石川 達也(法大)|ドラフト・レポート

石川 達也(法大)

ここでは、「石川 達也(法大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



石川 達也(法大)

178cm72kg 左右 MAX146km スライダー・スプリット・チェンジ・カーブ・ツーシーム 横浜高
最速146㌔のキレの良い直球とスライダーなどの変化球。気持ちの強さも魅力。両サイドに投げ分ける。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   17春:        登板無し
   17秋:        登板無し
   18春: 5 0勝0敗   8.2  5  7  1  1  1.04
   18秋: 9 3勝0敗  14.1  8  12  5  1  0.63
   通算: 14 3勝0敗   23  13  19  6  2  0.78
          被安打率5.09 奪三振率7.43 四死球率2.35

 【 全国大会 】
     試合  回数 被安 奪三 四死 自責
   18神: 1  0.1  0  1  1  0 142㌔ IPU
   通算: 1  0.1  0  1  1  0 防0.00
     被安打率0.00 奪三振率27.00 四死球率27.00

 ■ 甲子園成績

   16夏    回数 被安 奪三 四死 自責
   東北高    2.1  3  2  0  0 141㌔
   履正社 先  1.2  3  4  2  5 142㌔ ●
           4  6  6  2  5 防11.25
      被安打率13.50 奪三振率13.50 四死球率4.50

投手成績詳細

   18春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   立教大     1  0  2  0  0 146㌔ 平均143.3㌔
           3.1  3  2  0  1 145㌔
   慶応大    1.2  2  3  1  0 143㌔
          0.2  0  0  0  0 142㌔
   東京大     2  0  0  0  0 141㌔
          8.2  5  7  1  1 防1.04
       被安打率5.19 奪三振率7.27 四死球率1.04

 ■ 高校時代成績

   15夏予           回数 被安 奪三 四死 失点
   神奈川1回戦:光明相模     1  1  1  0  0
      2回戦:海老名高 先   2  0  2  0  0
      3回戦:三浦学苑 先   6  2  5  0  0
      準々決:横浜隼人 先  5.2  8  3  1  2
      準決勝:桐光学園 先  4.1  2  3  3  0 140㌔
      決 勝:東海相模 先   4  6  0  1  3 140㌔
                  23  19  14  5  5 防0.78
              被安打率7.43 奪三振率5.48 四死球率1.96

   16春            回数 被安 奪三 四死 失点
   神奈川4回戦:弥  栄 先   6  10  7  1  1
      準々決:東海相模    3.2  1  2  1  0
      準決勝:慶應義塾 先  8.1  8  13  3  1
   関 東2回戦:健大高崎 先   9  7  7  0  2
      決 勝:前橋育英 先   5  5  1  3  5
                  32  31  30  8  9 防2.25
              被安打率8.72 奪三振率8.44 四死球率2.25

   16夏予           回数 被安 奪三 四死 失点
   神奈川2回戦:向の岡工 先   3  1  6  0  0 
      3回戦:松  陽     1  0  2  1  0
      5回戦:向  上 先   4  3  4  3  0
      準々決:横浜隼人     2  0  2  0  0 139㌔
      準決勝:桐光学園 先   7  4  4  1  4 141㌔
      決 勝:慶應義塾    2.1  2  5  1  0 142㌔
                 19.1  10  23  6  4 防1.86
             被安打率4.66 奪三振率10.71 四死球率2.79

  最新記事

 ■ 石川は涙…中断が左肩痛に影響 試合後はプロ志望を表明(デイリースポーツ) 16/8/15

 先発したプロ注目左腕・石川達也投手は、2度の雷雨中断に泣いた履正社打線は1~4番まで左打者が並ぶこともあり、平田監督から先発を託された初回は3者連続空振り三振を奪う絶好の立ち上がり。だが、二回1死二塁の場面で43分間の中断。2死一、三塁としたものの、8番・山本に逆転3ランを浴びた。次打者に四球を与えると、今度は40分間の中断。すると、再開直後に「ストライクが入らなくなってしまった」と、死球を与えたところで降板を告げられた。4月に左肩痛を発症。この一戦には痛み止めの注射を打って臨んでいたが、キャッチボールもできない長時間の中断で「肩が冷えてしまって、痛くなってしまった」という。普段なら、肩が温まれば投球に問題はない。大一番でまさかの事態に見舞われてしまった。九回の攻撃では、ベンチで涙が止まらなかった石川は、試合後にプロ志望を表明。次の舞台で雪辱を期す。

   18秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   早 大    0.2  1  2  0  0 135㌔
          1.1  1  0  1  0 139㌔ ○
   明治大     1  1  0  0  0 142㌔
          2.1  1  0  0  0 143㌔ ○
           2  1  2  1  0 143㌔ ○
   慶応大    1.1  0  1  2  0
           2  1  4  1  1 141㌔
   立教大     3  1  2  0  0
          0.2  1  1  0  0 144㌔
          14.1  8  12  5  1 防0.63
       被安打率5.02 奪三振率7.53 四死球率3.14

 ■ 横浜3年ぶり16度目の甲子園!慶応を9―3で下す(スポーツ報知) 16/7/31

 横浜が3年ぶり16度目の甲子園出場を決めた。横浜は初回に増田珠(2年)が先制2ラン。5回にも増田の2ラン、石川達也の適時二塁打で3点を追加し、6回には遠藤駆の中前2点三塁打などで3点を挙げた。7回に慶応に3点を返されたが、8回に村田雄大の適時二塁打で突き放した。投げては今秋のドラフト上位候補右腕・藤平尚真が7回途中3失点で降板したが、2番手の背番号10の左腕・石川達也(3年)が後続を抑える好救援。左右の2枚看板で逃げ切った。

 ■ 横浜・石川18K「相模と当たるまで負けられない」(日刊スポーツ) 16/6/11

 横浜の左腕、石川達也投手が18奪三振1失点完投で調子の良さを見せた。初回を3者連続空振り三振に切って取り、その後も4者連続、3者連続と積み重ね、18三振を築いた。力強い直球に相手打線のバットは空を切り、変化球の制球もさえた。石川は「ストレートでも変化球でも三振が取れたのは良かったです」と振り返った。

過去記事

 ■ 横浜、文星芸大付など8強/高校野球関東大会(日刊スポーツ) 16/5/22

 横浜の先発は背番号1の左腕石川達也投手。プロ注目の藤平尚真投手は背番号10での登録。この日は5番右翼で出場した。横浜は高崎健康福祉大高崎に3-2で逆転勝ちし、8強入りした。横浜・石川は7安打2失点7奪三振で無四球と、粘りの完投だった。

 ■ 横浜2年ぶり決勝進出 エース石川が13奪三振快投(日刊スポーツ) 16/4/30

 横浜が14年以来、2年ぶりの決勝進出を決めた。背番号「1」石川達也投手(3年)が先発。9回途中まで13奪三振の好投を見せた。1失点した後、9回1死からドラフト上位候補の藤平尚真投手(3年)がリリーフし、空振り三振、遊ゴロに仕留めた。平田徹監督は「石川を完投させて夏に向けて自信をつけさせたかったのですが、最後はスタミナ面に課題を残しました。それでも、ストレートは走っていたと思いますし状態は上がっています。明日は優勝を狙って頑張りたいと思います」と言った。

 ■ 横浜 延長サヨナラ勝ちで決勝へ(デイリースポーツ) 15/7/27

 ノーシードの横浜が第1シードの桐光学園に延長十回サヨナラ勝ちし、決勝進出を果たした。 迎えた延長十回、1死二塁から5番・石川達也投手(2年)が右越えにサヨナラ適時二塁打を放った。

  プロフィール

 神奈川県横浜市出身。
 石川 達也(いしかわ・たつや)投手。
 下田小1年時から旭リトルで野球を始め、東山田中時代は中本牧シニアでプレー。
 南関東選抜チームで日台国際野球大会に参加した。

 横浜高校では1年秋からベンチ入り。
 翌2年夏の予選に背番号11の控えとして臨み、6戦(先5)23回で5失点、防0.78の実績を残す。
 右わき腹痛を押して主に先発を担い、準決・決勝で自己最速の140㌔を計測。
 準決勝・桐光戦で10回サヨナラ打を放つなど、打っても5番で22打数8安打の活躍を見せた。
 決勝戦・相模戦に連投で先発するも、4回6安打3失点KO、0-9の大敗でV逸。
 同年秋の県2回戦で5回2安打9K完封勝利、同3回戦で3安打8K完封勝利を収めている。
 翌3年春(エース、4月に肩痛)に32回30Kの力投で県大会V、関東準Vを達成。
 関東初戦で7三振2失点完投勝ちを収めたが、決勝戦で5回5失点KOを喫し優勝を逃した。
 強力打線を擁して同年夏の予選を制し、準決で141㌔、決勝で142㌔を計測。
 藤平との左右二枚看板(背番号10)として、6試合19.1回23K、防1.86の力投を演じている。
 続く甲子園全2試合、計4回に登板し、主に直球で6K(直球5、スラ1)を奪取。
 2回戦・履正社戦の先発を務めたが、2度の中断で肩を痛め、1.2回5失点KO、1対5で敗れた。
 同学年のチームメイトに藤平尚真公家響村田雄大ら。

 法大では2年春から救援でリーグ戦に出場。
 開幕戦・立大戦で2番手としてデビューを果たし、自己最速146㌔直球で1回0封の結果を残す。
 同年秋のリーグ戦13戦中9戦に登板し、優勝を遂げたチームの中で3勝を記録。
 2シーズンで救援14試合、計23イニングをこなし、通算3勝無敗、防御率0.78の実績を残した。
 全国大会には四番・中山翔太らを擁して2年秋の明治神宮野球大会に出場。
 初戦2回戦・IPU戦(2-4)に救援として起用され、打者2人、0.1イニングのみ大舞台を経験した。
 通算14試合、3勝0敗、23回、19奪三振、防御率0.78。

 178cm72kg、細身のプロ注目146㌔左腕。
 ワインドアップからタメを作って重心を下げ、インステップし、テイクバック深めに柔らかい腕の振りから
 角度を付けて投げ込む最速146㌔、常時130㌔台後半から140㌔強の真っすぐと、
 120㌔前後のスライダー、120㌔台で沈むSFF、110㌔台のチェンジアップ、100㌔台のカーブ。
 真っすぐが高めに入る場面も見られるが、まずまずの制球力で内外に投げ分ける。
 キレと制球が持ち味の好左腕。気持ちの強さも魅力。高2春、3年春の2大会でエースを務めた。
 牽制が巧み。フィールディングを機敏にこなす。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2018年12月28日(金)|2020年大学生投手 | 東京六大学 コメント(3) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
松井裕樹に近い素材
| フラワー | 2016年08月14日(Sun) 17:02 | URL #- [ 編集]
ストレートは切れがあって1級品。変化球のコントロールが甘いのが残念。まだまだ伸びしろ有りそうだし、大学いって活躍しそう。
| ガーソ | 2016年07月31日(Sun) 22:19 | URL #- [ 編集]
石川くんは右打ちです♡
| 石川達也LOVE | 2016年05月01日(Sun) 05:04 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生投手 | 東京六大学 コメント(3) Page Top↑