高橋 晴(茨城日産)|ドラフト・レポート

高橋 晴(茨城日産)

ここでは、「高橋 晴(茨城日産)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 横浜 西武 中日 日ハム 広島 福岡 巨人 楽天 阪神 千葉 東京 オリ
    【22候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



高橋 晴(茨城日産)

185cm87kg 右右 MAX148km スライダー・チェンジ・カーブ 関東一高→中央大 1年目
長身から投げ下ろす伸びのある直球と縦のスライダーが武器。高3夏の東大会で148㌔を計測した。
最終更新日:2021-11-26 (Fri)|2023年社会人投手 東都大学 コメント(1)

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   18春:         登板無し
   18秋:         登板無し
   19春: 1  0勝1敗   2.2  3  1  4  2  6.75
   19秋:         登板無し
   20春:         開催中止
   20秋:         登板無し
   21春: 2  1勝0敗   1.2  1  1  1  0  0.00
   21秋:         登板無し            
   通算: 3  1勝1敗   4.1  4  2  5  2  4.15
          被安打率8.31 奪三振率4.15 四死球率10.38

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   19春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   東洋大 先  2.2  3  1  4  2 ● 137㌔

 ■ 高校時代成績

   16秋(背番号1)    回数 被安 奪三 四死 自責
   1回戦:法政大高     1  1  0  1  0
   2回戦:武蔵丘高 先   6  1  2  1  1
   3回戦:東海菅生 先   9  4  4  2  0封
   準々決:早稲田実 先   6  6  6  5  4
               22  12  12  9  5 防2.05
           被安打率4.91 奪三振率4.91 四死球率3.68

   17夏(背番号1)    回数 被安 奪三 四死 失点 
   3回戦:雪谷高校 先   7  11  3  2  6 143㌔
   4回戦:堀越高校 先   8  9  2  1  4
   5回戦:小山台高    1.2  1  0  2  0
   準決勝:二松学舎 先   3  8  0  2  6 147㌔(プロ計測148㌔)
              19.2  29  5  7  16 防7.32(失点から計算)
          被安打率13.27 奪三振率2.29 四死球率3.20

  最新記事

 ■ 関東第一・高橋148キロも…(スポーツ報知) 17/7/28

 プロ注目右腕・高橋晴が、ソフトバンクのスピードガンで自己最速148キロを計測したが、3回6失点で3連覇を逃した。「重圧をはね返せなかった。(プロか進学か)進路はこれから考えたい」。

   21春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   青学大     1  0  0  0  0 ○ 138㌔ ※リーグ戦初勝利
   東洋大    0.2  1  1  1  0   138㌔
          1.2  1  1  1  0 防0.00
       被安打率5.40 奪三振率5.40 四死球率5.40

 ■ 関東第一・高橋、7回6失点も白星発進(スポーツ報知) 17/7/15

 関東第一の、プロ注目の最速147キロ右腕・高橋晴(はる)が、7回11安打6失点と苦しみながらも白星発進。6回に中飛を打ち、一塁を駆け抜けた際に右足がつり、7回で無念の降板。この日の最速は143キロ。チームは逆転勝利も本領発揮とはならず、「声をかけてくれたチームメートに感謝」。3球団のスカウトが視察し、ソフトバンク山本スカウトは「将来的に楽しみ」と評価。80~82年の荒木大輔を擁した早実以来の東東京大会3連覇に向け、優勝街道を走り始めた。
 高橋は6球団のスカウトが訪れる中、最速143キロを計測も7回11安打6失点。(スポニチ)
 大学進学も視野に入れている最速147キロ右腕をソフトバンク、西武などが視察。中日の佐藤スカウトは「持っているものがいい。力を入れたときの真っすぐはよかった」と話した。(西日本スポーツ)

 ■ 関東第一・高橋が投打二刀流 調子上向き(日刊スポーツ) 17/7/4

 最速147キロ右腕の関東第一(東東京)高橋晴投手が投打二刀流に挑戦だ。昨夏は右肘のケガで登板がなかったものの、秋からはエースとしてけん引。「状態が上がってきた」と今春最速を2キロ更新した。練習試合では「4番一塁」で出場することもあり、春から7本塁打を固め打ちしている。「打撃も大好き。打つコツが分かってきた」と東東京大会3連覇を狙う。

過去記事

 ■ 関東第一の147キロ右腕・高橋、仕上がり順調2回0封2K(デイリースポーツ) 17/7/1

 3年連続の夏の甲子園出場を目指す関東第一が30日、千葉県白井市の同校グラウンドで中央学院と練習試合を行い、9-1で快勝した。最速147キロ右腕・高橋晴投手が3番手で登板し、2回1安打無失点、2奪三振。7月8日開幕の東東京大会に向けて、順調な仕上がりを披露した。球威十分の直球は低めに集まり、4番打者から内角低めで見逃し三振を奪う場面も。春以降はメリハリをつけて打たせて取る投球を磨いていたが「大会では、全部先発するわけではないので。リリーフでは最初からガツンといかないといけない」と、この日は力重視で昨秋の千葉準V校を封じた。春の東京大会は準々決勝で敗退したが、最後の夏に向けてはしっかり修正をしてきた高橋。米沢貴光監督も「春より真っすぐも上がっているし、変化球のコントロールもキレもよくなった。順調にきた」と目を細めた。

 ■ 関東第一・高橋「投手」で頂点狙う 今秋ドラフト候補右腕(スポニチ) 17/6/18

 関東第一は今秋ドラフト候補の右腕・高橋主将が3年連続の聖地へ導く。初戦が7月14日に決まり「周りは3連覇させないようにと向かってくる。謙虚に一試合一試合戦って優勝できれば」と気を引き締めた。今月の練習試合で自己最速を147キロに更新。今春は内野手登録だったが「夏は投手として引っ張りたい」と決意を新たにした。

 ■ 関東一のプロ注目右腕高橋、清宮に脱帽「あの球を」(日刊スポーツ) 17/4/30

 プロ注目の関東第一・高橋晴投手が早実・清宮幸太郎内野手のすごみを語った。29日、都内のグラウンドで行われた練習試合で清宮に高校通算85号を浴びた。6回7奪三振、5失点。チームは8-7で競り勝ったが、本塁打の衝撃は大きかった。左中間への1発は、初球に投じた外角高めの直球。「決して悪い球ではなかった。でも、あの球をあそこまで打たれた。高校野球で活躍してるバッターだなと、あらためて実感した」。今春の東京大会で自己最速を2キロ更新し、145キロをマーク。自信のあった武器をはね返され、脱帽した。

 ■ 関東第一・高橋145キロ最速更新(日刊スポーツ) 17/4/7

 プロ注目の高橋晴投手が駒込戦に先発し、9回5失点の完投でサヨナラ勝利に貢献した。スカウトのスピードガンでは、自己最速を2キロ更新する145キロをマーク。10安打と苦しみながら、12三振を奪った。昨秋の東京大会では準々決勝で早実に敗戦。「目の前の1試合1試合を勝って、優勝したい」と決意を込めた。
 3球団スカウトの前で、最速142キロを計測して12三振を奪う一方、九回2死からの同点2ランなど2本塁打を浴びた。186センチ、87キロの大型右腕は「決めにいった球が甘く入ることがあった」と反省。DeNAの吉田スカウト部長は「大きいけど、足運びも悪くない夏までにどこまで体ができるか」と成長を期待した。

 ■ 清宮4強も公式戦32戦目で初の無安打&見逃し三振(日刊スポーツ) 16/10/30

 早実の清宮幸太郎内野手(2年)が、高校公式戦32試合目で初の無安打に抑えられながらも4強入りを決めた。関東第一戦に「3番一塁」で出場。二ゴロ、四球で迎えた5回の第3打席、公式戦では高校初の見逃し三振。その後も左飛、死球で3打数無安打に終わったが、打線が関東第一のプロ注目右腕・高橋晴投手(2年)を攻略した。三振には「狙ったところじゃなかったので仕方ない」と淡々と話した。

 ■ 関東第一が8強 準々決勝で早実と激突(スポニチ) 16/10/23

 関東第一が東海大菅生に競り勝ち、8強に駒を進めた。エース高橋晴投手(2年)が4安打108球で公式戦初完封。1メートル85の長身で、日本ハム・大谷を彷彿とさせるフォームが特徴的な右腕は「相手は西の強豪で力が入ったけれど、全員で勝つことを意識した。夏以降6、7割の力で投げることを意識してきたのが少しずつできてきた。途中からテンポも上げられたし、勝てて良かった」と振り返った。

 ■ 関東第一 センバツ後初戦はコールド勝ち、高橋晴3人斬りデビュー(スポニチ) 16/4/5

 今春センバツに出場した関東第一が、センバツ後初の公式戦でコールド発進した。2年生右腕の高橋晴投手が7回に2番手で公式戦初登板。クリーンアップ3人をピシャリと抑える好投で上々のデビューを飾った。1メートル85の長身からクセのないフォームで投げおろすスタイル最速は137キロで、この日も伸びのある直球を披露した。

  プロフィール

 東京都荒川区出身。
 高橋 晴(たかはし・はる)投手。
 瑞光小時代に南星ハリケーンで野球を始め、荒川第一中では江戸川中央シニアに所属。

 関東一高では2年時春から控え投手としてベンチ入り。
 2年生の夏に甲子園(登板機会無し)を経験し、同年秋の新チームから主将&エースを務める。
 主に先発で都大会全4戦22回に登板し、9四死球5失点に抑える粘投を披露。
 2回戦・武蔵丘戦で6回11-1完投勝利を収め、続く菅生戦で4安打3-0初完封をマークした。
 一躍2017年ドラフト候補として注目されるも早実に4対8で敗れベスト8で敗退。
 相手3番・清宮を2の0、1K1四球に抑えたが、全体には6回で5失点と低調な結果に終わった。
 3年時夏の東大会はV校・二松学舎大付に7回コールド1-8で敗れ4強で敗退。
 最速148㌔を計測しながら甘い球を痛打され、3回8安打2四球、0K6失点でノックアウトとなった。
 1学年上に佐藤奨真宮本瑛己、1学年下に石橋康太ら。

 中央大学時代に目立った実績は無し。
 4年間で3試合(先1)、計4.1回(4失点)に登板し、4年時春の青学大1回戦で初勝利を収めた。
 リーグ通算3試合、1勝1敗、4.1回、防御率4.15。

 185cm87kg、恵まれた体格のプロ注目右腕。
 ノーワインドアップから重心を下げてインステップし、着地早めに肘を使った腕の振りから投げ下ろす
 最速148㌔、常時140㌔前後から145㌔前後(高3夏)の伸びのある真っ直ぐと、
 110㌔台から120㌔前後のスライダー。その他の持ち球に110㌔台のチェンジアップ、緩いカーブ。
 ストレートで押す本格派右腕。真っすぐで内角を突き、スライダーを織り交ぜる。
 3年夏の予選準決で最速147㌔、平均141.4㌔(147㌔1球、146㌔2球、145㌔5球)をマークした。
 コントロールにはバラツキが残る。50m走6秒1。

  スカウトコメント

ソフトバンク・山本スカウト|17/7/15
 「将来的に楽しみ」
中日・佐藤スカウト|17/7/15
 「持っているものがいい。力を入れたときの真っすぐはよかった」
千葉ロッテ・諸積兼司スカウト|17/6/16
 「体も大きく、140キロ台後半のストレートを投じます。もし大学へ進学したとしても4年間追いかけていきたい選手です」
DeNA・吉田スカウト部長|17/4/7
 「大きいけど、足運びも悪くない。夏までにどこまで体ができるか」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2021-11-26 (Fri)|2023年社会人投手 | 東都大学 コメント(1) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
DeNAが好きそうな長身素材型右腕ですね。
堂々たる体格があるので三振が取れる変化球をマスターしたら面白い存在になるかも知れません。
| ぽにぽにぽにー | 2017年07月01日(Sat) 13:17 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2023年社会人投手 | 東都大学 コメント(1) Page Top↑