清水 陸哉(京都国際)|ドラフト・レポート

清水 陸哉(京都国際)

ここでは、「清水 陸哉(京都国際)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



186cm76kg 右右 MAX145km 外野手 遠投110m 50m6秒0
強打の3番・センター。3年春準々決勝で4長打8打点の大暴れ。左中間に3ラン2発を叩き込んだ。
2016年ソフトバンク育成5位(支度金300万円、年俸300万円)

  動 画

  最新記事

 ■ 育成5位 清水「母に感謝のフレンチを」(西日本スポーツ) 16/11/3

 福岡ソフトバンクが育成ドラフト5位で指名した清水陸哉外野手の入団が2日、決まった。支度金300万円、年俸300万円で合意。高校通算37本塁打を誇る右の大砲。京都市内での交渉には、女手一つで清水を育てた母の知子さんも同席した。清水は「今まで野球を続けさせてくれた母に感謝している。プロで活躍できたら、自分も食べたことがない料理…フレンチを食べに連れて行きたい」と宣言。知子さんは「焼き鳥でええよ…」と苦笑しながら「私は柳田選手のファン。2人が一緒にプレーする姿を見たい」を目を輝かせた。清水は現在、186センチ、76キロとややスリム。毎食のご飯を夏までの1キロから1・5キロに増やしており「(来年1月の)新人合同自主トレまでに80キロに増量する」と誓った。

 ■ 育成5位 京都国際高・清水「トリプル3」(西日本スポーツ) 16/10/28

 福岡ソフトバンクから育成ドラフト5位で指名された清水陸哉が27日、京都市の同校で指名あいさつを受けた。高校通算37本塁打の右の強打者。「目標は柳田選手。夢はトリプルスリー」と意気込んだ。伸びしろたっぷりの大砲候補だ。同校では投手兼外野手。投手練習に多くの時間を割いたが、1年秋の練習試合で約100メートル先にある左中間のネットも外の国道も越え、道路反対側の業務用スーパー屋上の看板を破壊する特大弾を放った。小牧監督は「140メートルは飛んだ。練習でほとんど打っていないので驚いた」と当時の衝撃を振り返る。プロでは野手一本で勝負する。同校の3年先輩、育成内野手の曽根と同じチームになることに「心強い」とうなずいた。

 ■ 阪神隠し玉は京都国際高・清水!37発の強肩&俊足外野手(SANSPO) 16/10/17

 阪神が20日のドラフト会議の指名候補として京都国際高・清水陸哉(りくや)外野手をリストアップしていることが16日、わかった。今夏まで投手に専念。大会前に打撃練習をこなす程度だったが、3年春の京都大会では2打席連続など高校通算37本塁打。名門・八幡商高を訪ねた練習試合では同校の外野フェンス奥、業務用スーパーの屋上看板直撃弾を放ち「あんなところまで飛ばす選手は見たことがない」と伝統校の関係者を凍りつかせた。最速145キロ、遠投110メートルの強肩、50メートル6秒ジャストの俊足で「プロでは野手で勝負したい」と意気込む。身長1メートル86、体重76キロとまだ細身だが、ガッツは底知れない。大阪市立淀中時代から「24時間練習ができる環境だから」と同校を志望し、連日午前2時すぎまで練習に明け暮れた。複数球団から調査書が届いている中、虎待望の大砲となりえるか。

過去記事

 ■ 阪神、ドラフトも「超変革」 一芸に秀でたスペシャリスト獲得へ(スポニチ) 16/9/22

 阪神は今秋のドラフト会議でスペシャリストの獲得を目指す方針を打ち出した。一芸に秀でた人材発掘を目指し、特に俊足選手を獲得する意向だ。今秋ドラフトへ向けて候補に挙がるのは、トヨタ自動車・源田壮亮内野手、早大の石井一成外野手、静岡高の鈴木将平外野手らだ。地元関西でも大阪ガス・峰下智弘内野手、高校生でも京都国際・清水陸哉外野手らの走力を持つ逸材がそろっている。

  プロフィール

 大阪府大阪市出身。
 清水 陸哉(しみず・りくや)外野手。
 川北小1年に川北ストームで野球を始め、大阪市立淀中時代は同チームで投手。

 京都国際では2年夏にレギュラーの座を獲得。
 初戦2回戦(4対8)に5番・投手として起用され、中越え三塁打など3打数2安打の実績を残す。
 2年秋(6番・右翼手)、3年春(3番・中堅手)の2度京都大会4強進出を達成。
 3年春の京都準々決・日星戦(7回コールド11対4)で4打数4長打8打点の大暴れを見せた。
 1回裏に右中間への二塁打、3回に左中間フェンス直撃の2点二塁打をマーク。
 4回裏に左中間深部に叩き込む3ラン本塁打、6回に2打席連続の左中間3ランを放っている。 
 3年夏予選(3番・センター)は鳥羽に延長11回5対6サヨナラ負けで初戦敗退。
 初回に先制点に繋がる左安、3回に左越え2点二塁打と、5打数2安打2打点の奮闘を見せた。
 京都大会4強が最高成績。甲子園経験は無し。

 185cm76kg、恵まれた体格の外野手兼投手。
 通算37本塁打、振り切るスイングから強い打球を放つ右の強打者。両方向に長打を飛ばす。
 2年夏から5番・ライトでレギュラー。3年春から3番、夏から中堅手を務めた。
 わかさスタジアム京都(中堅117m、両翼100m)で2打席連続の左中間3ランをマークしている。
 145㌔直球を武器に投手も務めた。50m6秒0。

  スカウトコメント

ソフトバンクスカウト|16/10/28
 「飛距離が持ち味。体作りができれば、走攻守で大化けする可能性を秘めている」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2016年11月04日(金)|2016年ドラフト指名選手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2016年ドラフト指名選手 | コメント(0) Page Top↑