川上 鳳之(専大)|ドラフト・レポート

川上 鳳之(専大)

ここでは、「川上 鳳之(専大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



川上 鳳之(専大)

178cm78kg 右右 MAX146km スライダー・カーブ 専大松戸
勢いのある直球を持つスリークォーター右腕。日体大柏戦で15奪三振を記録した。肩が柔らかい。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   18春:         登板無し           二部
   18秋:         登板無し            二部
   二部:         登板無し

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   17春           回数 被安 奪三 四死 失点 
   千葉2回戦:千葉経附 先   5  3       1
     3回戦:日体大柏 先   9  6  15  1  1
     準決勝:検見川高 先   9  2  9  1  1 145㌔
   関東2回戦:日大三高    7.2  11  6  8  10 145㌔ 
                30.2  22       13 防3.82(失点から計算)

   17夏予          回数 被安 奪三 四死 失点
   千葉4回戦:市川高校     5  6  9     3 141㌔
     5回戦:暁星国際 先   8  6  3  2  1 143㌔
     準々決:東海望洋 先  9.1  10  4  6  7 146㌔…金久保優斗に2ラン被弾
                22.1  22  16    11 防4.43(失点から計算)
                   被安打率8.87 奪三振率6.45

  最新記事

 ■ 専大松戸の川上 146キロも7失点(西日本スポーツ) 17/7/23

 プロ注目の専大松戸の右腕・川上は自己最速の146キロをマークしたが終盤につかまって7失点で敗退した。「相手のプレッシャーがすごかった。平常心でと思ったが1点もやれないと思ってああいう結果になってしまった」。8回に4番の荒川にソロ本塁打、9回2死から暴投で追いつかれ、10回に金久保に2ランを喫した。「ストレートで押せるようになったのが高校での一番の成長今後については監督とよく話し合いたい」と進路の明言は避けた。

   19春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責(2部)
   日本大    0.2  1  0  1  0
   国士大     3  0  3  1  0
          3.2  1  3  2  0 防0.00
       被安打率2.45 奪三振率7.36 四死球率4.91

 ■ プロ注目の専大松戸・川上、6安打1失点完投!望洋と激突へ(SANSPO) 17/7/22

 専大松戸は千葉5回戦で暁星国際に8-1で八回コールド勝ち。プロ注目右腕の川上鳳之(たかゆき)投手が今大会初先発し、6安打1失点で完投。「前回の市川戦から2日で修正できた。カウントを整えて力で押すことができた」と最速143キロの直球で相手打線を封じた。

 ■ 専大松戸の最速145キロ右腕・川上、初登板も5回3失点(スポーツ報知) 17/7/19

 専大松戸のプロ注目最速145キロ右腕・川上鳳之(たかゆき)が5回から救援で今大会初登板。141キロを記録も、この回に3安打2四球で2点を勝ち越された。そこから持ち直し、結局5回6安打3失点9奪三振で逆転勝ちを呼んだが、持丸修一監督は「リリーフではもう投げさせないね」と苦笑い。川上も「打たれてはいけないと緊張してしまった。変化球を制球できなかった」と次戦で巻き返しを誓った。

過去記事

 ■ 日大三のエース・桜井、7四死球5回降板も高校通算28号ソロ(スポーツ報知) 17/5/22

 日大三の左腕・桜井周斗が先発し、5回6安打7失点で乱戦を招いたが、高校通算28号で取り返した。この日最速145キロを計測した専大松戸の右腕・川上鳳之(たかゆき)から、2点リードの8回先頭でバックスクリーンにソロ。プロ11球団のスカウトが視察し、楽天・仁村スカウト副部長は「度肝を抜かれた。広島・丸みたい。強く振れる」と高く評価していた。

 ■ 専大松戸が関東大会へ 144キロ右腕川上が好投(日刊スポーツ) 17/5/3

 専大松戸が7-1で検見川に快勝し決勝進出と関東大会出場を決めた。最速144キロ右腕の川上鳳之(たかゆき)投手が2安打1失点、9奪三振と好投した。「スライダーは良かったが真っすぐの調子があまり良くなかった」と話したが昨年に比べ「我慢できるようになってきた。低めの制球と緩急も付けられるようになった」と手応えも感じている。関東大会にはドラフト候補のスラッガーも出場する。「(早実)清宮とか(横浜)増田とか。でも一戦必勝で行きたいです」と目を輝かせていた。

  プロフィール

 千葉県松戸市出身。
 川上 鳳之(かわかみ・たかゆき)投手。
 常盤平三小2年時に軟式野球を始め、常盤平中時代は軟式野球部で投手。
 中3秋に県選抜で15U全国KB大会Vを達成した。

 専大松戸では2年春から控え投手としてベンチ入り。
 県3回戦・成田戦で救援としてデビューを果たし、5.2回5失点と打たれながらも142㌔を計測する。 
 2年時夏の県4回戦・船橋北戦で8回コールド3安打5K7対0完封勝利を記録。
 同年秋の予選7戦中4試合(先3)に登板し、24.2回で8失点、2完投1完封の実績を残した。
 東海大市原望洋に7回コールド1対9(5.2回12安打7失点)で敗れ県4強敗退。
 千葉商大付戦で7回コールド11K完封勝ち、習志野戦で5安打2対1完投勝ちを挙げている。
 翌3年春の予選でエースの座を獲得し、23回3失点の好投で県大会Vを達成。
 日体大柏戦で15三振、検見川戦で2安打の快投を演じ、それぞれ1失点完投勝ちを収めた。
 3年夏の県大会は東海大市原望洋に延長10回5対7で競り負けベスト8敗退。
 自己最速更新の146㌔をマークし、7回を2点に抑えたが、終盤乱れて9.1回7失点でKOとなった。
 1学年上のチームメイトとして丸茂弘汰(現専修大)ら。

 178cm78kg、スリークォーター右腕。
 セットから繰り出す最速146㌔の勢いある真っ直ぐが武器。スライダーなどの変化球を交える。
 3年春になってエースナンバーを獲得。3年夏の県準々決勝で146㌔を計測した。
 肩の柔らかさを生かした深いテイクバックも持ち味のひとつ。鋭い腕の振りから投げ込んでいく。
 3年夏の予選22.1回で16K(率6.45)。

  スカウトコメント

プロスカウト|17/6/21
 「ヒジの使い方がうまい。腕の振りが素晴らしい」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年04月29日(月)|2021年大学生投手 | 東都大学 コメント(3) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
今日の東海大市原望洋戦で延長10回までもつれ5-7で敗れてしまいました
自己最速146キロを何度も記録し粘りましたが、10回に金久保にマリンの右中間スタンドの上段先の壁に直撃の超特大勝ち越し2ランを打たれました
プロでもあそこまで飛ばすのは見た事ありません

前回よりスライダーやフォークがコースによく決まっていたんですが、連投の疲労もあったかもしれません
それでも10回にも144キロを出すなど馬力の強さは感じました!
| 鴎 | 2017年07月22日(Sat) 13:45 | URL #- [ 編集]
昨日は木更津総合や東海大市原望洋なども県野球場で試合があったのでロッテの山森スカウトの他にもスカウトが何人も来ていたようです

僕はテレビで少し見ただけですが、昨日はスライダーがキレすぎてコントロールが出来ていませんでした
左打者に対してのチェンジアップは素晴らしかったです
| 鴎 | 2017年07月19日(Wed) 20:57 | URL #- [ 編集]
昨日の千葉県大会の日体大柏戦で毎回15奪三振の1失点完投勝利でした
被安打6の四死球1と安定した投球でした

140キロ台のストレートとスライダーを軸に三振の山を築いていたとの事です
| 鴎 | 2017年04月30日(Sun) 10:26 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年大学生投手 | 東都大学 コメント(3) Page Top↑