岡本 滉史(上武大)|ドラフト・レポート

岡本 滉史(上武大)

ここでは、「岡本 滉史(上武大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



岡本 滉史(上武大)

178cm89kg 右左 MAX143km 県岐阜商
最速143㌔の真っすぐとタテに落ちるスライダー。高2秋の市岐阜商戦で9.1回1失点の好投を見せた。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   18春:        登板無し
   18秋:        登板無し
   19春:        登板無し
   19秋:        登板無し
   20春:        開催中止
   20秋:        登板無し
   21春: 5 0勝0敗   7.1  5  9  6  3  3.68
   通算: 5 0勝0敗   7.1  5  9  6  3  3.68
         被安打率6.14 奪三振率11.05 四死球率7.36

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   15秋(背番号18)      回数 被安 奪三 四死 自責
   東海2回戦:海星高校     1  0  0  1  0

   16春(背番号10)      回数 被安 奪三 四死 自責
   東海準決勝:いなべ総     2  1  0  0  0

   16夏(背番号11)      回数 被安 奪三 四死 失点
   岐阜2回戦:岐阜総合     1  0       0
     4回戦:岐南工業     3  3       1
                 4  3       1 防2.25(失点から算出)

   17夏(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   岐阜2回戦:岐阜高専 先   8  9  9  1  3
     3回戦:海津明誠 先   5  5  3  2  4
                 13  14  12  3  7 防4.15
             被安打率9.69 奪三振率8.31 四死球率2.08

  最新記事

 ■ 上武大が2季連続35度目の優勝(スポニチ) 21/5/22

 上武大は白鴎大を6―1で下し、2季連続の優勝を果たした。先発した岡本滉史投手は3回1/3を1失点で試合をつくり、4回途中から新谷晴投手が救援し、無失点で9回まで投げきった。

   21春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 失点
   松本大     1  1  1  3  2
   作新大     1  0  0  0  0
   新医大     1  0  2  1  0
          0.2  0  1  0  0
   白鴎大 先  3.2  4  5  2  1
          7.1  5  9  6  3 防3.68
      被安打率6.14 奪三振率11.05 四死球率7.36

 ■ 海津明誠、県岐阜商破る(岐阜新聞) 17/7/17

 海津明誠がバントでかく乱して流れをつかみ、シードを撃破した。一回、福田の中越え三塁打を足場に山田のバント安打、川合の犠飛、河口の中前打で2点先取。五回には連続犠打エラーなどで2点を加えた。七回にもバントを絡めて一挙5得点でコールド勝ち。県岐阜商は岡本が立ち上がりを攻められ、4失策も響いた。打も散発5安打で再三、逸機した。
 投げてはエース右腕岡本が140キロ台の直球を武器に試合を組み立てる。(中日スポーツ)

  プロフィール

 岐阜県岐阜市出身。
 岡本 滉史(おかもと・こうし)投手。
 岐阜市立岐北中時代は硬式野球チーム・揖斐本巣ボーイズでプレー。
 元プロ野球選手・岡本吉守氏を父に持つ。

 県岐阜商では1年生の秋から控えとしてベンチ入り。
 主戦・村橋らを擁して県大会3位進出を果たし、救援で東海大会(2回戦敗退)デビューを飾る。
 翌2年春の東海大会(準V)準決・いなべ総合戦で2回1安打0封救援を披露。
 同夏の予選4戦中2戦、計4回に救援で登板し、4回戦・岐南戦で3回1失点の粘投をみせた。
 2年時秋の予選で主戦の座を掴むも、市岐阜商に0-1でせり負け初戦で敗退。
 9回を5安打無失点に抑える好投を演じたが、援護が無く10回裏1死からのスクイズで敗れた。
 3年時夏の県大会は海津明誠に7回コールド4失策1対9で敗れ3回戦で敗退。
 全2戦に先発するも計13回で14安打を浴び、自責6の7失点、防4.15の不本意な結果に沈んだ。
 2個上に高橋純平(SB15年1位)、1個上に村橋主晟ら。

 上武大では4年時春からリーグ戦に出場。
 主にリリーフで全14戦中5試合、計7.1回に登板し、通算0勝0敗、防御率3.68の実績を残した。
 リーグ通算5試合、0勝0敗、7.1回、防御率3.68。

 178cm89kg、プロ注目の最速143㌔右腕。
 セットポジションから投げ込む最速143㌔の伸びのある真っすぐとタテに落ちるスライダー。
 右肘を柔らかく使って癖の少ないピッチングフォームから投げ込んで行く。
 県内ナンバーワンとも評される好資質の持ち主。現時点で公式戦での実績は少ない。
 プロ複数球団のスカウトから注目されている。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2021年05月24日(月)|2021年大学生投手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年大学生投手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑