バンゴーゼム・ゲレック・高(新潟医療福祉大)|ドラフト・レポート

バンゴーゼム・ゲレック・高(新潟医療福祉大)

ここでは、「バンゴーゼム・ゲレック・高(新潟医療福祉大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



185cm87kg 左右 MAX140km超 カーブ・チェンジ 帝京長岡高
最速140㌔超のプロ注目大型左腕。高2夏の県大会でレフト場外ソロを放った。米国人の父を持つ。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   17春:        登板無し
   17秋:        登板無し
   18春:        登板無し
   18秋:        登板無し
   19春: 2 0勝0敗   2  1  2  2  0  0.00 
   19秋:        登板無し            
   通算: 2 0勝0敗   2  1  2  2  0  0.00
         被安打率4.50 奪三振率9.00 四死球率9.00

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   19春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   上武大    0.1  0  0  1  0 
   作新大    1.2  1  2  1  0
           2  1  2  2  0 防0.00
       被安打率4.50 奪三振率9.00 四死球率9.00

 ■ 高校時代成績

   16夏(背番号1)    回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:小出高校 先   5  3       0
   3回戦:新発田中     5  3       1
   4回戦:五泉高校 先   8  7  8  2  3
   準々決:中越高校 先   7  7  4  14  10
               25  20       14 防5.04(失点から算出)

  最新記事

 ■ 帝京長岡バンゴーゼムが新潟医療福祉大に合格(日刊スポーツ) 16/12/13

 帝京長岡の左腕エースで4番のバンゴーゼム・ゲレック・高投手が、新潟医療福祉大の推薦入試に合格した。アメリカ人の父を持ち、恵まれた体格と身体能力でプロからも注目された大器が、4年後のプロ入りを目指して地元で腕を磨く。バンゴーゼムの目標は明確だ。「笠原さんのように、信頼される投手になってプロ入りする」。10月にハードオフ新潟で行われた作新学院大戦を観戦した。ブルペンでの投球を見て、「勢いのあるすごい球だった」と衝撃を受けた。笠原の最速は147キロで、自身は138キロ。「笠原さん以上の速さ、150キロを大学4年間で出したい」。そして「力で勝負できる投手になりたい」と理想を掲げる。185センチ、87キロの恵まれた体格。粗削りな部分も多く、プロ数球団未完の大器と注目した。帝京長岡ではエースで4番。左投げ右打ちながら、距離96メートルの同校の左翼ネットを軽々越える長打力に、打者としての将来性も買われた。ただ、「まず投手で頑張りたい」と大学では、ひとまずバットを封印するつもりだ。夏の県大会後から後輩たちの練習に参加。筋トレと投球フォーム改善に取り組む。最後の夏は準々決勝で、優勝した中越に1-10で7回コールドで敗れた。当時のフォームをビデオで見て、「体がくの字に曲がって、肘も下がっていた」。修正のためフォームを動画撮影し、チェック。そしてまた撮影と、その作業を繰り返す。

       試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14夏新潟: 4 .200  15  3 1 0 0 0          .267(4・6番/一塁)
   15夏新潟: 4 .294  17  5 1 0 1 3          .529(5・7番/投一)
   16夏新潟: 4 .357  14  5 2 1 0 5          .643( 4番/投一)
   通  算: 12 .283  46 13 4 1 1 8          .478

  プロフィール

 新潟県見附市出身。
 バンゴーゼム・ゲレック・高(こう)投手。
 新潟小4年時から軟式野球を始め、見附中野球部では一塁手兼投手。

 帝京長岡では1年時春から一塁手でレギュラー。
 翌2年夏の予選に5・7番・一塁兼投手として挑み、4回戦・柏崎戦でレフトへの場外ソロを放つ。
 その後、夏休み中に腰痛を発症し、秋季大会(県初戦敗退)での出場はなし。
 復帰した翌3年春から主戦としてチームを支え、春夏2シーズン連続で県8強まで勝ち進んだ。
 3年時夏の県大会は四死球14コを出す乱調で中越高に7回1対10完投負け。
 4番として打率.357(14打数5安打)本0点5、投手として計25回14失点の実績を残している。
 コールド勝ちを飾った4回戦・五泉戦で、8回8K、7安打10-3完投勝利を記録。
 138㌔大型左腕としてスカウトから注目されたが、プロ志望届を提出せず大学進学を選択した。
 県大会8強が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 185cm87kg、恵まれた体格のプロ注目左腕。
 ノーワインドアップから上体を傾けてインステップし、左腕を三塁方向に引いて低いテイクバックから
 投げ込む最速140㌔超の力ある真っすぐと、カーブ、チェンジアップなどの変化球。
 粗削りながら140㌔超を投げる大型左腕。アメリカ人の父から譲り受けた身体能力を備える。
 長打力のある右のスラッガー。高校1年時から主軸打者としてチームを牽引した。
 柏崎市佐藤池野球場(中堅122m、両翼98m)でレフト場外への特大ソロを放った実績を持つ。
 投打にポテンシャル開花が期待される大型選手。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2020年04月13日(月)|2020年大学生投手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生投手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑