大西 健斗(慶大)|ドラフト・レポート

大西 健斗(慶大)

ここでは、「大西 健斗(慶大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



大西 健斗(慶大)

180cm74kg 右右 MAX144km スライダー・カーブ・スプリット・チェンジ 北海高
伸びのある直球とスライダー。高3夏の甲子園で4戦連続完投勝利をマーク。創部初の準Vに導いた。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   17春:        登板無し
   17秋:        登板無し
   18春:        登板無し
   18秋:        登板無し            
   通算:        登板無し

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   15夏: 1     0  2  0  1  3 138㌔ 鹿児島実
   16夏: 5    39  30  21  15  8
        先   9  4  6  6  1 142㌔ 松山聖陵 ○
        先   9  4  3  0  1 143㌔ 日南学園 ○
        先   9  9  6  2  0 143㌔ 聖光学院 ○
        先   9  8  3  3  2 144㌔ 秀 岳 館 ○
        先   3  5  3  4  4 142㌔ 作新学院 ●
   通算: 6    39  32  21  16  11 防2.54
       被安打率7.38 奪三振率4.85 四死球率3.69

  最新記事

 ■ 慶大・大西、代走としてリーグ戦初出場(SANSPO) 17/5/6

 第5週第1日は6日、1回戦が行われ、第1試合の慶大と法大は規定により延長十二回5-5で引き分けた。昨夏の甲子園準優勝の北海高出の慶大・大西健斗投手(1年)が六回に二塁走者の代走としてリーグ戦初出場。慶大・大久保監督は「大西は、春のオープン戦で2打席ぐらい立っているし、早くリーグ戦に慣れさせたかった」と起用理由を説明した。大西は「投手としては、オープン戦で1度、1イニングしか投げていないし、今は野手の練習に入っている右肘の痛みはないが、何イニングも投げると違和感が出てくる。1年生からチームに貢献したいので、今は守備固めとか、足にも自信があるので、外野でがんばっていきたい」と意欲を示した。

 ■ 甲子園準V、北海のイケメン右腕・大西が慶大合格(スポーツ報知) 16/12/5

 第98回全国高校野球選手権で準優勝した北海の大西健斗投手(3年)が5日、慶大環境情報学部のAO入試に合格した。今夏の甲子園では4試合連続で完投勝利を挙げるなど、決勝まで全5試合に先発。優勝こそ逃したが、V6・岡田准一似の甘いマスクと爽やかな笑顔で多くの高校野球ファンを魅了した。慶大でも野球を続ける予定だという。

   16夏予           回数 被安 奪三 四死 失点
   札 幌1回戦:北星大付 先   9  6  15     0封 
      2回戦:札幌旭丘 先   9  5  11     3
   南大会1回戦:苫小牧中 先   8  4  9  3  2
      準々決:北  照 先   9  8  11  1  2
      準決勝:東海札幌 先   7  6  6  2  1
      決 勝:札幌日大 先   9  5  3  3  2
                  51  34  55  18  10 防1.76(失点から計算)
              被安打率6.00 奪三振率9.71 四死球率3.18

 ■ イケメンエース見たい!準V北海宿舎に大西の“出待ち”出現(デイリースポーツ) 16/8/23

 第98回全国高校野球選手権大会で準優勝した北海のエース・大西健斗投手は22日、大阪府池田市内の宿舎で取材に応じ、「顔晴れやかに、やりきったぞという感じでみんなのもとへ帰りたいと思います」とさわやかに語った。前夜は決勝戦の模様をテレビのニュースなどで目にし「決勝の舞台にいたというのが考えられなかったけど、メダルをかけると戦ったんだなという思いがありました」と言う。決勝戦は右肘痛の影響もあり優勝こそ逃したが、イケメンエースとして高校野球ファンからの注目度は一気に上がった。宿舎では小中学生くらいの女の子が“出待ち”する場面も。今後は大学で野球を続ける方針を固めており、故郷・北海道から次のステージへの一歩を踏み出していく。

過去記事

 ■ 北海・大西、右肘痛に耐える「自分たちをたたえたい」(デイリースポーツ) 16/8/21

 北海のエース・大西健斗投手は、四回途中5失点で降板3回戦の日南学園戦から右肘に違和感を抱えながらの登板だったことで、「正直、握力も最後の方は無くなっていた」と明かした。決勝までの全4試合を1人で投げ抜き、同校史上初の決勝進出へ導いた右腕。平川監督にも症状を伝える中、「エースナンバーを背負っているので」と志願する形で決勝のマウンドに上がった痛み止めも服用しながらの戦いだったが、それを言い訳にすることなく「最後は自分の力が足りなかった」と清々しい笑みを浮かべる。試合終了直後は笑いながらも涙が両ほほを伝った。「悔いがないと言ったらウソになりますけど、仲間がいたからここまで野球がやれたと思います。銀色のメダルですけど、自分たちをたたえたいなと思いますし、キャプテンが笑って終わろうかなと。本当に最高の高校野球人生だったと思います」と端正なマスクを最後まで崩さず、聖地を後にした。
 四回無死満塁から微妙な判定で同点に追いつかれたシーンで、北海の川村友斗一塁手(2年)は試合後「グラブには当たっていない。でも本当に捕らないといけない打球だった」と号泣した。一塁前にボテボテのゴロが転がったが、ボールは捕球しに行った川村のミットの下を通った。その後、イレギュラーバウンドしてファウルラインを割ったように映ったが、古川球審はフェアを宣告したと同時に野口一塁塁審はファウルのジェスチャーをした。(デイリースポーツ)

 ■ 北海が初の決勝進出 イケメンエースが投打に活躍(日刊スポーツ) 16/8/20

 北海(南北海道)が創部116年目で夏の甲子園初の決勝進出を決めた。センバツでは1963年に準優勝している。大西健斗投手が投打に活躍した。3回に先制の2点三塁打を放つとマウンドでも奮闘。7回、連打で無死一、三塁のピンチを招くとスタンドから秀岳館への手拍子が鳴り始めた。甲子園の「魔物」登場かと思われたが暴投による1点にしのいで乗り切った。8回にも2失点。9回表は再び秀岳館を応援する手拍子が鳴ったが無失点で切り抜け1点差逃げ切った

 ■ 北海のイケメンエース大西、3連続完投で88年ぶり4強に導く(デイリースポーツ) 16/8/18

 北海のイケメンエース・大西健斗投手が、9安打3失点の粘投で完投し、1928年以来88年ぶりの4強進出に導いた。17日の日南学園戦からは連投となった大西。初回に失策や2死球がからみ3点の先制を許したが、二回以降は走者を出しながらも要所を締め、無失点に封じた。自らが導いた88年ぶりという数字に、「実感が湧きません」と澄んだ瞳を瞬かせた。V6・岡田准一似の端正なマスクに、全国の高校野球ファンからの注目が一気に急上昇。「一般のファンの方や宿舎の周りの方にも『頑張ってね』と声を掛けられる。余計にしっかりやらないといけないですね」とりりしいまなざしを送っていた。

 ■ 北海が22年ぶりの8強 イケメンエースが4安打1失点(デイリースポーツ) 16/8/17

 全国最多37回目出場の北海が、22年ぶりの8強入りを果たした。主将でエースの大西健斗投手が初回に1点を失ったものの、その後は最速143キロを計測した力強い直球と鋭いスライダー、カーブを武器に安定感抜群の投球。球数わずか92球で4安打1失点、しかも無四球で完投した。インターネット上などで「イケメン」と話題のエース・大西は「普段通りに投げられた。甲子園で2勝できてうれしい。次も勝って準決勝に行きたい」と聖光学院との準々決勝に向け意気込んだ。

 ■ 北海・大西、アドゥワに投げ勝つ 22年ぶり初戦突破(デイリースポーツ) 16/8/12

 49校中最多となる37度目出場の北海が1-1の九回、2死一、三塁から小野雄哉内野手の中前打でサヨナラ勝ちし、1994年以来22年ぶりの初戦突破を果たした。エースで主将、4番の大黒柱・大西健斗投手は八回の打席で松山聖陵の先発・アドゥワ誠投手から左手甲に死球を受けたが、痛みを押してマウンドへ。九回は三者三振に斬る気迫の投球で、サヨナラを呼んだ。大西は「左手は痛かったが、ここで抑えればチームも乗ると思った。痛いそぶりも出さないように投げた」と振り返った。昨夏は初戦の五回途中から登板したが、1死も取れず3失点で降板戻ってきたマウンドで、雪辱を果たす投球をみせた。「去年の悔しい思いもあったが、1年間の自信もあった。ひと回り大きくなろうと思ってやってきた」と力を込めた。

  プロフィール

 北海道札幌市出身。
 大西 健斗(おおにし・けんと)投手。
 札幌市立中央中学校時代は札幌北シニアでプレー。

 北海高では1年時から控えとしてベンチ入り。
 主将・鎌仲純平らを擁して2年夏の予選を制し、甲子園初戦(4対18)で全国デビューを果たす。
 リリーフ登板で最速138㌔を計測するも1死も取れず2安打3失点でノックアウト。
 秋に肩を痛めた影響で翌年春のベンチを外れ、復帰した3年夏予選で2年連続Vを果たした。
 南大会全4試合を含む6試合(6完1封)51回で55K(率9.71)10失点をマーク。
 北星学園大附戦で6安打15三振完封勝利、北照戦で11三振4対2完投勝利を収めている。
 続く甲子園全試合の先発投手を務め、4戦連続完投で創部初の準Vを達成。
 144㌔を計測した直球にスライダーを織り交ぜ、39回を13失点に抑える丁寧な投球を見せた。
 プロ注目右腕・アドゥワ誠との投げ合いを2対1で制して22年ぶりに初戦を突破。
 選抜4強・秀岳館と対戦した準決勝で終盤の追撃をかわして4対3完投勝利を記録している。
 ヒジ痛を押して翌決勝にも先発したが、作新相手に4回途中5失点KOでV逸。
 序盤から思う様な投球ができず、球審の微妙な判定も重なり、4回表に一挙5失点と力尽きた。
 1学年上のチームメイトに鎌仲純平(現国学院大)ら。

 180cm74kg、まとまりのある144㌔右腕。
 セットポジションから重心を下げて早めに着地し、開き早めに肘を使った腕の振りから投げ込む
 最速144㌔、常時130㌔台後半から140㌔前後の伸びのあるストレートと、
 120㌔台で小さく曲がるスライダー、120㌔台で縦に落ちるスライダー、110㌔台のカーブ。
 真っ直ぐとスライダーとのコンビネーションが持ち味。高校で投手に転向した。
 甘く入るボールも見られるがコントロールはまずまず。低目を狙った丁寧な投球で試合を作る。
 主将・4番・エースの大黒柱。50m6秒0。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2017年05月06日(土)|2020年大学生投手 | 東京六大学 コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
北海から慶応大学に進学した選手は今までを見てもなかなかいませんから頑張ってもらいたいです。
肘の状態含めて怪我が少し多かったのが、気になるところですが・・・
| 匿名 | 2016年12月06日(Tue) 21:22 | URL #- [ 編集]
プロは厳しいかもしれないが大社でも野球を続けて欲しい
| 匿名 | 2016年08月21日(Sun) 02:35 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生投手 | 東京六大学 コメント(2) Page Top↑