渡部 健人(桐蔭横浜大)|ドラフト・レポート

渡部 健人(桐蔭横浜大)

ここでは、「渡部 健人(桐蔭横浜大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



175cm110kg 右右 一塁・三塁・遊撃 50m6秒4 日本ウェルネス高
リーグ通算8発、飛ばす力が魅力の右の強打者。横浜スタジアムでバックスクリーン直撃3ランを放った。

  動 画

  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17春: 10 .258  31  8 1 0 2 6 7 14   .489  .484
   17秋: 10 .241  29  7 1 0 1 4 8 2   .290  .379
   18春: 8 .438  32 14 3 0 3 10 3 8 2  .550  .813(3位)
   18秋: 6 .423  26 11 4 0 1 6 3 4 0  .500  .692
   19春: 12 .220  41  9 2 0 1 4 9 9 2  .360  .341
   通算: 46 .308 159 49 11 0 8 30 30 37   .439  .528
    ※ 18春:ベストナイン(一塁)

 【 全国大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17選: 2 .250  8  2 0 0 0 1 3 0 0  .250  .250(4番・1B)
   19選: 2 .143  7  1 0 0 1 1 2 1 0  .250  .571(6番・3B)
   通算: 4 .200 15  3 0 0 1 2 5 1 0  .250  .400

  最新記事

 ■ 桐蔭横浜大・渡部、今大会最重量113キロの豪快一発出た(スポーツ報知) 19/6/12

 桐蔭横浜大は、大学代表候補・渡部健人内野手(3年)が右中間への一発。今大会最重量の大砲は右手を突き上げ、公式登録より3キロ重い「113キロ」と笑って告白した。「体形が似ている」という西武・山川の「全打席本塁打狙いの気持ちを参考にしている」。元西武トレーニングコーチで、チームを指導する中野達也氏も「飛距離が出るし、大きくて動ける。山川タイプ」と太鼓判を押す。三塁守備で5、6回と2失策がともに失点につながり、渡部は「足を引っ張ったので、自分のバットで返そうと思った」。

 ■ 日本ウェルネス・渡部 山あり谷あり高校生活…次はプロで(スポニチ) 16/7/21

 体重105キロを誇る日本ウェルネスの4番、渡部の高校野球生活が終わった。5回戦で帝京に1―4で敗退。「つらい練習もあったけれど、それでも最後までやりきろうと仲間と励まし合ってきた。神宮でプレーしたいと思って東京の学校に来て最後は負けたけど神宮で終われて良かった」。清々しく前を向いた。横浜商大高で主軸を打っていたが、家庭の事情などで1年冬に転校を余儀なくされた。規定で公式戦には1年出場できないため、その間は走り込みなどで体力面の課題に取り組んだ。最後の夏に向け、フォーム修正にも取り組んだ。足を上げてタイミングをとる打撃フォームをすり足に変えて臨み、4回戦の独協戦では2打席連発をマーク。高校通算25本を放った。大きな体でも俊敏な遊撃守備を見せ、球場を沸かせた。「なんとかプロにいければ。志望届を出すつもりです」と渡部。「プロになって父が欲しいと言っていた高級車を買ってあげたい」と恩返しを誓った。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 長打率
   16夏予: 3 .417 12  5 0 0 2 5  .917

 ■ 日本ウェルネスの「おかわり君」渡部が2発(日刊スポーツ) 16/7/19

 日本ウェルネスの「おかわり君」渡部健人遊撃手が公式戦初アーチから2打席連続本塁打を放ち、独協に12-4の7回コールドで快勝。夏は初となる16強入りを決めた。5回1死走者なし。抜けたスライダーに反応した。試合用のバットは練習より250グラム軽い950グラム。「試合用はカラーバットみたいな感じ」と鋭いスイングで振り抜き、左中間の最も深い場所へ刺した。続く6回は2ランだ。直球を引っ張り左翼席中段付近へ“おかわり”した。体重は3ケタだが、動きは俊敏だ。50メートルは6秒4。美斉津忠也監督が「グラブ裁きはうまいし足も使える」と太鼓判を押す通り守備範囲は広い。右足甲の疲労骨折などで、横浜商大高から1年の2月に転入。規定により今春公式戦出場資格を得た。

  プロフィール

 神奈川県横浜市出身。
 渡部 健人(わたなべ・けんと)内野手。
 横浜市立上白根中時代は中本牧シニアで遊撃手としてプレー。

 横浜商大高では1年春からベンチ入り。
 続く1年夏の県大会に6番・セカンドとして出場し、1回戦(3-4)で左フェン直のツーベースを放つ。
 その後、右足甲疲労骨折のケガを負い、1年時2月に日本ウェルネス高へ転入。
 出場禁止期間を経て翌3年春から4番を務め、同年夏の予選で12の5、本2点5を記録した。
 大勝を収めた4回戦・独協戦で2打席連発を含む3安打4打点の活躍を披露。
 5回に左中間深部への公式戦1号ソロ本塁打、6回にレフト中段への2ラン本塁打を放っている。
 都16強が最高成績。甲子園経験は無し。

 桐蔭横浜大では1年春から一塁手でレギュラー。
 開幕戦・神大1回戦に4番・ファーストとして臨み、左ソロを含む2安打の活躍でデビュー戦を飾る。
 相模原球場開催の工大2回戦で逆方向ライトに放り込む先制の2ランを記録。
 1年生ながら全10戦に4番として出場し、打率.258本2、14四死球の奮闘で優勝に貢献した。
 打率.438本3点10の好成績を残した翌2年春(3B・1B)に一塁ベスト9を受賞。
 横浜スタジアムで行われた神奈工大2回戦で、バックスクリーン直撃の3ラン弾を記録している。
 5季で42試合(三22、一17)に先発し、1年春、3年春の2度リーグ優勝を経験。
 主に4番打者(31試合)としてチームを引っ張り、通算49安打、打率.308本8の実績を残した。
 全国大会には1、3年春の全日本大学選手権(いずれも2回戦で敗退)に出場。
 4番1B(18春)、6番3B(19春)で全4戦に先発し、15打数で3安打、打率.200本1を記録した。
 1年時春の選手権初戦・帝京大戦で、先制中安&左安(ともに甘い変化球)。
 3年時春の選手権初戦・中京学院大戦で外130㌔直球を右中間に叩き込むソロを放っている。
 通算46試合、打率.308、49安打、8本塁打、30打点。

 175cm110kg、体重3桁を誇る強打の内野手。
 高校通算25本塁打、飛ばす力が魅力の右の強打者。1年春から4番で2発の実績を残した。
 一塁到達タイム4.7秒(高1夏の第4打席)。まずまずの動きで内野をこなす。
 高校時代はショートとして活躍。大学では一塁手(他にサード)としてレギュラーの座を掴んだ。
 日本人の父親とフィリピン人の母親を持つハーフ。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年06月14日(金)|2020年大学生野手 | 神奈川大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
2017年春期リーグにて2本塁打を記録。4番を務めてました。
| 匿名 | 2017年05月10日(Wed) 21:17 | URL #TuiDY9Zw [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生野手 | 神奈川大学 コメント(1) Page Top↑