叺田 本気(中京学院大)|ドラフト・レポート

叺田 本気(中京学院大)

ここでは、「叺田 本気(中京学院大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



182cm76kg 右右 MAX140km 捕手・外野手 菊川南陵高
強肩強打のプロ注目ライト兼キャッチャー。右打者で一塁到達4.2秒台。2年春から主に4番を務める。

  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 長打率 出塁率
   17春: 2 .500  2  1 0 0 0 0 0 0   .500  .500
   18春: 12 .279  43 12    0 6 8 3       .326
   18秋: 8 .231  26  6    0 2    0
   19春: 11 .324  37 12    1 8    3        
   通算: 33 .287 108 31    1 16            (不明分除く)
   (東海)19春:優秀選手賞 19春:ベストナイン(外野)

 【 全国大会 】
     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   19選: 1 .400  5  2 0 0 0 1 0 0 0  .400  .400(4番・RF)
   通算: 1 .400  5  2 0 0 0 1 0 0 0  .400  .400

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   19春(0完0封)    回数 被安 奪三 四死 自責 
   岐阜:岐阜聖徳    0.2  2  0  0  0 140㌔
              0.2  2  0  0  0 防0.00
          被安打率27.00 奪三振率0.00 四死球率0.00

  最新記事

 ■ 菊川南陵・叺田、プロ級強肩「誰でも刺す」(日刊スポーツ) 16/6/29

 菊川南陵の叺田本気(かますだ・もとき)主将は「プロ級」ともいわれる強肩が“売り”の捕手だ。元日本ハム投手の田中幸雄監督の指導のもと、夏舞台に向けてインサイドワークと強打にさらなる磨きをかけている。低く、鋭く、まさに矢のような送球が本塁から二塁へと伸びる。今春の西部地区大会で常葉学園菊川と対戦した際、叺田は50メートル走で5秒8をマークする県内屈指の俊足選手となる栗原健に2度盗塁を試みられ、1度目は成功を許した。だが続く2度目は、確実に刺した。「走者は誰でも同じ。刺す自信はあります」と力強い。田中監督が「プロ級」と認めるほどの強肩の持ち主。元プロの指揮官からの要求も厳しいが「配球や守備と打撃の切り替えなど、気持ちの部分もアドバイスを受けています」と、その教えを吸収中。同監督は「まだ枠(ストライクゾーン)の中だけで勝負している。インコースや低めを使いながら、逆算してリードをしていかないと」と、さらなる成長を期待している。自慢の肩とインサイドワークに加え、打撃も磨き続ける。ヤクルト山田哲人を履正社時代から注目。現在も山田のティー打撃を参考にする。「どんな球でも自分のスイングができるように取り組んでいます。1試合2本は安打を打てるようになってきた」と打力も向上してきた。主将、4番の重責も担う叺田は「自覚はあります。自分が簡単にやられるわけにいかない」と気合十分だ。

  【一塁駆け抜け】19春選:2回4秒18(二安)、4回4秒27(三ゴ)、6回4秒30(三失)、9回4秒23(三ゴ)

  プロフィール

 大阪府堺市生まれ。
 叺田 本気(かますだ・もとき)捕手兼外野手。
 小学校4年時に軟式野球を始め、福泉中では和泉ボーイズに所属。

 中学卒業後は山梨県の日本航空に進学。
 部内トラブルで1年夏の県大会前にチームを離れ、静岡県・菊川南陵高校への転校を選択する。
 翌2年秋に公式戦出場解禁を迎えるも、部内不祥事により出場辞退が決定。
 3年時春になって公式戦デビューを果たしたが、島田商に0-4で敗れ県1回戦で敗退となった。
 主将・4番・キャッチャーとして出場し、地区3試合で4長打(二2、三2)をマーク。
 準々決・常葉菊川戦(1対5)でプロ注目・栗原健の盗塁を阻止する好送球を披露している。
 3年夏の県大会は飛龍に8回コールド0対7(3打数無安打)で敗れ初戦敗退。
 相手投手の前に6回裏まで完全と打線が沈黙し、守備でも計14安打7失点と圧倒されて敗れた。
 県大会1回戦が最高成績。甲子園経験は無し。

 中京学院大では2年春にレギュラーの座を獲得。
 2年生ながら4番捕手の大黒柱として起用され、43打数で12安打、打率.279点6の実績を残す。
 同年秋のリーグ戦で捕手兼DHを担い、3年時春から4番・右翼手としてプレー。
 2年時秋の岐聖徳2回戦で初登板を果たし、0.2回1失点と打たれながらも140㌔を計測した。
 6季ぶりVをかざった3年時春の東海選手権で優秀選手&外野ベスト9を受賞。
 1戦目の皇学館大で勝ち越しのソロ本塁打、2戦目の東海大海洋戦で4の2を記録している。
 全国大会には3年春の第68回全日本大学選手権大会(1回戦敗退)に出場。
 1回戦・桐大戦に4番ライトとして臨み、2安打を放ったが、7-8でせり負け早々に敗退となった。
 8回表無死三塁から外変化球をバットの先に当ててライト前に落とすタイムリー。
 3回裏1死1塁からの右前打(プラス自身のファンブル)で打者走者の二塁補殺をマークしている。
 岐阜リーグ通算22試合、打率.268、19安打、0本塁打、8打点。

 182cm76kg、強肩俊足のプロ注目捕手兼外野手。
 菊川南陵・田中幸雄監督(元日本ハム)からプロ級と評された低く鋭い送球がセールスポイント。
 高校時代は主将・4番・捕手としてプレー。大学では2年春から4番・捕手を担う。
 プロからも注目される資質の持ち主。高校3年3月下旬の練試で通算1号左越え弾を記録した。
 右打者で一塁到達4.2秒台を計時する俊足を備える。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年06月21日(金)|2020年大学生野手 | 東海地区大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
隠し玉になるか
| フラワー | 2016年07月28日(Thu) 21:05 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生野手 | 東海地区大学 コメント(1) Page Top↑