率.440盗3、本0点5を記録。
 続く2年時秋の近畿大会1回戦・和智弁戦(2番・遊撃、8-12)で先制の右ソロを放っている。
 3年時夏の北大会は桐蔭に4-6(9回2死無走者から逆転)で敗れ4強で敗退。
 全5試合に2番・遊撃手として先発し、初戦・摂津戦で4の4、準決で右適三(根尾)を記録した。
 1学年上に安田尚憲若林将平、同学年に筒井太成ら。

 181cm68kg、好打好守の遊撃手。
 振り切るスイングで打ち分ける左の好打者。細身ながらも広角にライナー性の当たりを飛ばす。
 甲子園5試合で三塁打1本(右フェン直)、二塁打3本(左2、右1)を記録した。
 守っては動きに良さのある遊撃手。ひと冬越えて失策の多さを改善。選抜を無失策で終えた。
 50m6秒1、一塁到達4.2秒台から4.3秒前後。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2020年05月28日(木)|2022年大学生野手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2022年大学生野手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑