後藤 克基(法大)|ドラフト・レポート

後藤 克基(法大)

ここでは、「後藤 克基(法大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



後藤 克基(法大)

172cm75kg 右右 捕手 遠投100m 50m6秒2 滋賀学園
左右に打ち分ける強打の3番。高2春選抜2回戦で5安打。秋の近畿大会初戦で場外弾を放った。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18春:          出場無し              
   通算:          出場無し

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16春: 3 .462 13  6 2 0 0 4 4 0 1  .462  .615
   17春: 3 .235 17  4 0 0 0 1 4 2 2  .316  .235
   通算: 6 .333 30 10 2 0 0 5 8 2 3  .375  .400

  最新記事

 ■ 彦根東が滋賀学園を振り切る 2年生左腕の増居が2失点完投(スポーツ報知) 17/7/21

 今春センバツ出場の滋賀学園と春の県大会優勝・彦根東が早くも激突し、彦根東が3―2で競り勝った2年生左腕・増居翔太が8安打されながらも完投し、強豪対決を制した。先攻の滋賀学園は1回1死一塁、3番の後藤克基が先制の中越え2ラン。彦根東はその裏、3安打で2得点し、すかさず追い付いた。さらに彦根東は3回1死、3番の高村真湖人が勝ち越しの中越えソロを放った。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 長打率
   17夏予: 3 .615 13  8 3 1 1 5 1.231

 ■ ピンチに好リード 中軸抑えた後藤捕手(中日スポーツ) 17/3/27

 巧みなリードで乗り切った。滋賀学園の後藤克基捕手(三年)は、公式戦初先発の宮城滝太投手(二年)とリリーフした棚原孝太投手(三年)の持ち味を引き出し、相手打線をわずか1点に抑えた。心掛けているのは、投手の状態、性格などあらゆる要素を生かしたリードだ。昨夏の県大会準決勝で、配球がワンパターンになって2-7で敗退。甲子園出場を逃した苦い記憶が教訓となっている。宮城投手の先発は、後藤選手らで決め、初戦で192球を投げた棚原投手の体力回復を優先した。「うちは投手陣が豊富。明後日のやりくりもこれから決めます」。視線の先は、もう再試合にあった

 ■ 滋賀学園・後藤 驚弾準備着々(中日スポーツ) 17/3/16

 1年夏からマスクをかぶり、昨年のセンバツ大会は初出場ながら8強入りに貢献した高校通算26本塁打の好打者。昨秋の近畿大会は、智弁和歌山戦で紀三井寺球場レフト場外へ特大弾を放ち、民家を直撃。中田翔が大阪桐蔭時代に場外弾を放ってから設けられた高さ15メートルの防球ネット、通称“中田ネット”を越えた推定140メートルの打球に、プロのスカウトの注目を集めた。8日から始まった練習試合では、奈良大付戦で26本目をマークした。

過去記事

 ■ 阪神などプロ注目捕手 滋賀学園・後藤“神ってる”活躍誓う(デイリースポーツ) 17/1/11

 昨秋の近畿大会で4強入りし、今春のセンバツ切符を待つ滋賀学園が10日、東近江市内の同校グラウンドで練習した。阪神などが注目する後藤克基捕手(2年)は、高校通算25本塁打の主砲。広島・鈴木誠也に憧れており、「僕もあれぐらいのフルスイングで結果を残したい」。“神ってる”活躍で昨春のセンバツ8強以上を目指す。

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16秋: 8 .452 31 14 3 0 1 5 1 6 0  .541  .645

 ■ 来秋ドラフト候補が民家直撃場外弾 滋賀学園・後藤(デイリースポーツ) 16/10/29

 今春センバツ8強の滋賀学園が、智弁和歌山との乱打戦を八回コールドで制し、8強へ進出。2年連続のセンバツ出場へ大きく前進した。流れを変えたのは後藤克基捕手(2年)。3点を追う三回、2点を返しなおも2死走者無しから、真ん中低めの直球を豪快に振り抜いた。打った瞬間に行ったと分かる打球は、左翼奥の高い防球ネットを越えて民家の壁を直撃した「ここまで飛んだのは初めてです」と笑った後藤。高校通算25本目のアーチで同点に追いつくと、打線が4本のアーチを放ち智弁和歌山を突き放した。それでも後藤は「神村をもっと引っ張ってあげられなかった。いい時は誰がリードしてもいいんですけど、良くない時こそ自分が引っ張ってあげないといけない」と課題を口にする。

  プロフィール

 兵庫県神戸市出身。
 後藤 克基(ごとう・かつき)捕手。
 千鳥が丘小学校3年から野球を始め、垂水中では神戸中央シニアに所属。
 中3夏にジャイアンツカップ3位入賞を経験した。

 滋賀学園では1年春からベンチ入り。
 1年夏から3番・正捕手としてチームを引っ張り、同年秋に神村月光を擁して近畿準Vを果たす。
 報徳戦で延長14回決勝打を放つなど、打率.424本0点5盗3の好成績を記録。
 翌2年春選抜で計13打数6安打の活躍を演じ、創部18年目初出場で8強進出を達成した。
 初戦・桐生第一戦で内池翔を4回途中降板に追いこむレフト前へのタイムリー。
 大勝を収めた2回戦・釜石高戦で、5打数5安打1盗塁、3打点3得点の大暴れを演じている。
 初回に右前打(外チェンジ)、2回に左前打(低めスラ)、6回に遊内安(4秒52)。
 4・8回表にそれぞれ内スラ、外寄り低めチェンジを捉え、左越えに弾き返す2塁打を記録した。
 続く2年夏の県大会を4強敗退で終え、2年秋に県初V、近畿8強入りを達成。
 近畿大会1回戦・智弁和歌山戦で紀三井寺球場レフト場外への豪快ソロをマークしている。
 翌選抜で2戦連続延長戦を演じるも4単打と目立てず2回戦・再試合で敗退。
 1回戦で左安(外スラ)、右適安(内寄り141㌔)、2回戦で右安、中安(外変化球)を放った。
 3年夏の予選は彦根東に2対3(センター左2ランなど3安打)で敗れ3回戦敗退。
 全3戦に3番・捕手として出場し、合計13打数で8安打5長打、打率.615点5の好成績を残した。
 同学年のチームメイトとして神村月光ら。

 172cm75kg、打力のある小柄な捕手。
 振り切るスイングで左右に打ち分ける強打の3番バッター。高校通算30発のパンチ力を秘める。
 両翼98m、中堅120mの紀三井寺球場でレフトスタンド場外への豪快弾を記録。
 2年春選抜2回戦でやや詰まりながらも内スラを左翼フェンス際まで飛ばすパワーを見せた。
 内角球を腕を畳んで打ち、外角球をライトに弾き返す。広角打法も特徴の一つ。
 神村月光とのバッテリーでチームを支える攻守の要。1年夏から正捕手として実戦経験を積む。
 遠投100m、二塁送球2秒強(2年春選抜)。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2017年12月06日(水)|2021年大学生野手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年大学生野手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑