黒川 貴章(亜大)|ドラフト・レポート

黒川 貴章(亜大)

ここでは、「黒川 貴章(亜大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



黒川 貴章(亜大)

180cm84kg 右右 三塁・遊撃 遠投120m 50m6秒2 新田高
強い打球を放つ右打者。動きの良い三塁手。アドゥワ誠から投手強襲打、左翼線二塁打を放った。

  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18春: 1 .000  1  0 0 0 0 0 0 0 0  .000  .000
   18秋:          出場無し
   19春: 5 .250  16  4 1 0 0 1 4 2 0  .333  .313
   19秋: 9 .226  31  7 2 0 0 4 2 4 3  .314  .290
   通算: 15 .229  48 11 3 0 0 5 6 6 3  .315  .292

  最新記事

 ■ 届かぬ夢、後輩に託す 新田・黒川貴章選手(asahi.com) 17/7/19

 シード校の済美が昨夏準優勝の新田を下した。新田の3番打者、黒川貴章は「朝から調子がいい」と思っていた。一回表1死三塁。済美のエース八塚凌二に2ストライクと追い込まれてから、4球目の甘いカーブをフルスイング。タイムリーとなり、チームに待望の先取点をもたらした。しかし二回裏。ショートを守っていた黒川の前にするどいライナーが飛んだ。前に出るか、そのまま受け止めるか。気がついたら打球をはじいていた。「迷ってしまい処理できなかった」。昨夏の愛媛大会は2年生ながら3番サードとして新田の準優勝に貢献この春からは強肩を買われてショートを守る。最初は慣れず戸惑ったが、誰よりも早く朝の練習に来て、引退した先輩にもアドバイスを聞いて練習を重ねた。それだけに「エラーで投手を動揺させた」と悔やんだ。直後の三回表。今度は1死三塁で黒川に打席が回ってきた。内角球を振り抜くと、打球はセンターの頭上を越え、2打席連続のタイムリーになった。

       試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15秋四国: 2 .875  8  7 1 0 0 2 0 1 0  .889 1.000(3番/三)
   16夏愛媛: 5 .421 19  8 2 0 2 6 1 2 0  .476  .842(3番/三)
   17夏愛媛: 2 .444  9  4 1 0 0 2          .556(3番/遊)
   通  算: 9 .528 36 19 4 0 2 10          .806

 ■ アドゥワ、右肩打球直撃も魂の完投!V呼び込んだ(スポーツ報知) 16/7/29

 「伊予のダルビッシュ」が10安打を浴びながらも、松山聖陵の春夏通じて初の甲子園切符をつかみ取った。プロ注目の145キロ右腕・アドゥワ誠は1点リードの9回2死一塁、最後の打者を打ち取ると、安堵の表情を浮かべて仲間と歓喜の輪を作った。いきなりアクシデントが襲った。1回1死一塁、新田・黒川貴章の打球が右肩を直撃。続投したが120キロ台が精いっぱいで、先取点を許した。だが、2回に味方打線が奮起し逆転。アイシングしながら、9回には138キロをマークするなど気迫で117球を投げ抜き「気持ちで勝負した」とホッとした表情だ。

  プロフィール

 愛媛県伊方町出身。
 黒川 貴章(くろかわ・たかあき)三塁手。
 伊方町立伊方中学校時代は硬式野球チーム・愛媛ボーイズでプレー。
 陸上チーム・八幡浜アスリートクラブにも所属した。

 新田高校では入学直後から背番号15でベンチ入り。
 1年時秋の予選で三塁手レギュラーの座を掴み、計26打数で19安打、打率.731の実績を残す。
 初戦から9打席続けて安打を放つなど、下位を務めた県大会で7割超をマーク。
 続く四国大会(8強)から3番に打順を上げ、英明戦で4の4、明徳戦で4の3の活躍を見せた。
 同夏の予選で打率.421点6を記録し、11年以来5年ぶりとなる準優勝を達成。
 初回に投強襲打(肩直撃)、6回に左線二と、アドゥワ誠が相手の決勝で2安打を放っている。
 2年時秋の予選を県初戦敗退で終え、翌3年春(県8強)から遊撃としてプレー。
 3年時夏の予選全2戦に3番遊撃として出場し、2回戦(5-8)で先制打、中越え2塁打を放った。
 四国大会準優勝が最高成績。甲子園経験は無し。

 亜細亜大学では1年時春からリーグ戦に出場。
 2年間で計13戦(5番5)のサード先発を務め、リーグ通算11安打、打率.229本0点5を記録した。
 リーグ通算15試合、打率.229、11安打、0本塁打、5打点。

 180cm84kg、強肩強打のプロ注目サード。
 力強く振り切るスイングから強い打球をはじき返す右打者。高校通算21発のパンチ力を秘める。
 高校で体重を9kgアップ。力強さを増した。フットワーク、反応良くサードをこなす。
 送球も安定。中学3年夏にジュニアオリンピック選考会(100m走、ジャベリックスロー)を経験した。
 右打者で二塁到達タイム8.4秒台(高2夏決勝)。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2020年01月25日(土)|2021年大学生野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年大学生野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑