田中 雷大(大阪経済大)|ドラフト・レポート

田中 雷大(大阪経済大)

ここでは、「田中 雷大(大阪経済大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



176cm85kg 右右 MAX146km スライダー・カーブ・フォーク 履正社
ガッチリした体格から投げ込む力のある真っすぐが武器。近畿大会決勝で2失点完投勝利を挙げた。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   18春:         登板無し
   18秋: 4  0勝1敗   7  11  8  3  4  5.14
   19春: 2  0勝2敗  5.1  10  3  6  9 15.19
   19秋:         登板無し            
   通算: 6  0勝3敗  12.1  21  11  9  13  9.49
         被安打率15.32 奪三振率8.03 四死球率6.57

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   18秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   神院大     2  2  2  1  0
           0  1  0  1  2 ●
           4  3  4  1  1
   龍谷大     1  5  2  0  1
           7  11  8  3  4 防5.14
      被安打率14.14 奪三振率10.29 四死球率3.86

 ■ 高校時代成績

   16秋           回数 被安 奪三 四死 失点
   大阪1回戦:柴  島     1  0       0
     3回戦:西野田工     2  0  4     0
     5回戦:関西創価     1  2       0
     決 勝:上宮太子     6  6       1
   近畿決勝戦:神戸国際 先   9  11  1  3  2
   神宮2回戦:工大福井 先   6  8  6  0  3 139㌔
     準決勝:札幌第一     3  3  0  0  1 139㌔
     決勝戦:早稲田実    0.2  2  0  1  1 134㌔
                28.2  32  19  6  8 防1.88
            被安打率10.05 奪三振率5.97 四死球率1.88

   17夏予          回数 被安 奪三 四死 失点
   大阪5回戦:久米田高 先   5  3  6  0  1…4回までノーヒット無失点

  最新記事

 ■ 履正社、20得点大勝で8強入り!主砲・安田は4打数4安打(スポーツ報知) 17/7/26

 昨夏大阪代表で今春センバツ準Vの履正社は、3本塁打を含む18安打20得点の猛攻で久米田に5回コールド勝ちした。高校通算61発のプロ注目の左打者・安田尚憲は1回の右前先制2点タイムリーなど4打数4安打の活躍。投手陣はエース竹田祐が登板せず、背番号10の田中雷大が4回まで無安打無得点と奮闘。5回1失点で投げ切った。

   19春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   大商大 先  2.2  6  2  3  5 ●
   京産大 先  2.2  4  1  3  4 ●
          5.1  10  3  6  9 防15.19
      被安打率16.88 奪三振率5.06 四死球率10.13

 ■ 履正社が25年ぶりの春秋連覇達成!11年ぶり2度目のV(スポーツ報知) 16/11/5

 履正社が、公式戦初先発の田中雷大(らいた)投手(2年)の粘投で神戸国際大付を下し、11年ぶり2度目の優勝。1991年の天理以来となる、25年ぶりの近畿大会春秋連覇を達成した。田中は力のある直球で相手打線に真っ向勝負11安打を浴びたものの、2失点で完投した。試合前には、ヤクルトに1位指名された高校NO1左腕・寺島成輝(3年)から体の使い方をアドバイスされたといい「先発を告げられた時は正直、動揺しましたが、何としても抑えようと思って投げました」とはにかんだ。

  プロフィール

 兵庫県川西市出身。
 田中 雷大(たなか・らいた)投手。
 明峰小学校時代から軟式野球を始め、明峰中ではヤング・兵庫川西に所属。
 
 履正社高校では2年時秋から背番号11でベンチ入り。
 力のある直球を武器に主にリリーフ投手を務め、竹田、安田らを擁して神宮大会初優勝を飾る。
 初先発の近畿決勝・神戸国際大付戦で9回11安打2失点完投勝利をマーク。
 続く神宮大会4試合中3試合(先1)に登板し、合計9.2回を6K5失点に抑える粘投を見せた。
 先発を任された2回戦・工福井戦(4対3)で6回8安打6K3失点の力投を披露。
 同試合5回表の打席で外高め直球を左翼ポール際に叩き込む勝ち越しソロを記録している。
 翌3年春の選抜(背番号11)で3年ぶり準Vを果たすも自身の登板機会はなし。
 同年夏の府5回戦・久米田戦に先発で登板し、5回1失点完投、左2ランと投打の活躍を見せた。
 同期のチームメイトに竹田祐安田尚憲若林将平ら。

 176cm85kg、ガッチリとした体格の本格派右腕。
 ノーワインドアップから重心を下げて早めに着地し、肘を柔らかく使った力強い腕の振りから投げ込む
 最速146㌔、常時130㌔台前半から後半の力ある直球と、110㌔台のスライダー。
 130㌔台ながら勢いある直球で押す本格派右腕。まずまずのコントロールで両サイドに投げ分ける。
 ストレートはやや高め傾向。現状被安打が多い。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2020年02月17日(月)|2021年大学生投手 | 関西六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年大学生投手 | 関西六大学 コメント(0) Page Top↑