伊藤 壮汰(東海大)|ドラフト・レポート

伊藤 壮汰(東海大)

ここでは、「伊藤 壮汰(東海大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



伊藤 壮汰(東海大)

177cm77kg 右右 MAX143km スライダー・カーブ・スプリット・チェンジ 東海大菅生
最速143㌔直球と縦横スラ。高1秋から5番・三塁手でレギュラー。2年秋に4番・エースの座を掴んだ。

  動 画

  投手・打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   17春:         登板無し
   17秋:         登板無し
   18春:         登板無し
   18秋:         登板無し
   19春:         登板無し            
   通算:         登板無し

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15春: 1 .000  3  0 0 0 0 0 0 1 0  .250  .000
   通算: 1 .000  3  0 0 0 0 0 0 1 0  .250  .000

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   15秋        回数 被安 奪三 四死 自責
   1回戦:創 価 先  15  9  9  2  3 181球
   2回戦:日大二 先   9  8  5  5  3 146球
   3回戦:佼成学 先   8  7  6  4  2
              32  24  20  11  8 防2.25
          被安打率6.75 奪三振率5.63 四死球率3.09

   16夏予       回数 被安 奪三 四死 失点 
   3回戦:日大二 先   9  4  8  3  1
   5回戦:日 鶴 先   9  8  5  3  2
   準々決:国学久    2.1  1  1  0  0
   準決勝:日大三 先   9  5  10  1  2
   決 勝:八王子 先  11  9  10  7  5 139㌔
             40.1  27  34  14  10 防2.23
          被安打率6.02 奪三振率7.59 四死球率3.12

  最新記事

 ■ 東海大菅生の143キロ右腕 伊藤1失点完投(西日本スポーツ) 16/7/14

 プロ注目の最速143キロ右腕、東海大菅生の伊藤壮汰投手の好投で初戦を突破した。西武のスカウトが視察する前で4安打1失点完投。鋭いスライダーなどで8三振を奪い「自分の力は出せたかな」と満足げに話した。一昨年は日大鶴ケ丘に、昨年は清宮擁する早実に、いずれも決勝で敗れて準優勝。“三度目の正直”へ「先輩たちの思いも背負って戦っていきたい」と気合を入れた。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16夏予: 5 .353 17  6 3 0 0 2 3 2 0  .421  .529

 ■ 東海大菅生コールド8強 7回無安打継投(日刊スポーツ) 16/4/10

 東海大菅生が、小玉佳吾(2年)と伊藤壮汰(3年)の継投で修徳を無安打に抑えて7回コールド勝ちした。6回から救援した背番号20の伊藤は7回に味方の失策で走者を出したが、ヒットは許さなかった。伊藤は打っても2本塁打3打点と大活躍した。若林弘泰監督は「伊藤は計算できるし、小玉はボールに力がある。今年のチームもまとまればやれる手応えを感じてきている」と目を細めた。

 ■ 東海大菅生16強 早実破った昭和に快勝(日刊スポーツ) 16/4/9

 春季高校野球東京大会は8日、3回戦4試合が行われ、東海大菅生が昭和を6-0で破って16強入りを決めた。先発の伊藤壮汰は8回を5安打無失点。直球の最速は阪神スカウトのスピードガンで143キロを計測した。昨夏U-18日本代表で活躍した、1学年上のエース勝俣翔貴から譲り受けたグラブで好投。打っても2安打した右腕は「自分も投打で活躍できる選手になりたい」と目を輝かせた。
 昨秋は背番号1を付けた右腕は、11月末の練習中、左膝を負傷。2月中旬まで走り込みができなかった。その影響もあり、今大会は背番号20となったが、体幹トレーニングなどで体重は約5キロアップして79~80キロに。球威の増したボールで、大事な一戦でしっかり役割を果たした。(デイリースポーツ)

  プロフィール

 愛知県愛西市出身。
 伊藤 壮汰(いとう・そうた)投手。
 立田南部小時代から軟式野球を始め、立田中学校では愛知西シニアで投手。
 1学年上に駒大・上野翔太郎が在籍していた。

 東海大菅生では1年秋から三塁手でレギュラー。
 5番打者として打率.412本0点10の実績を残し、勝俣翔貴らを擁して神宮ベスト4入りを果たす。
 都決勝で大江竜聖から3安打2打点、神宮初戦で右中間適時2塁打をマーク。
 翌2年春選抜で4番・サードを務めたが、ノーヒット1四球と振わず、0対8で初戦敗退となった。
 続く夏の西大会(5番・三塁兼投手)で、20打数10安打、打率.500点4を記録。
 2年秋の新チームで4番・エースの座をつかみ、3試合32回で20K、防2.25の好成績を残した。
 谷井怜央と投げ合った1回戦で15回9K3失点完投(引き分け)の力投を披露。
 翌3年春の都大会3回戦で自己最速の143㌔(阪神スカウトのスピードガン)を計測している。
 同年夏の西東京大会は八王子に延長11回3対5完投負けで3年連続の準V。
 5試合(4完0封)40.1回に登板し、日大三を4対2で下すなど、27安打10失点の力投を見せた。
 1学年上のチームメイトとして勝俣翔貴(国際武道大)ら。

 177cm77kg、投打で活躍するスリークォーター右腕。
 ワインドアップから上体を前に傾けて重心を下げ、開き早めにコンパクトなテイクバックから繰り出す
 最速143㌔、常時130㌔台中盤から130㌔台後半の微妙に動くストレートと、
 鋭く曲がる120㌔台の縦横スライダー、左打者外角に逃げて小さく沈む120㌔台のスプリット。
 真っすぐにスライダーを交えて内外に投げ分ける。左打者の外角にスプリット。
 高2夏予選で初登板。2年秋から4番・エースの柱を務め、ケガ明けの3年春に143㌔を計時した。
 強い打球を弾き返す右打者。遠投95m、50m6秒8。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2017年01月23日(月)|2020年大学生投手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生投手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑