羽田野 温生(東洋大)|ドラフト・レポート

羽田野 温生(東洋大)

ここでは、「羽田野 温生(東洋大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



188cm90kg 右右 MAX151km スライダー・カーブ・カット・フォーク・パーム 汎愛高
長身から投げ下ろす151㌔直球が武器。ストレート主体に投げ込み、130㌔前後のフォークを交える。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   19春:         登板無し
   19秋: 2  0勝0敗   2  2  3  2  2  9.00
   20春:         開催中止
   20秋: 4  0勝0敗   4  4  3  2  3  6.75
   21春: 6  0勝0敗  5.2  3  4  4  2  3.18
   通算: 12  0勝0敗  11.2  9  10  8  7  5.40
          被安打率6.94 奪三振率7.71 四死球率6.17

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   19秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   中央大     1  2  0  1  2 145㌔
           1  0  3  1  0
           2  2  3  2  2 防9.00
      被安打率9.00 奪三振率13.50 四死球率9.00

   20秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   国学大     1  2  1  1  3 145㌔
   立正大     1  0  2  0  0 146㌔
   亜 大     1  1  0  1  0 144㌔
   駒澤大     1  1  0  0  0 147㌔
           4  4  3  2  3 防6.75
       被安打率9.00 奪三振率6.75 四死球率4.50

 ■ 高校時代成績

   16秋         回数 被安 奪三 四死 失点 
   5回戦:大阪桐蔭 先  4.1  7  3  1  6 144㌔ ※3回に一挙4失点

   18夏予        回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:関大一高     4  6       3 141㌔
   3回戦:履正社高 先   8  10  6  1  5 142㌔ ※5回まで0封
               12  16       8 防6.00(失点から算出)

  最新記事

 ■ 東洋大・羽田野が1回0封 指揮官「甲斐野以上」(デイリー) 21/4/16

 東洋大が逆転で立正大を下し、2勝2敗とした。羽田野温生投手が九回に登板し、1回無失点。今年に入って球速も増してきた。ブルペンでは入学前から4キロアップの151キロを計測したこともあるという。杉本泰彦監督は「持っているポテンシャルは甲斐野(現ソフトバンク)以上」と侍ジャパンの経験を持つOBを引き合いに、さらなる成長を期待した。

   21春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   立正大    1.1  1  1  0  0 149㌔
           1  0  1  0  0 147㌔
   国学大     1  2  0  0  1
          0.1  0  0  0  0
   亜 大    0.1  0  1  1  0
   駒澤大    1.2  0  1  3  1 151㌔
          5.2  3  4  4  2 防3.18
       被安打率4.76 奪三振率6.35 四死球率6.35

 ■ MAX147キロ右腕、汎愛・羽田野、履正社の前に力尽きる(スポーツ報知) 18/7/21

 プロ注目の汎愛のMAX147キロ右腕・羽田野温生が最後の夏を終えた。強豪・履正社打線を3回まで無安打に抑えたが、6回に同点とされ、8回には4番・白滝恵汰内野手の右越え3ランなどで4点を失い力尽きた。この日の最速は142キロ。だったが、気迫のこもったピッチングを見せた。「(白滝に)フォアボールを出したくなくて(カウント)3―2からストライクを取りにいってしまったのが悔いが残る」と目をうるませた。今後については「(プロに)行けたら行きたいと思っている。今のスタイルと同じように三振を取れるピッチャーになりたい」とプロの世界を見据えていた。
 ヤクルトなど数球団が視察。阪神の畑山俊二チーフスカウトは「体格的にも恵まれていて運動能力も高い気持ちの入った投球で、いいものを見せてもらった」と評価した。(スポニチ)

 ■ 公立の剛腕に9球団集結 汎愛が初戦突破(スポニチ) 18/7/15

 公立の実力校・汎愛が初戦を突破した。関大第一との2回戦で今秋ドラフト候補の最速147キロ右腕・羽田野温生投手が1点リードの6回から登板。その6回を三者凡退で切り抜けると、直後の7回、打線は4本の長短打を集めて4点を奪い、関大第一を突き放した。ただ、7回は精彩を欠いた。「球のキレと変化球が定まらなかった」と話したように、4本の長短打に四球も絡んで3失点今夏初登板は4回を被安打6の3失点だった。1メートル88、84キロ。この日は広島など9球団が視察した。公立の剛腕は「体力面は練習が足りていない。熱い夏に耐えられるようにしたい」と先をにらんだ。
 3月に右肘を痛めて以降、調子が上がらず、この日も右肘にテーピングを巻いて登板。最速は141キロにとどまった。「ベストではなかった。状態は70%ぐらい」。広島・鞘師スカウトは「(身長187センチで)角度があるし、将来が楽しみですね」と今後の活躍を期待した。(デイリースポーツ)
 巨人などプロ9球団のスカウトや編成担当者が視察した中で、4回6安打3失点振るわなかった。(スポーツ報知)

過去記事

 ■ 汎愛のプロ注目右腕・羽田野は粘投及ばず(SANSPO) 18/4/29

 大阪府予選3回戦が29日、金光大阪高グラウンドで行われ、汎愛は関大北陽に4-5で延長十回サヨナラ負けした。プロ注目の右腕・羽田野温生投手は先発も9回2/3を投げて11安打5失点。十回二死から死球で走者を出塁させたところで降板した。その走者が次打者の右中間適時二塁打で生還して決着。180球を超える粘りの投球は報われなかった。「最後は疲れてしまった。(一人で投げきれず)悔しかったです」。1メートル88、84キロの恵まれた体格を持ち、最速は147キロ。力のある直球を武器とする好投手の視察にはオリックス楽天などが訪れた。阪神・畑山チーフスカウトは「140キロ台を常時、投げられるようになるポテンシャルはある夏までにどれだけ成長するか楽しみ」と期待した。
 身長188センチの長身から、この日の最速142キロの直球と、パームなど4種類の変化球を投げ分けた。阪神・畑山チーフスカウトは「状態はよくないと聞いているけど、明らかに腕を振った時にはよかったそういう球がコンスタントに投げられれば面白い」と話した。

 ■ 大阪桐蔭・根尾から三振奪ったプロ注目羽田野が好投(日刊スポーツ) 18/4/8

 汎愛が6回コールド勝ちで初戦を突破した。プロ注目の羽田野温生(はるき)投手が先発。「今日はストレートのコントロールとスライダーが決まらなかった」と本調子でないながらも、要所で三振を奪い6回6安打無失点に抑えた。羽田野は1年生だった16年秋の大阪府予選で大阪桐蔭と対戦。根尾昂内野手から三振を奪うなど、同学年の選手にはヒットを許さず「自信になりました」と振り返る。強い私立と戦いたいと公立の汎愛に進学。「(大阪桐蔭を)ずっと倒したいと思っている。当たったら絶対勝ちたいです」と燃える。6日の広島新庄との練習試合で最速の147キロをマークしたばかり。この冬には新たにカットボールも習得し「夏は最後なので、任された試合は完封したいです」と気合いを入れて夏の甲子園を目指す。この日は阪神巨人広島7球団のスカウトが視察。楽天愛敬スカウトは「背丈もあって、腕の振りも良く将来性があるピッチャー。今後も楽しみに見ていきたい」と話した。
 この日は気温が低く、MAXは142キロ止まりだったが、5日の広島新庄との練習試合で自己最速の147キロをマークした。全国的には無名の身長187センチ右腕を見ようと、巨人広島日本ハムなど7球団のスカウトが視察した。阪神の畑山チーフスカウトは「体があるし、機会があれば見ていきたい」と、今後も注目していくことを明かした。(スポーツ報知)

  プロフィール

 大阪府大東市出身。
 羽田野 温生(はたの・はるき)投手。
 四条畷東小学校3年から軟式野球を始め、四条畷南中時代は寝屋川シニアに所属。
 当時のチームメイトに筒井太成(現近畿大)ら。

 汎愛高では1年時秋から背番号20でベンチ入り。
 5回戦・大阪桐蔭戦で公式戦デビューを果たし、最速144㌔を計測した真っすぐで注目を集める。
 同学年の根尾昂から真っすぐで空振り三振を奪うなど4.1回で3奪三振を記録。
 一方で制球が甘く計7安打を浴び、6失点ノックアウト、7回1対8コールド負けで敗退となった。
 その後、2年時5月の肺炎で戦列を離れ、同年夏の予選には1試合のみ登板。
 エースの座を掴んだ2年時秋の予選(大阪4回戦)で最速1キロ更新の145㌔を計測している。
 3年時4月の練試で147㌔をマークし、プロスカウトからも注目される存在に浮上。
 続く春の府大会に9球団スカウトを集結させ、3回戦敗退ながら潜在能力で評価を獲得した。
 3年時夏の府大会は強豪・履正社に10安打6K1-5完投で敗れ3回戦で敗退。
 7回を終えて1-1と接戦を演じたが、8回裏に一挙4点を許し、善戦およばず逆転で敗戦となった。
 大阪大会8強が最高成績。甲子園経験は無し。

 東洋大では1年生の秋からリーグ戦に出場。
 高校時代から抱えていたヒジの怪我を克服し、中大1回戦で145㌔デビュー(1回2失点)を飾る。
 入学後の体作りで体重を4㌔増やし、3年時春のリーグ戦で最速151㌔を計測。
 3季で12試合(全て救援)、計11.1回を投げ、通算0勝0敗、10奪三振、防御率5.40をマークした。
 リーグ通算12試合、0勝0敗、11.2回、10奪三振、防御率5.40。

 188cm90kg、恵まれた体格の151㌔右腕。
 セットから始動をして溜めて重心を下げ、インステップし、右ヒジを使った腕の振りから投げ下ろす
 最速151㌔、常時140㌔前後から145㌔前後(救援)の角度のあるストレートと、
 130㌔前後で落ちるフォークボール、120㌔前後のスライダー、100㌔台のカーブなどの変化球。
 長身から投じる真っ直ぐが持ち味。直球で打者を押し、フォークで空振りを誘う。
 高校3年生の春先にヒジ痛を経験、同年4月の練習試合・広島新庄戦で最速147㌔を出した。
 制球に甘さが残る。遠投100m、50m6秒2。

  スカウトコメント

阪神・畑山俊二チーフスカウト|18/7/21
 「体格的にも恵まれていて運動能力も高い。気持ちの入った投球で、いいものを見せてもらった」
広島・鞘師スカウト|18/7/15
 「(身長187センチで)角度があるし、将来が楽しみですね」
阪神・畑山チーフスカウト|18/4/29
 「140キロ台を常時、投げられるようになるポテンシャルはある。夏までにどれだけ成長するか楽しみ」
 「状態はよくないと聞いているけど、明らかに腕を振った時にはよかった。そういう球がコンスタントに投げられれば面白い」
阪神・畑山チーフスカウト|18/4/8
 「体があるし、機会があれば見ていきたい」
楽天・愛敬スカウト|18/4/8
 「背丈もあって、腕の振りも良く将来性があるピッチャー。今後も楽しみに見ていきたい」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2021年05月21日(金)|2022年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2022年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑